クーパー エデンズ, Cooper Edens, 角田 光代
もしも暗闇がこわかったら夜空に星をくわえましょう

なんだか、いい。

この絵本、アメリカでは多くの賞を受賞し、

100万部以上売れて、ベストセラーになったそうです。


※訂正:この絵本ではなくて、もう一冊の方『もしも空が落ちてきたら朝食に雲をいただきましょう』 の方でした。
(『もしも空が~』の記事は→こちら

「ふ~ん、こんな本が・・・なんでだろう?」

と、思って読み始めましたが・・・。


真四角のこの本は、開いてみると、

左のページが、2行ほどの短い文章。

右のページが、絵になっています。


私が好きなのは、たとえばこんなページ。

”あなたの世界がほろほろほどけてしまったならば
しっかりと水平線に結びつけましょう”


右のページは、水平線のところに安全ピンがとまった絵になっています。

他にはこんなのも好き。

”おっきなおっきなタコが あなたを乗せて逃げるというなら
いっそのこと 思いきり運命に流されてみましょう”

”迷子になってしまったのなら
あなたがいるところはどこでも あなたの家だと思いましょう”


他にも素敵なページがいっぱいあります。

クスッと笑えたり、ジンとしたりして、読みすすめていくうちに、

いつのまにかページが終わって、

気がつくと、そこには、なんだかちょっと泣きたいような、感動している自分がいます。

100万部のベストセラーになったワケにも納得。

なんてことはない本のようだけど、不思議な魅力に溢れた、いい本です。

AD