次回公演へ向けて

テーマ:

またまた台風が近づいてます。最近は台風が去っても「台風一過だ!やっほーい!」というような快晴晴れにはならず、なんだかいつまでもジメジメシトシトしてるのが嫌ですねぇ・・・。

なんてことを思っているうちに8月の公演から早くも1か月以上がたちました。はやいっ!

そんなこんなで、次回の公演に向けて様々な準備が始まっております。

次回は・・・

 

杉並区NPO活動資金助成事業

オペラ「泣いた赤鬼」~オペラ鑑賞とワークショップ

2017年1月9日(祝)13時、16時 (2回公演)

座・高円寺2(JR高円寺駅より徒歩5分)にて

チケット 大人&子どもペア ¥2,500 

      (全席自由)

      (子どもは4歳以上中学生まで)

      (大人(高校生以上)のみでも鑑賞できます。チケットは同額¥2,500)

 

です。

この「泣いた赤鬼」という作品、物語も音楽も素晴らしいので、いつかミャゴで上演したいとずっと思っていました。この度、杉並区のNPO活動資金助成に応募したところ選考を通過し、杉並区の事業として公演できることになりました。

子どもたちにも10名ほど「子ども合唱」として参加してもらいます。村の子供たち役で、赤おにくんと遊ぶシーンなどに出演します。一緒に稽古を積んで、一つの舞台を皆で創り上げる過程を体験して、様々なことを感じてもらえたら嬉しいです。
 

上演後には会場のお客様と一緒に作品について考えるワークショップも行います。
もちろん堅苦しいものではなく、オペラの感想を軸に、赤おに君の気持ち、青おに君の気持ち、村人の気持ち、この後赤おに君と青おに君はどうなったのだろう…?などなど自由に発言してもらいながら、大人も子どもも一緒に、驚きや悲しみや寂しさなどの気持ちを共有すると同時に、自分とは違う様々な感じ方や意見があることも子どもたちに知ってもらえるといいなと思っています。

そう、今回のテーマは「子どもも大人も赤おに君の気持ちを真剣に考える!」です。

そのためにはやる側が真剣に真っ向勝負で舞台を創らないといけません。

いわゆる「子ども向け」には絶対にしません。
大人にも見応えのある、ミャゴラトーリならではの「泣いた赤おに」を創りますよ!
是非、観にいらして頂ければ嬉しいです。

 

キャスト

赤おに …寺田宗永

青おに …藪内俊弥

娘…森真奈美

木こり… 押見春喜

姓…新後閑大介

女房… 杣友惠子

ナレーター…里中トヨコ

 

ピアノ…巨瀬励起

演出…大澤恒夫

舞台監督…荒牧大道

企画・制作・主催 ミャゴラトーリ 首藤史織

 

 

★チケットは10月1日から発売です!ご予約は受け付けております。

下記ホームページの「各種お申込み」ページから直接申し込めます!

 

http://www.miagolatori.com

 

 

AD

次回公演のお知らせ♪

テーマ:

4月になりまして、東京は桜が満開です!

どこかでお花見でもしたい・・・と思いながらも、NPO法人の決算報告準備や次回公演へ向けての諸々に追われる毎日です。


今年の公演は、ミャゴラトーリ×岩田達宗第3弾!

小劇場演劇的オペラ「カプレーティとモンテッキ」です。


「カプレーティとモンテッキ」、、、言いにく~い題名のこのオペラ、実は「ロミオとジュリエット」の物語なのです。でもみなさんよく御存じのシェイクスピアのアレとは一味違います。(同じ原作に基づいてはいますが全く違う台本です。)


昨年から、次回公演の演目を何にしようか岩田さんと相談を重ねてきたわけですが、

数ある候補の中からこの作品に決めたのは、岩田さんのこの一言がきっかけでした。


「僕はロメオに、”戦争は人が死ぬからいやだ!”と言わせたいんだ」


この一言を聞いて、それならミャゴラトーリがやる意味があるかもしれない、現代を生きるお客様に伝える価値のあるものを創れるかもしれない・・・。そう思いました。


単なるラブストーリーにとどまらない、岩田達宗の「カプレーティとモンテッキ」。

是非是非、会場に足をお運びください!

チケット、絶賛発売中です!




ミャゴラトーリ公演「カプレーティとモンテッキ」(原語上演・オリジナル字幕付き)


2016年8月5日(金)19時開演

       6日(土)15時開演


牛込箪笥区民ホール


全席自由\5,000


詳細はホームページの「公演情報」にて!

ホームページからチケットのお申し込みもできます!

(ホームページ「各種お申込み」をクリックすると、申込フォームへ移動できます。)


http://www.miagolatori.com






AD

にゃんと!


半年ぶりのブログ更新・・・・・・・・Σ(゚д゚;)

お久しぶりなんでございます。


ここ何日か、夏はどこへ行ったやら??というほどの涼しさです。

そのお陰でブログを書く気力が湧いたのかもしれませんにひひ


さてこの半年、ものすごーく濃い日々を過ごしておりました。


3月末には自分のピアノ教室の発表会を楽しく開催、そしてNPOになって初の決算と事業報告(ノ゚ο゚)ノを必死で済ませ、


4月には京王電鉄プレゼンツによる「愛の妙薬」の公演。

私が生まれ育った京王沿線の親子のみなさんに、「初めてのオペラ」を届けることが出来るとあって、とてもやり甲斐のある公演となりました。




終演後。出演者全員でのスナップ。信頼できる出演者に恵まれて幸せです!
(私も「村娘1」としてちろっと出演しました。)




そして5月は「小劇場演劇的オペラ:カヴァレリア・ルスティカーナ」公演。

演出家岩田達宗氏とタッグを組み、今年は合唱も入れての公演となりました。

どこからが舞台でどこからが客席なのかわからない、ソリストも指揮者も合唱団もお客様も、そこにいるすべての人が入り混じる、迫力ある舞台となりました。





アルフィオ(大沼徹)登場シーン!!







