まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『センゴク天正記 11巻 (宮下英樹)』

 

4063820610 センゴク天正記(11) (ヤングマガジンコミックス)
宮下 英樹
講談社 2011-08-05

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → センゴク 1巻~11巻  12巻  13巻  14巻  15巻

               センゴク外伝桶狭間戦記 1巻  2巻  3巻  4巻  5巻

               センゴク天正記 1巻  2巻  3巻  4巻  5巻  6巻  7巻  8巻  9巻

                          10巻

 

 

【あらすじ】

播州攻略編、最高潮!! 羽柴秀吉の築いた幾重もの付城群が、三木城主・別所長治を追い詰めてゆく。一方、竹中半兵衛の病状が刻一刻と悪化してゆく中、仙石にも、上津城奪取という重大な使命が課せられるのだった。多様な史料に基づき緻密に描写される、容易ならざる播州攻略戦、佳境へ!!

 

 

『仙石権兵衛秀久』という実在の人物を主人公とした戦国時代マンガ。

圧倒的な画力、史実と創作の絶妙な融合、そして素晴らしい人物描写。

現在連載中の歴史マンガの中でも、最高峰と言っても間違いない作品です。

 

この作品が面白いところは、『仙石権兵衛秀久』という主人公がいるものの、

実際には、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康など時代の権力者を主役として時代を動かしている点です。

あくまで、『仙石』は、彼らの一武将に過ぎず、歴史イベントに大きく関わってくることはない。

時代の権力者たちが行った『有名な戦』・『有名なイベント』を多少脚色して描きつつ、

その時、一武将である主人公がどのような行動を取ったのかを描いた作品なのです。

戦国時代のファンならば、必見の作品だと思います!!

 

さて、この『センゴク天正記』は、前作・『センゴク』の第2部に当たります。

 

誤解が無いように最初に書きますと、仕切り直しということで、11巻表示されておりますが、

この作品は、実質的『センゴク』の26巻目に当たります。

つまり、前作・『センゴク』を読んでいないと、面白さ半減は間違いないです。

やはりまずは前作・『センゴク』を読んで戴きましてから、この作品に手にしてくださいませ。

 

---------- 

 

ここからは、11巻の感想。

 
『別所長治』が野戦に討って出てきてことで、『羽柴軍』は混乱してしまうが、

病で安静にしていた『竹中半兵衛』の策により、なんとか『別所軍』を退けることに成功する。

しかし、その『竹中半兵衛』が倒れてしまう・・・・。

 

という感じで始まったのが11巻でして、羽柴軍を支えてきた『竹中半兵衛』が倒れてしまったことで、

羽柴軍は有馬の湯治場の道を確保するために上津城を攻め始めます。

 
まんが栄養素-センゴク天正記 11巻
 

そんな11巻のメインとなるのは、やはり『竹中半兵衛』の死ですね。

このイベントは、10巻でイベントで『竹中半兵衛』が倒れてしまったところから始まります。

『竹中半兵衛』は三日三晩も寝込んでしまうほどの重病で、何とか生き残ることができたものの、

身体が食事を受け付けないほどに弱ってしまったようです。 その様子を付きっきりで看病をして

いた『羽柴秀吉』は、『竹中半兵衛』のために湯治場として有名な有馬を確保することを決めます。

 

その戦いの指揮をするのが『羽柴秀長』でして、主人公・『仙石秀久』の参加します。

しかし、相手の守りが固いため、上手く攻略することができず、日数だけが過ぎてしまいます。

(当初は力攻めであったのですが、途中から調略に作戦を変更している)

 
まんが栄養素-センゴク天正記 11巻

 
まんが栄養素-センゴク天正記 11巻
 

そんな上手く物事が進まない中、ナント、病人の『竹中半兵衛』が現場復帰をします。

周りの人々は『竹中半兵衛』を止めようとするのですが、『羽柴秀吉』はそれらの声を制止、

『竹中半兵衛』の復帰を認めます。 『竹中半兵衛』としては、軍を指揮するために現場へ

やってきたのではなく、『羽柴秀吉』に会うことを第一の目的としてやってきたようで、
『羽柴秀吉』と過去の出来事について語り合うこととなりました。
 
まんが栄養素-センゴク天正記 11巻
 

この語り合った内容に関してはネタバレというか実際に読んでいただいた方が面白いと思うので

詳しくは書きませんが、このエピソードで『羽柴秀吉』と『竹中半兵衛』との絆の強さを感じ取ることが

できたのが良かったですし、何より、最後のイベントで描かれた『竹中半兵衛』の言葉はこの作品の

名言の中でも断トツに素晴らしい言葉だったのではないかと思いました(^^ゞ。
 
まんが栄養素-センゴク天正記 11巻
 
まんが栄養素-センゴク天正記 11巻
 

そして、ついに『竹中半兵衛』の死が描かれます。

史実に沿って描かれている作品であるため予定通りの死であるわけですが、主人公・『仙石秀久』と

多く関わってきた人物であるため、恐らく多くの読者にとって感情移入度が高く、『羽柴秀吉』や『仙石

秀久』と同じように涙を流してしまった読者も多いのではないかなと思いました。 それほど、素晴らし

いイベントであったと思います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

ついに『竹中半兵衛』の死が描かれました。

次巻以降は、『竹中半兵衛』の死による影響などが描かれていくのではないかなと思います。

次巻も楽しみです。

  

点数的には

100点

です。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。