4月の挫折本。

テーマ:
更新もままならないまま、4月も終わりを迎えようとしています。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

私はと言えば、本もゆるゆると読んではいるものの、
正直、一冊一冊感想を書く気が起きなくて・・・こちらの方はずるずると今にいたっております。

まとめて読了本だけ記事にしようかな、とか、今いろいろ考えている最中です。

というわけで。

毎月末、恒例の挫折本です。

今月は、後半あたりから本を読む気もしなくなって、挫折本が2冊出ました。

まず一冊目ぇ~。

ドロシー ギルマン, Dorothy Gilman, 柳沢 由実子
一人で生きる勇気

平凡な生活を送っていた63歳の女性が、スパイに志願する『おばちゃまシリーズ』の作者の自伝的エッセイ。

本当は『おばちゃまシリーズ』第一巻を読みたかったのだけれど、図書館になかったので。

最後まで読めば、たぶん感動するであろう書。
だけど、読む気がしなくて、半分も読まずに挫折・・・。


そして、2冊目。

梅田 卓夫, 清水 良典, 服部 左右一, 松川 由博
高校生のための文章読本

本当にいろんな方たちの文章がまとまっている一冊。

お名前は存じ上げているものの、敷居が高そうで今まで触れたことのない作家の方たちの文章の一部を読むことができるので、勉強になるし、お得です。

だけど、ちょっぴり教科書っぽい匂いがする・・・。

掲載された文章も、ちょっぴり暗かったり硬かったりが多めで、

やっぱり教師が生徒に読ませたい文章、という感じです。

しかも、あまりグッとくる文章に出逢えなかった・・・。

って、私がはじめの十数ページしか読んでないからかも・・・。


と、今月はこんな感じでした。

AD