田中 貴子
古典がもっと好きになる

古典を身近に。

中高生向けの、岩波ジュニア新書の1冊。

でも、受験に即役立つ、という類の本ではないので、
受験生にはオススメできません。

なんてったって、
文法なんかわからずとも古文は楽しめるのだ!という本なのだから。

古典はおもしろいのに、
今の学校教育が子供たちを古典嫌いにさせているのだ、という著者は

岩波書店なのに大丈夫?というような発言もあったりして楽しめます。

そして、古典―国文学―日本文化を守ろうとする情熱が
とても伝わってきて、

古典にもっと親しもう、日本文化をもっと知ろう、という気にさせてくれます。


AD
橋本 治
これで古典がよくわかる

今書いてる、この日本語の成り立ち知ってますか?

高校時代の得意科目は、古文・漢文でした。
自分でいうのも何ですが、ホントによくできました(笑)

でも、人間、必要なくなると
どんどん知識は抜け落ちていきます。
今となっては、全然読めない・・・。

しかし!
最近、古文の知識を必要とする本に結構出会い、
読めないと不便だな、と気がつきました。

なので、これからは勉強ではなく、趣味で
古文にも触れていこうかなと思い、

手始めに読んだのがこの本です。

原文はほとんど載っていないし、
文法の説明もほとんどありません。

どちらかといえば、
古典に興味を持ってもらうための
文学史的な内容です。

私たちが今書いてる、この日本語
「漢字+ひらがな」
になるまでには、相当の年月と紆余曲折があったって知ってますか?

「ひらがな」ってちょっとバカにされてたの知ってます?

「漢字」は教養ある大人の男のもの。
「ひらがな」はマンガみたいなもので、女のものだった。

その頃の考え方からしたら、
今のこの日本語の文章は、ものすごく画期的なものなんです!

そして、
私は、日本史が本当にダメなんですが、
この本にちょろっと出てくる日本史の部分がものすごくおもしろかったです。

もう昼ドラみたいな展開で、
この本の作者が、日本史の先生だったら、
私の人生は変わっていただろうな、と思いました。

でも、なんてことはない
古典の世界の人間も、今の私たちとは何ら変わりはなくて

そこがおもしろかったり、安心できたりするから
古典って触れたくなるんだな、と改めて思いました。

AD