みづゑ編集部
ディック・ブルーナさんの絵本のつくりかた―ミッフィーはどうやって生まれたの?

はぁ~ドキドキ

ディック・ブルーナさんが、ミッフィーの絵本をどうやって作っているのか、
その制作過程と、

ブルーナさんが今までどんな仕事をしてきたのか、
ブルーナさんが生まれた街、オランダ・ユトレヒトの街案内などなど、

写真やインタビューで詰まった一冊。

特に目を引いたのが、

ミッフィーの50回目のお誕生日を記念して、
日本のクリエイターたちがミッフィーをテーマにした作品づくりに挑戦したページ。

切っても切ってもミッフィーが出てくる金太郎飴ッ!(夢のよう!!)に

ミッフィーの顔の形のクッキーがいっぱいついた
三段のバースデイ・ケーキッ!(すんごいキュート!!)

しかも、一段目が黄色で、二段目が青、三段目が赤と
ブルーナカラーになってます。

欲し~~ッ! と思ったけれど、これらは非売品。
でも、あまりにかわいくって、何度も何度もページを眺めてしまいました。

そして、この本では、ブルーナさんの制作過程も見所。

ミッフィーの黒い輪郭線、よーく見てみてください。

かすかにふるえているでしょう?

これは一気に線を描くんじゃなくって、点をひとつひとつ重ねるように線を描いているから。

1シーンを描くために、100枚以上スケッチしたり、
にんじんひとつにしたって、葉っぱは何枚がもっともらしく見えるか、どの大きさがいいのか・・・

シンプルを追求するブルーナさんは、
芸術家でもあり、職人でもあると思いました。

そして、その人柄も素敵。
笑顔なんて本当に優しくて、温かです。

ページをめくるだけで、温かで安心できて、
ミッフィーも、ブルーナさんも、そしてオランダの街も大好きになる一冊です。
AD