台風の声に

テーマ:
にゃんこーず-090831-073943.jpg
耳をすましているデルタ

窓を開けたら、ヒューっと風の鳴く音が聞こえてきました

台風とは仲良くならないでね、デルタ
AD

威厳、買います・・・

テーマ:

我が家の猫の片割れが、くったりとして元気がない。

あまりにもトイレへ頻繁に行くので病院に連れて行くと、
膀胱炎による頻尿と診断された。

原因のひとつには、どうやら肥満も関係しているらしい。
飼い主の食事管理不足だ。
そしてもうひとつ飼い主として不足していると実感したのは

”飼い主としての威厳”

診察中ピートは、魔獣と化して、獣医さんや助手の方に襲い掛かった。
「飼い主さん!ピート君を押さえてください!!」といわれて押さえると

”ぎゃわー!!シャーーーーッ!!”

と唸ってこちらに牙をむいたのだ。


・°・(ノД`)・°・


私、まったく役立たず・・・


にゃんこーず-猫ピートの反逆1

(ちなみに右の猫は寝てるだけ。くったりしているのは左の猫、ピートだ。)

そんなわけで朝晩1錠、膀胱炎の薬を飲ませていた(下写真の左の薬)。
処方から2週間が経った昨日、ピートが突然吐きはじめた。

一度では治まらず、朝から何度も吐いた。

ピートは、吐き終わると水を飲み、少しねこじゃらしで遊び、トイレを済まし、好物だけを食べて寝る。
それから3時間程経つとまた吐くを繰り返していた。
”吐く”以外はいつもの活発さがあるのが救いだった。

そして今朝、病院へ連れて行き診てもらった。

前回、ピートがあまりにも暴れたので、以前お世話になった別の病院にしてみた。

するとどうだろう!!


やっぱり大暴れだった。そりゃそうか・・・・

ぐにゃぐにゃビョコビョコ動きながら
”ウゥゥー!ガウガウ!シャー!”
と、猫とは思えぬ攻撃を繰り返すピート。
そして、あまりの変貌ぶりにプルプルする飼い主。

ここでもまったく役立たず。

(ノДT)


診断の結果は、”薬の副作用”だった。

吐き気止めの注射が打たれ、胃腸の働きを活発にする錠剤と、毛玉取りのチューブ薬が処方された。

膀胱炎の薬がピートには合わないのかも知れないので、しばらく飲ませないことと
今与えている食事”プリスクリプション・ダイエットc/d”を別のものに変えて様子をみることになった。


にゃんこーず-猫ピートの反逆2


処方された毛玉取りの薬というのが、上写真右のもので
針の無い注射器のような容器に、黒糖の甘い匂いがするペースト状の茶色い液体が入っている。

これをピートの口に横から、ニュルッと舐めさせるわけだけど・・・・


にゃんこーず-猫ピートの反逆3

嫌がって頭をブンブンと動かした為、顔のあちこちに茶色の薬が付着してしまった。
この薬、想像以上にベットベトで、水拭きしてもなかなか落ちないのだ。
変なものが顔に付いて、不満を隠せないピート。
(仕方ないよ、5日間の我慢だよピート)

ちなみに味は、甘くて美味しいらしい・・・

代わりに一口もらってあげようか・・・・(*゚ー゚)ゞ


にゃんこーず-猫ピートの反逆4


”飼い主の威厳”
これまで、相手は猫なんだし、そんなもの無くても良いんじゃないかと思っていた。
甘えたいときに甘えてくれれば良いし、自由に外に出られない短い猫生だから
せめて、好きなものを食べて、快適に過ごしてくれれば良い。
その快適をできるだけ提供するのが、自分の役割と。
それに威厳なんて、一朝一夕では身に付くものでも無いし・・・
でも、意識を変えないとダメなのかも。
せめて、病院でちょっぴりでも役に立てるくらいに・・・


(´_`。) ふぃぃぃ



みなさんのにゃんこはずっと健康でありますように・・・


AD

帰ってきた

テーマ:
にゃんこーず-090820-210342.jpg
お出迎えの毛繕い儀式が終わったら

蛇口の水を飲ませろにゃー!!

という、ピートの訴え


お水は数カ所にいっぱい入れていったけど
やっぱり新鮮なお水が良いのね(^_^;)

あー・・・噛まないでー(T_T)

クーラーボックスの罠

テーマ:
バーベキューから帰って後片付けをしていたら
保冷剤を引き上げたばかりのクーラーボックスの中に猫。

にゃんこーず-クーラーボックスの罠1


にゃんこーず-クーラーボックスの罠2


にゃんこーず-クーラーボックスの罠3


にゃんこーず-クーラーボックスの罠4



人気ブログランキング 1ポチっとお願いしますにゃ


この後まんまとデルタにフタを閉められるピート
偶然なのか、それとも・・・・・・・