2005-05-18

第7話 ポジティブ・シンキングで車は動く

テーマ:第7話
Jo がなぜか車のメカに詳しいと判明する回。

元ヘビメタバンドの若者が登場し、また新たな種類の聞き取りにくい英語をしゃべってくれました。これもどこかの訛りなのかな?
ran out of の of なんて、超スロー再生で見ても発音してない(する気がゼロ)としか思えないし、instruments の発音にも癖がありますよね。

----- 今週の目次 -----

wheels ◇ 5月号 p.54
come back in another life ◇ 5月号 p.54
Get down! ◇ 5月号 p.54
No, they're not. ◇ 5月号 p.54
shot ◇ 5月号 p.56
jammed ◇ 5月号 p.56
gasket ◇ 5月号 p.56
tow ◇ 5月号 p.57
thrash metal ◇ 5月号 p.58/p.63
be into ◇ 5月号 p.58/p.63
drop ◇ 5月号 p.66/p.74
fall out ◇ 5月号 p.60
Rachel Stevens ◇ 5月号 p.63
bankrupt ◇ 5月号 p.64
want to ◇ 5月号 p.64/p.74
john ◇ 5月号 p.64
loo ◇ 5月号 p.66
rev up ◇ 5月号 p.70
humour ◇ 5月号 p.70/p.75
Power of mind over matter. ◇ 5月号 p.70/p.75
clog ◇ 5月号 p.72
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-18

wheels ◇ 5月号 p.54

テーマ:第7話
意味:車

前話の p.42 Bradley のセリフにも出てきました↓
I mean, we've got no wheels, we can't go nowhere.
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-18

come back in another life ◇ 5月号 p.54

テーマ:第7話
「生まれ変わったら」をこんなふうに平易に言えるとは。
ぜひ使ってみたい表現です。

そこで、いろんな願望の表わしかたをネット上で集めてみました。

If I come back in another life, I wanna be a sociologist.
[sociologist=社会学者]
If I come back in another life, I think I'll try being an author.
[be an author=本を書く]
If I come back in another life, I hope it's in Essex again.
[Essex=イングランド南東部の州]
If I come back in another life, I must be a CAT!!
[いいですね]
If I come back in another life, I am not having any children.
[この人、何があったんでしょうか]
If I come back in another life I want to come back as Greg's wife.
[おいおい]
If I come back in another life hopefully it will be with small tits!
[……]
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-18

Get down! ◇ 5月号 p.54

テーマ:第7話
意味:伏せて!

映画やドラマで銃撃戦が始まるとき、バカのひとつ覚えみたいによく使われるフレーズ。down が「体勢を低くする」ことを表わしています。

get down はほかに「腰を落ち着けて、本気で取り組む」の意味にもなることも多く、たとえば、社交辞令的な歓談のあと「さて、本題に移りましょう」と言いたければ、

Now let's get down to business.

です。これまた頻出フレーズ。

----------------------------------------

ところで、breakthroughさんのブログに興味深い指摘が!

勝手に要約させてもらっちゃうと、「 “S Club Party” の歌詞の冒頭に Everybody, get down tonight. と出てくる。この get down は “楽しむ、ハイになる” の意味で、down のイメージとは正反対。なんかヘン」というわけです。

・“S Club Party” の歌詞は5月号テキスト最初のページ。和訳はp.103。

たしかに、リーダーズ・プラス辞典で get down を引くと
「《ティーンエージャー俗》 楽しくやる、楽しむ」
と出ています。

調べた結果、どうもこれは「寝転がる」のイメージから「リラックスして楽しむ」の意味になっているみたいです。

ビジネスマンが get down すると「本気でお仕事」なのに、若者が get down すると「本気でお遊び」なんですね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-18

No, they're not. ◇ 5月号 p.54

テーマ:第7話
直前の Rachel のセリフ
Someone's shooting at us.
に対して言っています。

they でこたえていることに注目!
本来 someone は単数扱いですが、男か女かわからないため、they で受けるのが最も一般的。he で受けるのは、現在ではよくないとされています(田嶋陽子が怒るので)。

e.g.) Someone brought this here yesterday, didn't they?
(きのう、誰かが持ってきたんでしょ?)
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-18

shot ◇ 5月号 p.56

テーマ:第7話
意味:(使いすぎで)壊れた

「壊れた」という口語的な意味と、直前の「銃撃」騒動を踏まえて、it's completely shot.(完ぺきにイカれた/完ぺきに撃たれた)とシャレを言っている。うまい脚本です。

・ロングマン現代英英辞典(LDOCE4)
shot
[spoken] in bad condition because of being used too much or treated badly
* My back tires are shot.
* My nerves were shot to pieces after my driving test.
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-18

jammed ◇ 5月号 p.56

テーマ:第7話
意味:動かなくなる

traffic jam(交通渋滞)でおなじみの単語。
「ジャムみたいにねばねば」→「動かない」
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-18

gasket ◇ 5月号 p.56

テーマ:第7話
薄べったいパッキング(詰め物)の一種。蒸気やオイルが漏れないように、パイプの継ぎ目にはめ込む……らしいです。

・cylinder head との2ショット写真はこちら
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-18

tow ◇ 5月号 p.57

テーマ:第7話
意味:車を引っ張る

TOEIC Part I(写真問題)の頻出単語です。
発音が「タウ」ではなく「トウ」なので注意。

e.g.) a tow truck レッカー車
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-18

thrash metal ◇ 5月号 p.58/p.63

テーマ:第7話
意味:スラッシュ・メタル(激しいヘビメタ系)

thrash はもともとは脱穀を意味しているので、激しく叩きつける動作を表わす単語。

動詞の場合は、
「地面や水面を激しく叩く」→「のたうちまわる、手足をばたつかせる」
「相手を激しく叩く」→「こてんぱんにやっつける」

e.g.) Salmon thrash their tails and leap from the water.
  (↑ 絵が浮かんで覚えやすい!)
e.g.) Brazil thrashed Italy 5-0.

新聞など一般的な文脈では、thrash out というイディオムの形が多いような気がします。「とことん議論する」の意味です。
日本語の「叩き台にする」に近いイメージ?

e.g.) You need to thrash out the details.
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。