近況報告

テーマ:

みなさま、お久しぶりです(^^;

ブログをサボっている理由は、ズバリ2つ。


①忙しくて、時間がない。←デキない人間の言い訳でヤダ・・・。


②新しい記事を書く時、前回、何があったか書いていないと、話の流れが伝えられない。

特に私の場合、描写が下手な分、細々と書かないと気が済まない。

でも、そんな時間はなく、それがイヤで更新できなかった。


今日は、恒例「試験前の現実逃避」で書きたいと思います。

ニュースもあることだし(笑)


2月22日に告白?して、Kevinと付き合うことになりました。


話の流れで・・・

しかも、メッセンジャーで・・・


これまでの私たちの経緯を知っている仲の良い友達3人に、19(日) にKevinと食事しに行った時の話しをしたところ・・・。


Bonnie

Kevinは絶対、Yukoが彼を好きなことを知ってるはず。忙しいっていうのは、Yukoを遠まわしに避ける言い訳だと思わない?だって、もし、Yukoのことを気に入ってたら、そんな理性的?に自分の状況を説明するとは考えられないし。ゴメン、傷つけたいわけじゃなくて、大事な友達だからこそ、正直に思ったことを言ってるんだよ。


Violet

彼の気持ちはわからないけど、うまくいったとしても、結局、会う時間がないってことでしょ?そんなの、寂しいよ。Kevinはやめて、他の人を探した方が良いんじゃない?


Jocelyn
ゆーこがKevinを好きなのは、アメリカで一人なのが寂しいからだと思う。(ギッと睨みつけると・・・、)いやっ、半分は本当にKevinが素敵な人で、半分はやっぱ、彼氏を作ることにこだわっているからだと思う(笑)どちらにしても、悲しい思いをするなら、気持ちを伝えてスッキリした方が良くない?最近のYukoはYukoじゃないし。私は、いつもの元気でハッピーなYukoでいてほしいの!


Bonnieはいつも冷静で、彼女の言うことはたいがい正しい。でも、今までKevinといた時の自分の感覚も信じたい。


Violetの意見は、もっともだ。でも、私は、結構会えなくても大丈夫な人。←だから、基本的に一人で平気。←それが大問題。


Jocelynの「Yukoは友達に話すことをいつもコントロールしている。自分で決めることは、あんまり言わない。今回、みんなに話したのは、現状を変えたかったからじゃない?」という私をよく理解していた言葉がひっかかった。


それで、「次にそういう話題になったら、Kevinに正直な気持ちを伝えよう。」と心に決めたものの、face to faceで話す機会なんて、一体いつになるんやろ?」と思っていた。


が、その時はすぐに訪れた・・・。


Kevinと出かけてから3日後のこと。

1日に2回も、私がオンラインになったと同時に話しかけてくるなんて!?

Bonnieの言ってる通りだとしたら、このKevinの行動は意味不明。


話題は私が落ち込んでる理由について。


日曜日の段階で望みがないと思った私は、メッセンジャーに"Don't talk to me. Leave me alone."とメッセージを表示していた。


Kevin:どうして、みんなに話しかけてほしくないの?

ゆーこ:いい度胸してるね。私が、一人にしてほしいの知ってて、話しかけてくるなんて(笑)

Kevin:OK。黙るよ・・・。


ゆーこ:ねえ、この前(「好きな人がいる。」って)話した人、誰のことか知ってる?

Kevin:オレの知ってる人???

ゆーこ:(マジ!?と思いつつも、ホッと一安心。)気にしないで!!!

ゆーこ:あっ、でも、やっぱ、ちょっと聞いてほしいことが・・・。(今、言わなくて、いつ言うよ!?)

Kevin:nani? nani?

ゆーこ:チャンスをちょーだい!

ゆーこ:忙しいのはわかってる。

ゆーこ:でも、Kevinが時間ある時に、一緒に出かけたいの。

Kevin:えっ、本当に?

Kevin:オレって、つまらないヤツだと思ってたのに。

Kevin:そのことについて、この前、出かけた時に聞いたでしょ?

