2005-05-08

原語で楽しむマイアミ7◆エピソード1&2

テーマ:特別編1
4月の総復習を兼ねた特別編第1回。
ドラマをノーカットで放映してくれたので、いくつか新しいシーンを見ることができました。

なかでも、7人が「プール掃除だけは嫌」「ペンキ塗りだけは勘弁して」などと順番に申告したのに、全員、そのいちばん嫌な仕事を割り当てられるというくだりが楽しかったです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-08

Do you mind! ◇ 4月号 p.119

テーマ:特別編1
ベッドから落ちた Paul が、Jon に
Well, can't you fall out a bit quieter?
(もうちょっと静かに落ちてくれない?)
と言われて、
Do you mind! I could have broken my neck.
(ひどいなぁ。首の骨を折りそうだったんだぞ)
とこたえています。

辞書にはこう書いてありました。

・研究社英和中辞典
[反語的に]やめてもらえないかな(やめてくれ)。
e.g.) Do you mind! We're studying.
(図書館などで、話などを)やめてもらいたいな。 私たちは勉強中なんだ。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-08

Nail him to the floor. ◇ 4月号 p.119

テーマ:特別編1
寝相の悪い Bradley について Jon が
What are we going to do with him?
と訊くと Paul が
Nail him to the floor.

動詞 nail は文字どおり「釘で打ち付ける」のほか、比喩的に「身動きできなくする」の意味があります。
e.g. ) Curiosity nailed him on the spot.(好奇心にかられ、その場から動けなくなった)

Paul は後者の意味で使ったのに、Jon はわざと前者の意味にとって I'm no good at carpentry.(大工仕事は得意じゃないんだ)と混ぜっ返します。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-08

tread water ◇ 4月号 p.121

テーマ:特別編1
意味:立ち泳ぎする

tread は「歩く」の意味だと不規則活用(tread-trod-trodden)ですが、tread water のときだけ規則活用だそうです。ややこしい。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-08

Get on with it! ◇ 4月号 p.122

テーマ:特別編1
意味:さっさとやれ!

ぐずぐずしている相手、一時休憩している相手に対して、開始を促すとき使うそうです。
get on with = do または continue です。

p.127でも、前説の長い Howard に向かって、観客がこのセリフを言っています。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-08

go ballistic ◇ 4月号 p.122

テーマ:特別編1
意味:激怒する

ペンキの色を間違えたと気づいて Jo が
Howard's going to go ballistic.
(ハワードがきっと、かんかんに怒るわ)

go ballistic は英和辞典にはほとんど出ていませんが、英英辞典では大きく扱われています(なんとかしてください>辞書編纂者さん)。

ballistic は「銃の弾道の」という意味があるので、「ある方向へ一直線、なだめようがない」のイメージだと思います。

類似表現
go nuclear
go berserk(バザークと発音。ザにアクセント)
go bananas(「頭がおかしくなる」の意味にも使う)
go ape(アメリカ英語)

go apeは、文字どおりだと「猿になる」だから、わかりやすい。
go bananas もバナナ→猿の連想から生まれた表現だそうです。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-08

without any further ados ◇ 4月号 p.126

テーマ:特別編1
本来は
without any further/more ado(さっさと)
がイディオム。

ado は不可算名詞なので、ここの複数形 ados や次のセリフの an ado は文法を逸脱したジョークです。

ado といえば、シェイクスピアの Much Ado For Nothing(から騒ぎ)が有名。
不可算だからこそ much なわけです。

ちなみに、さんまの「恋のから騒ぎ」も出だしのタイトルバックに Much Ado About Love と出ます。みなさん、気づいてました? 冷静に考えると、これは「恋の大騒ぎ」なんですよね。
・タイトルバックの実物を確認したいかたはこちら
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-08

Shake your groove thing! ◇ 4月号 p.127

テーマ:特別編1
1978年に大ヒットしたディスコナンバー Peaches & Herb "Shake Your Groove Thing" を意識したセリフ。この曲は同年のビルボードチャート年間1位。

Marvin はディスコ世代(40歳ぐらい?)なので S Club 7 の曲を聞いて若い頃を思い出し、いい気分に。しかし Howard はさらに古い世代だからディスコも知らない……という対比を印象づけるためのやりとりでしょう。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。