オスカー・ワイルド, 建石 修志, 曽野 綾子
幸福の王子

大人になって読んでみたら、違った・・・!

子供の頃に、たぶん誰でも一度は読んだり、
おはなしを聞いたことがあるのでは。

私も幼稚園生のときに読んでもらったのを覚えていたのですが

確か「ツバメが王子様の宝石でできた目を、貧しい人にあげる話」だったよなぁ・・・両目がなくなっちゃってかわいそうと思ったもんなぁ・・・くらいのものでした。

今回、改めて読んでみて、ビックリ。

私が子供の頃に読んだ『幸福な王子』と、

原文に忠実な新訳であるこの『幸福の王子』は違いました。

冒頭と結末に市会議員が出てくる(私が読んだものには出てきませんでした)のですが、
彼が結構、物語において重要人物だったり

結末も私が知っているものより続きがあったりしました。

そして、私が子供の頃に持った印象や感情よりも

より深く、より痛く、『幸福の王子』の物語は胸に響きました。

曽野 綾子さんのあとがきも素晴しく、

平和や愛を達成すること、そしてその対価について、深く考えさせられます。

そのあとがきの中にも書かれていますが、

原作者のオスカー・ワイルドは『幸福の王子』を
「子供の心を持った十八歳から八十歳の人たちのためだ」と語っています。

曽野さんはそれを、日本では「八歳から百八歳までの読者」としています。

今回読んでみて思ったのは、確かに『幸福の王子』は大人のためのものだということです。

ただ、大人になってから読むと、
感動して、自分もこうしよう! こういう気持ちでいよう! と思うのではなく

自分を省みて、「私には無理だな」と思ってしまいます・・・。
だから余計に、この物語を読むと胸が痛くなります。

ちなみに、装丁と挿画が、とても上品で高級感があります。
美術館の絵画のような崇高さもあって、物語に合っています。

丁寧に、大切に扱わねばと思う一冊です。
AD
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
影との戦い―ゲド戦記 1

ファンタジー文学の傑作・・・・・・納得。

これも、昨年の映画公開時に読んで、記事にしていたものです。

UPしていなかったので、今さらですが、UPしておきます・・・。



映画を見ずに読んでみました、ゲド戦記。

宮崎駿監督に多大な影響を及ぼした、というのが
とってもよくわかりました。

読んでみると、ここもあそこも、宮崎駿監督作品で見たぞ!という感じです。

あらすじは、題名そのものといった感じなのですが、

不思議な力を持っていた少年ゲドは、
魔法を学ぶために、魔法使いの学校に入ります。

彼は人よりもデキる、という高慢さから
禁じられた呪文を唱え、恐ろしい影を呼び出してしまいます。

それから影はゲドを付け狙いはじめます。
果たしてゲドは、影に勝つのか、負けるのか、それとも・・・・・・。

何度読んでもどうしても挫折してしまう『指輪物語』と比べると、
大変読みやすく、

だからといって、『指輪物語』よりも世界観が浅いか、といったら
そんなことはありません。

地図も詳細ですし、物語の根底にはしっかりとしたものがあるのが伺えます。

しかも、文章表現が端的なので、テンポ良く読み進められて
なおかつ少ない描写でも、読み手の想像力が ”ぶわっ” とふくらみます。

どうしたって人間、生きている限りは
自分の醜い部分や、闇の部分に出逢わざるを得ません。

それは、少年・少女時代かもしれないし、
大人になってからかもしれません。

そのときに、人はどうすべきなのか、
そんな誰もが経験する普遍的なテーマが描かれた作品で、

だからこそ、今までに多くの人の心を打ってきたのだなぁ・・・と思いました。


このあと、2巻3巻と続けて読んだのですが、
感想を書いておきませんでした・・・。
(でも、2巻も3巻も良かったです!!)

ちなみに4巻以降は未読です。
Amazon のレビューを見ていたら、読まなくてもいいかなぁ・・・と思ってしまったので・・・。
AD
ロアルド ダール, Roald Dahl, Quentin Blake, 灰島 かり, クェンティン ブレイク
へそまがり昔ばなし

子どもに読ませちゃダメッ(笑)

『チョコレート工場の秘密』で有名なロアルド・ダールが、
誰もが知ってる有名な昔ばなしを、パロディ化しているのは、

『まるごと一冊ロアルド・ダール』(当ブログ記事は→こちら )で
知っていたのですが、

こんな風に一冊にまとまっているなんて、
bunbun-story1000 さんのブログ で初めて知りました!

