2005-05-04

マイアミ7◆第5話 ホテルでの初舞台

テーマ:第5話
歌を2曲も披露するのが見どころの回。
Rachel と Hannah がベッドで小声で話すシーンが非常に聞き取りにくいです。

本放送ではカットされていますが、ノーカット特別編を見ると、Rachel はこの晩どうやら一睡もできなかったらしいとわかって、しんみりします。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-04

exploit ◇ 5月号 p.12

テーマ:第5話
意味:食い物にする

この動詞は悪い意味(=use unfairly)のときといい意味(=use well)のときがあります。
英和辞典には必ずいい意味が最初に書いてあるけれど、英英辞典の多くは悪い意味のほうを優先的に説明しています。

↓の定義なんて、まさに Howard そのものですね : )
・ロングマン現代英英辞典 LDOCE4
to treat someone unfairly by asking them to do things for you, but giving them very little in return
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-04

wimp ◇ 5月号 p.12

テーマ:第5話
意味:弱虫

動詞 whimper(擬音語。子犬がクンクン鳴く、人間がしくしく泣くの意味)に由来するそうです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-04

tummy ◇ 5月号 p.14

テーマ:第5話
意味:(幼児言葉で)おなか

stomach の真ん中の tom あたりだけを取り出した発音だそうです。

ほかに幼児言葉(baby talk)の代表例としては

choo-choo(= train)
doggie(=dog)
din-din(=dinner)
gammy(=grandmother)

などがあります。

choo-choo って蒸気機関車の「シュシュ」から来てるんですね。考えたことありませんでしたが。

じゃあ、車の「ブーブー」は?と調べたものの、見つかりませんでした。
car は発音が簡単だから、小さい子供でも言えるのかな?
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-04

egg whisk ◇ 5月号 p.16

テーマ:第5話
意味:泡立て器

アメリカ英語では eggbeater。
メレンゲを作るとき使う、あの針金を丸めたみたいな道具ですね。
・思い浮かばないかたはこちら

egg whisk を使う真似をする Tina の手つきが妙なんですけど……イギリスには特殊なかたちの egg whisk があるのか……べつに意味ないのか?
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-04

reef knot ◇ 5月号 p.17

テーマ:第5話
アメリカ英語では square knot。

船乗りやボーイスカウトにとっては基本らしいですね。
・図解はこちら

ちなみに「蝶結び」は bow knot。「蝶ネクタイ」bow tie と関連づければ覚えやすいです。
「蝶結びにする」は tie in a bow。
ふつうに「ひもを結ぶ」は make a knot。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-04

be done for ◇ 5月号 p.23

テーマ:第5話
意味:~のせいで警察につかまる[イギリス英語]

get done for ~ の形でも使うそうです。
e.g. ) I got done for speeding last night.(ゆうべスピード違反でつかまった)

英和辞典にはまったく出ていないみたいですが、LDOCE4 や OALD7 といった英英辞典なら、done の項にイディオムとして載っています。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-04

cocktail umbrella ◇ 5月号 p.22

テーマ:第5話
トロピカルカクテルなどのグラスに飾ってある小さな傘のこと。
・思い浮かばないかたはここをクリック

commit suicide with a cocktail umbrella ってまじめな顔で言うけど、けっこう
笑えませんか?
「豆腐のかどに頭ぶつけて」みたいな感じかな。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-04

way beyond ◇ 5月号 p.28

テーマ:第5話
way はおもに程度の強調として、副詞、前置詞、比較級の前に使います。
e.g.) She lives way out of town.

『オズの魔法使い』の主題歌として有名な Over the Rainbow の出だしにも
♪ Somewhere over the rainbow way up high ...
(はるか高いかなた、虹の向こうのどこかに)
と way が効果的に使われています。

番組では、リッチーが It's way cool. という例を出していましたが、このように形容詞を強調する使いかたはアメリカ用法だそうです。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-04

career ◇ 5月号 p.28

テーマ:第5話
テキストには「日本語と違う」と強調してあるけれど、日本語でも「キャリア豊富な選手」「アメリカでのキャリア」などと言うから、そんなに違わないような……。

やや違う感じの例としては

e.g.) He has a career before him.(彼は前途有望だ)
e.g.) a career teacher([形容詞的に使って]根っからの~)

むしろ、日本語との最大の違いはアクセントかも(英語ではキャリアのリにアクセント)。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。