2005-06-08

第10話 ジョーの恋人は詩人

テーマ:第10話
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-08

post ◇ 6月号 p.36

テーマ:第10話
RACHEL : Have you got any post for us?
MAILBOY : No. But I do have mail.

ここ、なにげに笑えますよね。
アメリカ英語では post は「柱」ですから。
「僕たち向けの柱、ある?」「ないよ」

なお、日本語の「郵便ポスト」は
mailbox(アメリカ)、postbox(イギリス)
です。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-08

doing Rachel impressions ◇ 6月号 p.38

テーマ:第10話
テキスト3行めのト書き部分に、興味深い表現が使われていますね。

「ものまねをする」は
 1) do 人名 impressions
 2) do an impression of 人
のように言うことが多いみたいです。この表現、半数ぐらいの和英辞典が書き落としています。

1) の形の場合、人名に 's を付けたくなりますが、いりません。
だから do Rachel impressions でオーケー。
この形以外のときも、たとえば Bush's impressions だと「ブッシュの印象」という普通の意味になり、Bush impressions だと「ブッシュの物まね」になるようです。要注意。

e.g.) Jean does a great impression of Madonna.
e.g.) He does one of the best George W. Bush impressions anywhere.
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-08

overkill ◇ 6月号 p.38

テーマ:第10話
この語は名詞として使うのが普通。不可算名詞です。

e.g.) This is overkill!
e.g.) Should I add an explanation, or would that be overkill?
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-08

rhyme ◇ 6月号 p.38

テーマ:第10話
「韻を踏む」ということの意味がピンと来ない人へのミニ解説↓

「韻を踏む」とは、「同じ発音や似た発音のことばを使って、リズムをよくする」ことです。
英語の詩や歌詞は、行の最後の単語が「脚韻を踏む(=同じ発音で終わる)」ようにつくられています。

たとえば “S Club Party” の出だしの歌詞を例に取ると

Finally Friday night
Feelin' kinda good, lookin' alright
Gotta get movin', can't be late
Gotta get groovin', just can't wait

night と alright、late と wait が、それぞれ同じ発音で終わっていますよね?

先月末の「英語でしゃべらナイト」でも、韻の踏みかたが話題になっていました。
そのときのパックンの説明によると、「最近の歌詞は、行のしっぽだけでなく、1行の途中でも韻を踏むなど、複雑な韻の踏みかたををする。それが今のトレンド」だそうです。
脚韻のほかに、「頭韻(=同じ発音で始まる)」も駆使されます。

たしかに、上記の“S Club Party” をあらためて見ると

Finally と Friday[頭韻]
Finally と Friday と night[全部「アイ」の音にアクセント]
Finally と Feelin'[頭韻]
good と lookin'[どちらも「ウ」の音にアクセント]
Gotta get が2回くりかえし
gotta と get と groovin'[頭韻]
movin' と groovin'[脚韻]
can't が2回くりかえし

と、頭韻でも脚韻でも何でもいいから、とにかくできるかぎり多く韻を踏もうとしていることがわかります。
たった4行でこれだけあるとは!
歌詞の続きは、5月号テキストのカラーページで確認してください。
その次のページの “Tie a Yellow Ribbon Round the Ole Oak Tree” と見比べると、韻の量の違いが歴然です。“Tie a Yellow Ribbon ~” のほうなんて、Ole と Oak、time と mine、tree と me ぐらいしかない……。

・「英語でしゃべらナイト」のホームページには、シェイクスピアやことわざがどんなふうに韻を踏んでいるか説明してあります。読みたいかたはこちら
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-08

It's the thought that counts. ◇ 6月号 p.40/p.47

テーマ:第10話
これは相当よく使われる決まり文句らしいので、ぜひ覚えたいところ。

番組でも説明があったとおり、この count は「重要だ」の意味です。
動詞 matter にも同じく「重要だ」の意味がありますが、こちらはたいてい疑問文・否定文で使われます。

e.g.) It doesn't matter.

肯定文で matter を使うときは、all、only、what などを伴うことが多く、パターンがかなり限られる模様。

e.g.) All that matters is that you're safe.
e.g.) Money was the only thing that mattered to him.
e.g.) I don't care what it looks like --- what matters is that it works.

というわけで、今回出てきた決まり文句を
It's the thought that matters.
にしても間違いではありませんが、あまり普通ではないみたいです。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-08

Vocab Kid ◇ 6月号 p.44

テーマ:第10話
vocab は vocabulary の略。

第6話の給料不払い事件の際、Jon が

According to the state federal employment regulations, it's an offence to refuse to pay employees on time.

と突っかかっていました(5月号 p.36)。
このへんの印象から「もの知り兄ちゃん」と呼んだのかもしれません。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-08

Long Haired Kid ◇ 6月号 p.44

テーマ:第10話
Long Hair Kid ではなく Long Haired Kid じゃないと英語としてはダメダメだというところがポイントです。

名詞に -ed が付いて形容詞になる話は、以前、第8話 talented の項(←クリック)にも書きました。

で、これに関連して、自由の女神になりたくて。(by こりんごさん)のブログに、とてもためになるエピソードが出ていました!

渋谷などに「ビアード・パパ」という有名なシュークリーム屋さんのチェーン店があり、つい少し前、ニューヨークにも進出したのをご存じですか? テレビなどでも「日本の味がNYへ!」と誇らしげに紹介されていました。
ところがこれ、日本人にとって誇らしいどころか、ある意味、いい恥さらしだったのです。
なぜでしょう?……そうです、Long Hair Kid ではダメなのと同じ理由です。

くわしくは、自由の女神になりたくて。のブログでどうぞ。

あーあ。外人のヘンテコな漢字の刺青を笑ってる場合じゃありませんね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-08

put through ◇ 6月号 p.48

テーマ:第10話
ビジネス電話英語の基本中の基本表現ですよね!

電話で本人に取り次ぐときの言いかたは↓
Just a moment, please. I'll put you through to Mr. XXX.
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-06-08

swanky ◇ 6月号 p.52

テーマ:第10話
意味:しゃれた

ほとんどの英和辞典が「もったいぶった」という訳語を最初に挙げていますが、そこまで悪いイメージの単語ではないようです。英英辞典には very fashionable and expensive と説明してあります。
「んもう、ぜいたくしちゃってー!」ぐらいの感じかな。
ホテルやレストランについてよく使われます。

e.g.) a swanky hotel

検索したら、札幌すすきのに「スワンキーホテル・オートモ」というのがあるそうです。ひそかに気のきいたネーミングですね。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。