『シンデレラ』や『ジャックと豆の木』、『白雪姫』に
『三びきのくま』『赤ずきんちゃん』、そして『3びきのコブタ』の

へそまがりヴァージョンが収められているのですが、

訳者の方の腕の良さもあいまって、

まあ、リズミカルで、ブラックユーモアたっぷり!

一言でその感じを伝えるのならば、
マザーグースのようなおもしろさです。

シンデレラのお姉さんたちは、首チョンパされちゃうし(!)

白雪姫と七人のこびとは、競馬でボロ儲け。

赤ずきんちゃんにいたっては COOL&WILD な大人の女性で、
まあ、ヒドイです。ヒドイことします(笑)イメージボロボロです。

バスローブ姿の横に、雑誌『VOGUE』があったりするような
そんな赤ずきんちゃんなんです。

本当におもしろいのですが、
でも、でも・・・

よいこは読んじゃいけません!

あまりの衝撃に、泣き出してしまうかもしれません。

児童書ですが、児童書にしておくのはもったいない。
大人がこっそり楽しみましょう。
これは、大人の特権です(笑)
AD
A.A. ミルン, A.A. Milne, 石井 桃子
プー横丁にたった家

切なくて、寂しい、ご解消。

プーさんの原作のすごいところは、

最終巻でもある、この本の「まえがき」がいきなり「ご解消」になっていることです。

「まえがき」というのは、お話の前につけて、
登場人物をご紹介するものだけれど、

ここでは、クリストファー・ロビンやその仲間が
みなさんにさようなら言おうとしているのです。

つまり、「ご紹介」の反対。
それは、何か? と作者がたずねたら、

登場人物でもあるフクロウのフクロが
「ご解消」と言うのです。

いきなり、お話の冒頭から、お別れを匂わせてしまうことで、

ひとつひとつお話が終わるたびに、
近づいてくるお別れの気配を感じます。

でも、最後のお話までは、相変わらず登場人物たちはおバカで
かわいらしくて、温かくて、くすっと笑えます。

それに、ちょっと迷惑な、はねっかえりのトラーという
トラの子も加わって、
お話はさらににぎやかさを増します。

けれど、突然、最後のお話でお別れがやって来ます。

男の子だったクリストファー・ロビンも、
少年へと成長する時がやってくるのです。

最後のプーとのセリフのやりとりは、
本当に切なくて、泣きそうになります。

だけど、お話はいつだって、ここにあります。
ページを開けば、またプーさんや、クリストファー・ロビンに会えるのです。

その安心感と幸福感も感じられて、

私は、ミルンとシェパードの書いた『クマのプーさん』に出逢えて
本当によかったと、心から思いました。
A.A.ミルン, 石井 桃子, A.A. Milne
クマのプーさん

愛に溢れて、おかしくって、素敵な世界。

『絵本クマのプーさん』 (当ブログ記事は→こちら )が
あまりにもおもしろかったので、

ちゃんと読もう! と思って、原作を手にしました。

作者・ミルンが、その息子・クリストファー・ロビンに
クマのプーさんのお話を作って
聞かせてあげるところから、

物語ははじまります。

全部で10編のお話が入っているのですが、

どれも、知ったかぶりをしちゃった末の珍事だったり、
おマヌケなお話だったりと、

まるでコントを読んでみるみたいなおもしろさです。

しかも、クマのプーさんやコブタなどの
かわいらしいキャラクターたちがそれらを演じるのだから

かわいらしさも満点です。

書き間違いや、同音異義語など、
ちょっと日本語としては高度なところに
笑いのツボがあるので、

児童書とは言いながら、子供には
難しいかもしれません。

ただ、大人が読むには
本当におもしろいです!

クリストファー・ロビンも言うように、プーさんは

「ばっかなクマのやつ!」 

なんですが 、そのセリフには実は、とっても愛情がこもっていて、
それはみんなが暮らす、このお話のなかにも
流れています。

そして、父親であるミルンの、息子に対する愛情も
伝わってきます。

(お父さんが、息子を主人公に
こんな素敵なお話を聞かせてくれたら、なんて幸せなんでしょう!!)