ゆーこ:???←私に対して聞かれていたなんて、思ってもみなかった。

Kevin:なんでもない×2。

Kevin:わかった。時間ができたら、一緒にどっか行こう。^___^

ゆーこ:本当???でも、私が意味してること、わかってる?

Kevin:?

ゆーこ:私を女の子として付き合ってくれる?

Kevin:Yukoって、女の子じゃなかったの?o_o

ゆーこ:おいっ!(笑)

Kevin:デートみたいにってこと?

ゆーこ:今すぐはそうじゃなくても、そのうち、そんな風になるといいな・・・。

ゆーこ:(前に「Yukoはとってもniceだし。」と言われていたので、)私は、誰に対してもナイスってわけじゃないよ。Kevinだから、ナイスでいられるよう頑張ってたの。

Kevin:わかった。Yukoを女の子として付き合うよ。

Kevin:もっと好きになるかも知れないし、でも、そうじゃないかも知れない。

Kevin:本当にオレのことでYukoに傷ついてほしくないんだよ。

ゆーこ:ちょっと待って。混乱してる。

ゆーこ:チャンスをくれるの?

Kevin:うん。Yukoと付き合う。

Kevin:でも、本当にどこかに出かける時間が取れるかわからないよ・・・。

ゆーこ:私、待てる。

ゆーこ:今回、会うのに、4ヶ月も待ったもん。

Kevin:gomen(^^;;

ゆーこ:違う違う!プレッシャーに思わないでね。

ゆーこ:学校に専念して。

ゆーこ:私も、学校と仕事で忙しいし。

ゆーこ:もっと会って、もっとKevinのことを知れたら、嬉しい♪

ゆーこ:話を聞いてくれて、本当にありがと。

Kevin:^__________^


"Maybe I'll you like you more, but maybe not."と言われたので、あまり期待しちゃダメっo(>_<)o


ゆーこ母に報告したら、「一歩前進やね。いや、半歩か。」と素直なコメントをもらいました_| ̄|〇

でも、前の彼女のことを引きずっていると思われたKevinが新しいrelationshipに向かい合おうという気持ちになってくれたことは、大きな半歩。


日本からずっと見守ってくれていたナオに経緯を話したところ、「良かったなぁ・・・つうか涙でてきたし(笑)←アホ」と一人ツッコミ付メッセージ。

ナオも色々大変なのに、私にかまってくれて、自分のことのように喜んでくれて、ホンマありがとね。

「Kevinって誰?」という人のために、おさらい(笑)


Kevinは、台湾系アメリカ人。

私より1年5ヶ月ほど年下。

ひとりっ子。

多分、A型っぽい性格。

納豆が苦手(笑)


Kevin

私の顔、デカ過ぎ・・・_| ̄|〇


Kevinは、この夏に大学院を卒業する予定。

1年で修士を取得する集中コースでもともと大変なのに、さらに卒業後の進路について悩んでいて、本当に今は、物理的にも精神的にも私にかまってるヒマなんてないと思う。


次に会えるのは、3月末のSpring Breakと踏んでいるけど、下手したら、春学期の終わる4月末。


というわけで、毎日メッセンジャーで話すだけという、以前と全くかわらない二人。

むしろ、プレッシャーをかけまいと、こちらから話すのはかなり控え気味。


「台湾人なのに、何でKevinなんだ?」と、こっそりゆーこ母に聞いていたらしいゆーこ父の(ムダな)心配の種を増やしそうで申し訳ないけど、心配してるようなことが起こるとしても、それはまだ×100先の話(笑)


Officialに「Kevinの彼女」と言われる日が来るのを楽しみにしながら、サボりにサボってた女磨きを頑張りたいと思います。


長々と恋愛話を書いてしまいましたが、勉強も仕事も頑張ってるよ

今学期、学校は落ちこぼれ気味・・・。

仕事はかなりキツイけど、めっちゃ楽しい。

具体的な夢も見えてきたし。

それの話は、また今度・・・。

AD

コメント(5)