まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『ましろのおと 4巻 (羅川真里茂)』

 

4063712982 ましろのおと(4) (月刊マガジンコミックス)
羅川 真里茂
講談社 2011-09-16

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻  3巻

 

 

【あらすじ】

津軽三味線甲子園「松吾郎杯」に向けて切磋琢磨する愛好会の面々。指導者・大俵先生の発案により“夏合宿”に向かうことに‥‥松吾郎杯まで残り僅かな時間の中、それぞれの課題を克服できるのか!? 雪の団体戦への出場を知り全国の猛者たちも動き出す!

 

 

津軽三味線を得意とする高校生の成長物語です。

 

主人公・『澤村雪』は青森で祖父・『松吾郎』と兄・『澤村若菜』と住んでいる高校生。

ある日、津軽三味線の師である祖父・『松吾郎』が亡くなってしまう。 そのことは、主人公・『澤村雪』に

弾くべきを音を失わせることとなる。 主人公・『澤村雪』は自分が弾くべき音を探しに、青森を出て

東京へ上京することになる・・・。

 

という感じで始まる作品でして、津軽三味線の奏者(といっても実績はゼロ)の主人公・『澤村雪』が

三味線のみを持って単身、青森から東京へ上京してきて、様々な人々と出会いながら、自分の弾く

べき音を探していくという成長物語です。

 

----------

 

ここからは、4巻の感想。

4巻では、主人公・『澤村雪』の母親によって作られた『松吾郎杯』という津軽三味線甲子園の大会に

出場するために津軽三味線愛好会が練習する様子が描かれつつも、愛好会のOB・『神木清流』が

練習を教えに学校へやってくる話、青森で1週間合宿を行う話などが描かれました。
 
まんが栄養素-ましろのおと 4巻

 
まんが栄養素-ましろのおと 4巻
 

まず、物語は、津軽三味線愛好会に教えてくれる師匠探しから始まります。

津軽三味線同好会の面々としては、津軽三味線の実力者である主人公・『澤村雪』に教わりたい

とおもうわけですが、主人公・『澤村雪』自体、津軽三味線を独学で覚えたことと、性格的に他人に

教えるということができないため、しょうがなく別の師匠を探すこととなります。 とはいえ、さすがに

そんなに簡単に見つかるわけがなく、結局、『小藪啓子先生』が以前お世話になった和楽器ショップ

“鈴音”の『大俵ヒロシ先生』に頼むことで、無事、津軽三味線愛好会は前に進むことができました。

上記の画像のように顔が少し胡散臭い(笑)『大俵ヒロシ先生』でありますが、実は津軽三味線の

実力者で全国大会で準優勝という実績を持っているようです。 また、師匠としても教え方が

上手い方のようで、ど素人集団の津軽三味線愛好会相手に根気強く指導してくれますし、何よりも

彼自身の熱い性格で津軽三味線愛好会を引っ張っていく描写が良いのです。
 

まんが栄養素-ましろのおと 4巻

 

まんが栄養素-ましろのおと 4巻
 

そんな『大俵ヒロシ先生』に教わることとなった津軽三味線愛好会のところに、ナント、

津軽三味線愛好会のOBで、津軽三味線のトップ奏者・『神木清流』が教えに来てくれました。
もちろん、本当に教えに来たわけでは無く、主人公・『澤村雪』の様子を見に来ただけであったの

ですが、ひょんなことから、主人公・『澤村雪』と『神木清流』の2人が共演するすることとなります。

その演奏は、非常に素晴らしい内容であっただけではなく、ナント、津軽三味線甲子園の課題曲と

してそのまま使えるアレンジバージョンであったようで、津軽三味線愛好会はその演奏を師匠に

譜面書きして貰い、そのアレンジバージョンで津軽三味線甲子園に挑むこととなりました。
 
まんが栄養素-ましろのおと 4巻
 
まんが栄養素-ましろのおと 4巻
 

そして、その譜面書きをして貰ったアレンジバージョンを習得し完璧に演奏をするために、

ナント、夏休みの一週間を青森で合宿することとなりました。 これ以降の展開については、

ネタバレというか実際に読んだ方が面白いと思うので詳しくは書きませんが、愛好会の面々が

それぞれに成長していく様子は非常に面白かったですし、何より、『大俵ヒロシ先生』が津軽

三味線について語ったシーンは非常に興味深かったですよ。

 

いや~、面白かったです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

右肩上がりに面白くなっています(^^ゞ。

大会も近づいてきて物語的にも盛り上がってきましたし、何よりも愛好会の面々が本気で

津軽三味線と向かい合う描写が非常に面白いと思います。 次巻も大いに期待したいですね。

 

点数的には

92点

です。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。