そして、楽しいだけじゃなくって
最後のお話の、最後のプーとコブタのセリフには

なんだかとっても感動してしまいます。

物語って、本当にいいなぁ
と心の底から思える1冊です。
中川 李枝子, 大村 百合子, 子どもの本研究会
いやいやえん―童話

境がない世界。

『いやいやえん』 は、題名は聞いたことがあったけれど
読んだことのない本の1冊でした。

が、新歌さんのブログ でご紹介されている記事を読んで、
とっても読みたくなってしまったので、読みました!

ちゅーりっぷほいくえんに通う、しげるくんを中心とした
短いお話が7つ、入っています。

ものすごく簡単にあらすじを書きますと・・・

『ちゅーりっぷほいくえん』→まずは、どんな保育園かという説明です。

『くじらとり』→つみきで作った船に乗って、くじらを獲りに行きます。

『ちこちゃん』→ちこちゃんの真似をしたしげるくんに、不可思議な出来事が!

『やまのこぐちゃん』→くまのこぐちゃんが入園してきます。

『おおかみ』→おおかみは、しげるくんを食べようとしますが・・・。

『山のぼり』→五色の山に登ったしげるくんが、入っちゃいけない黒い山に入ってしまって・・・。

『いやいやえん』→ある朝、ぐずったしげるくんが連れて行かれた所は・・・。

と、こんな感じです。

子供向けのものにはよくありますが、どのお話も日常と非日常の境がありません。

だけど、このお話の雰囲気は、他の子供向けのそれとは違うんです。

ものすごく軽やかに、ごくごく当たり前に、
いつのまにか、不思議なお話の世界に入っていくんです。

これから、ちょっと日常ではありえない不思議なお話をしますよ、
という感じが、一切出すことなく書かれていて、

日常と非日常のバランスがまた絶妙で、
見事な手腕なのです。

だから、返って子供たちは、
「しげるくんのように言うことを聞かなかったら、
本当にこんなことになっちゃうんだ!」と、
リアルに感じることが出来るんではないでしょうか。

ちなみに、『いやいやえん』 を、
私ははじめ『いやいや、えん』という子供の泣き声かと思っていましたが、

正解は『いやいや園』だったので、ちょっとビックリしました。
しりあがり 寿, 祖父江 慎
オヤジ国憲法でいこう!

笑い読み・・・そしてちょっぴり感動。

まったく新しいYA(ヤングアダルト)新書「よりみちパン!セ」シリーズのうちの1冊です。

悩めるヤングに、オヤジが発布した、5条15項の
「オヤジ国憲法」が載っています。

その主なる内容は・・・

第1条 個性ハ必要ナシ
第2条 友達ハ大切ナモノニアラズ
第3条 恋愛ハロクナモノデナシ
第4条 真理ヤ理想ハ幻想ナリ
第5条 ヤングノ敵は隣室ニアリ

なかなか過激ですが、実は的を射ていたりもします。

あまりにも的を射すぎていて、
中学生くらいの子にとっちゃあ、夢も希望も壊れるよなぁ・・・
と感じるところも多々ありました。

それで思い出したのは、

私が幼き頃、戦隊ヒーローものの合体シーンをTVで真剣に見ていたら、
年の離れた、いとこが一言、

「知ってる? あれって、オモチャなんだよ」

確かにそれは真実です。
でも、それはいずれ分かることだし、今、言わなくても・・・

という感じに似た本です。(我ながら、変な感想・・・)

