アガサ・クリスティ, 高見沢 潤子
ミス・マープルと13の謎

なんでもわかるおばあさん。

2006年1月の挫折本を、読了しました!

といっても、挫折したのは『火曜クラブ』 という本で、児童書。

でも、中身は一緒です。(児童書の方が、収録作品が少ないのですが)



ミス・マープルは、セント・メリー・ミードという村に住んでいるおばあさんです。

平穏無事に生活してきて、

世の中のことなんて知らないだろうと思われているおばあさん。

その、ミス・マープルのうちに
甥の作家や女流画家、元ロンドン警視庁の総監や教区の牧師、弁護士が集まったとき、

自分だけが結末を知っている怪事件の話をして、みんなで推理をしようということになり・・・

中毒死に、不気味な祠で起こった凶器のない殺人、溺死・・・

次から次に話される難事件に、誰もが答えを出せずにいるなか、

ズバリと真相を言い当てたのは、なんとミス・マープルだった!


短編集ですが、ひとつひとつの物語がしっかりしていて、読みごたえがあります。

結末の会話も洒落ていて良いし、

ミス・マープルが必ず、
かつて村であった同じような例を引き合いに出してくるというお決まりもあって、

”推理小説を楽しむ”にはうってつけです。
AD