サントゥッツァ(並河寿美) トゥリッドゥ(青柳素晴)



カヴァレリアを終えて息をつく間もなく、6月頭には再び「愛の妙薬」公演のため愛知県は田原市へ。2つの小学校が集まって「初めてのオペラ」を体験してくれました。




田原文化会館にて仕込中・・・。立派なホールでした!


田原スクール公演は昨年に続き2度目の訪問でしたが、地元の方から

「映画館もないこの地域で、オペラを生で観たことのある子どもたちが確実に増えていることに驚きと感動をおぼえます。」と言って頂き、ミャゴをやってて良かった・・・と心の底から思いました。


7月はエルデオペラ管弦楽団との共催で「ジャンニ・スキッキ」を公演。

長い間あたため続けたエルデとの「オペラを通じた友情」が、やっと実を結びました!

ジャンニ・スキッキという難しいオペラを「ホールオペラ形式で」、ということだったので、制約も多く本当に大変でしたが、「本物をわかりやすく!」のモットーに恥じない、とても素敵な仕上がりになったのではないかと思います。

こちらはまだ写真がなくてごめんなさい。画像からの切り出し写真になりますが、出来上がったら改めてアップしたいと思います。



と、駆け足で振り返りましたが、

各公演にかかわってくれた皆様、会場に足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。


いくら理想とモットーを高く掲げても、私一人では何も出来ません。

その時、その分野で力を貸して下さる方々、

熱い想いで私と一緒に舞台と格闘してくれる方々、

舞台上で素晴らしいパフォーマンスを見せてくれる歌手や役者の皆さん、

応援してくれるミャゴファンの皆様、

会場に来て下さるお客様・・・、


皆様に支えられてミャゴは進んでいることを痛感してます。

この場を借りて皆様にお礼を申し上げます。ありがとうございます。




8月はしばしの休息でした。


また来月から、次の企画に向けて進んでいこうと思います!!



AD

悩みながら進む日々

テーマ:
ここのところ、アメーバにログインできないことが続いて、
(パスワードが違います、とか何とか言うので、「パスワードをお忘れの方」のところからパスワードを変更するも、なぜかまたログインできず、すっかり嫌気がさしていた・・・)
そのせいでしばらくブログを放置をしており、久々の更新となりました。

・・・って、まぁ、久々なのはいつものことなんですが・・・にひひ

パソコンでお買い物など色んなことが出来るのは大変便利ですが、
この「パスワード地獄」には閉口しますね(ノ_-。)
いちいち、ほんとにめんどくさい。
忘れないように皆同じにしときたいけど、定期的に変えろとか、色々忠告されるし…。
パソコンを使ってるんだか、パソコンに使われてるんだか、
良くわからなくなります。。。

さて、年が明けてから諸々忙しくなってきました。

目下、4月と6月の愛の妙薬、5月のカヴァレリア、ちょっと先ではありますがもちろん色々と始動している7月のジャンニ・スキッキ、と3本立てで準備を進めております。
4月の始めには制作のお手伝いで入るフィガロの結婚の公演もあり、
4本それぞれに色々決めなくてはならないことなんかがあると、脳みそがぐちゃぐちゃしてきて耳から煙が出そうになります(笑)


日々、公演へ向けての準備の中で様々なことが起こりますが、
そのたびに思うのは、
「人に悩み、人に助けられる」
という事です。

人間関係はとかく大変なものですけど、
そして人間関係に悩むことが多いですけど、

でもそれを救ってくれるのもやはり「人」であり、

思いがけない人から思いがけない優しい言葉をもらったり、
思いがけない人が救いの手を差し伸べてくれたり、

そうゆうことに支えられて、毎日を過ごしています。


あ、
我が愛猫パンダ丸も、良く私を助けてくれます(笑)




明日も良い日になりますように・・・。

明けました❗2015年

テーマ:
皆さま、遅ればせながら明けましておめでとうでございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

写真はお正月に行った江の島からの富士山。ちょっと遠いですが。
雪を頂いて白く輝く富士山はとっても美しかったです。



さて、ついに始まってしまいました2015年。
色々と頑張らなくてはいけません。

2015年に向けての私の正直な気持ちは、実は「怖い」でした。


すでに決まっている諸々の公演は滞りなく進められるだろうか。

NPO の運営はうまく行くだろうか。

これから取り組むあの企画はどんな方向に進むだろうか。

……と、
考え出したらキリがないくらいに懸案事項が湧いてきます。

どれもきっと良い公演になる‼
お客様との感動の共有を目指すぞ‼

と強く思っていても、やはり足がすくむ思いがするのも正直なところです。
あぁ私に出来るだろうか…と、「年始」のように改まって先々のことを考える時間があるとどうにも不安になってくる自分もいます。

でも、今日、
昨年のボエームに続く第2段の「岩田企画」について、演出家の岩田さんと様々なお話をさせてもらいました。

「お客様が、何だこれは‼と思うような物凄いものを創ってやる」

という岩田さんの言葉に、全身の血がわーっと巡ってくるような気持ちになりました。


怖い、とか言ってる場合じゃないのです‼

自分の中の弱気を蹴っ飛ばして、
2015年も突っ走ります‼