でも、大人が読むには十分楽しめます。
私は途中、何度か声を出して笑ってしまいました。

中学生くらいの子であっても
ものすごく悩んでいて、思い詰めている子にはイイ本だと思います。

そっか、こんなもんなのかぁ・・・って
少しは気持ちが楽になるんじゃないかと。

でも、なんだかんだちょっと過激なことも言っておきながら
最後の最後、「オヤジ国憲法補則」には
感動しちゃいました。
佐々木 マキ
なぞなぞライオン

かしこくて機転の利いた女の子。

hadzuki さんのブログ でご紹介されていた
佐々木マキさんの絵本がおもしろそうだったので、

いくつか佐々木マキさんの本を図書館から借りてきて
読んでみました。
これはそのうちの1冊。

絵本ではなく、児童書です。

「なぞなぞライオン」「ヘビははやくち」「しりとりなサイ」
3つのおはなしが収められているのですが、

どれも主人公は、かしこくてちょっぴり生意気な女の子です。

その女の子が、キノコ狩りに行ったり、川で洗濯をしてたり
山に栗拾いに行ったりすると、

なぜか、ライオンやヘビやサイにでくわします。

しかも、彼らは女の子を食べようとしたりするのですが、
女の子は機転を利かせて

なぞなぞや早口言葉、しりとりで勝負をします。

その、なぞなぞや早口が「そんなのあり?」っていうような
反則スレスレだったり、メチャクチャだったりで、
おもしろいです。

小学生はこういうの好きだろうなぁ、という感じ。

なかの挿絵もやわらかな線で、
ピンク、黄色、紫、とかわいらしく、

おはなしの間には、6コマ漫画もあったりします。

こんなにかしこい女の子だったら、
赤ずきんもオオカミに食べられずに済んだのになぁ・・・と
思いながら読みました。

ちなみに、読むときは早口のお話が大変です。
読むの面倒臭くなります(笑)
ジェフ ブラウン, Jeff Brown, Tomi Ungerer, さくま ゆみこ, トミー ウンゲラー
ぺちゃんこスタンレー

ぺちゃんこになって大活躍!

大掃除やらなんやらと、年末は忙しいけれど
頑張って更新するぞ! と、いうわけで・・・


これは絵本ではなくて、薄めの児童書です。
トミー・ウンゲラーが絵を担当していたので、読みました!

朝起きたら、掲示板の下敷きになってぺちゃんこになっていた
主人公・スタンレー。

そのサイズはなんと!
身長122センチ、横幅30センチ、厚さ1.3センチ!

だけど、ぺちゃんこになったら、
便利なことがたくさん!

例えば・・・
鍵のかかった部屋でも、ドアの下のすき間をくぐりぬけて自由に出入りができます!

それに、
お母さんが指輪を排水溝に落しちゃっても大丈夫!
ひもをつけてもらって、排水溝のすき間に入れば指輪を拾ってこれるんです!

それにそれに、
遠くのお友達のうちに遊びに行くのも、安い値段で行けます!
大きめの封筒に入れてもらって、ポストに出せばいいんです!

と、ぺちゃんこになったスタンレーだからこそ出来る
楽しいことやビックリすることが
次から次に語られます。

さてさて、
しだいに、ぺちゃんこでいることが嫌になってしまうスタンレー。
果たして、元に戻ることが出来るのでしょうか・・・。

お話の内容も、奇想天外で
トミー・ウンゲラーが書いてないのに、ウンゲラーっぽくって楽しめました。

もちろん、相変わらずウンゲラーの絵はかわいくて
ユーモアがあって、私は大好きでした。

もし、ぺちゃんこになったら、世界がどんな風に感じられるのか、
という想像を膨らませてもくれます。


アストリッド・リンドグレーン, 大塚 勇三
長くつ下のピッピ

ハチャメチャな女の子。

有名なお話なのに、今まで1度も読んだことがありませんでした。

でも、主人公の女の子ピッピ力持ちだということだけは
風の便りに聞いていました。

その結果、何を思ったのか、私・・・

ピッピ1

『長靴下のピッピ』(↑こんな感じ)だと思っていました!

これは大間違いです・・・。
ピッピは小人ではなく、普通サイズの女の子で、
片一方が茶色で、片一方が黒の
長い靴下を履いているから、『長くつ下のピッピ』なのです。

ピッピの設定がまたスゴイ。

お母さんはピッピが赤ちゃんのときに亡くなってしまい、
船長だったお父さんは、嵐のとき海のなかに吹き飛ばされて
消えてしまいました。
(でも、ピッピはどこかの島で王様になっていると信じています)

だから、ひとりで住んでいて、
親に「早く寝なさい」なんて注意されることもなければ、
学校にだって行っていません。

しかも驚くほどの力持ちなので、

ピッピ2

いじめっこを放り投げたり、牛を持ち上げたり、

ピッピ3

毒キノコ(ベニテングタケ)を食べてもへっちゃら。

学校に行っても、コーヒーの会にお呼ばれしても、
どこに行っても何があっても
もうハチャメチャ

常識なんて言葉はピッピには通用しません。

子どもにとっては、
ピッピはおもしろくて、うらやましいことばかりだから

この本は子どものうちに読んでおくべきだった・・・。

大人になってから読むと、
ピッピが学校でハチャメチャをやると、
「こ、これは学級崩壊だ・・・」なんて
思ってしまうので、いけません。

ちなみに、ラストのピッピが寂しげで印象的。
やっぱり家族は必要だと、しみじみ思わされました。