まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『砂の栄冠 5巻 (三田紀房)』

 

4063820637 砂の栄冠(5) (ヤングマガジンコミックス)
三田 紀房
講談社 2011-08-05

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻~3巻  4巻

 

 

【あらすじ】

強家私立・浦和秀学に勝ち、秋の関東大会に進出した檻野高校。だが1回戦でボロ負けすれば21世紀枠でのセンバツ出場に黄信号!!ボロボロの守備を改善するため、伝説のノックマンを3ヵ月3百万円で雇い「利き腕とは逆特訓」を開始!!ところが最悪の事態が‥??

 

 

高校野球漫画です。

 

埼玉県樫野市にある“県立樫野高校”は、県立高校ながらも夏の県予選で決勝まで駒を進める。
まさに甲子園まであと一歩というところまで上り詰めるものの惜しくも決勝で敗れてしまう。
新チームを任されることとなった主人公・『七嶋裕之』に、ある日、『トクさん』という樫野高校の

ファンの老人から、甲子園に出場してほしいと1000万円を託されることとなる。
 
という感じで始まる作品でして、ある日、ファンの老人から1000万円を託された主人公が

そのお金を使って、甲子園を目指していこうとする高校野球漫画です。
 

----------

 

ここからは、5巻の感想。

5巻では、ついに関東大会が始まりまして、いきなり優勝候補・『東横浜高校』と当たってしまう。

優勝候補が相手ということだが、甲子園出場を目指すためには越えなければならない相手だけに

全力で戦いに挑むこととなりました。
 
まんが栄養素-砂の栄冠 5巻
 

そんな5巻のメインとなるのは、もちろん『vs東横浜高校』ですね。

『東横浜高校』とは、春夏連覇を含む夏3回・春2回の全国優勝をしている強豪校でして、

特に、今年のチームは走攻守・・・全てトップレベルのバランスの良いチームであるらしく、

あの埼玉の横綱・『浦和秀学』よりも評価の高いようです。

 

そんな優勝候補筆頭の『東横浜高校』と一回戦で当たってしまった『県立樫野高校』の面々は、

最初こそ、諦めムードでありましたが、関東大会で実績を残せば21世紀枠で甲子園へ出場

できるチャンスがあるため、今自分たちができる最大限の練習をし始めました。

 
まんが栄養素-砂の栄冠 5巻
 

そんな中、主人公・『七嶋裕之』は『加藤機一郎』に頼んで『東横浜高校』の弱点を調べるように

依頼します。 『加藤機一郎』は早速、過去の『東横浜高校』だけでなく強豪校の負けパターンを

分析し、ついに『東横浜高校』の負けパターンを見つけることに成功します。 その負けパターンとは、

140キロの速球を投げることができて、インコースを投げることができて、9回まで投げれるスタミナが

ある投手がいるチームとの試合だそうで、その条件を持っている投手がいるチームならば、弱小校でも

この強豪校に勝てる可能性が高いようです。

 

幸いなことに、超高校級の主人公・『七嶋裕之』はそのすべてを兼ね備えておりまして(笑)、
『東横浜高校』を相手に“自信”と“覚悟”を持って挑むこととなりました。 試合としては、

味方の拙い守備に足を引っ張られつつも、『東横浜高校』の弱点をついていくことで何とか0点で

抑えていくという展開が描かれまして、序盤では『県立樫野高校』が1点リードのまま進んでいきます。
 
まんが栄養素-砂の栄冠 5巻
 

しかし、『東横浜高校』はただ弱点をつかれたままにしておくわけがなく、ナント、

『県立樫野高校』バッテリーの独特の癖を見破ってしまします。 その癖とは、通常の場面では

キャッチャーからサインを出すわけですが、重要な場面では主人公・『七嶋裕之』が直接サインを

出していたということでして、その癖を見破ることで『東横浜高校』の反撃が始まることとなりました。

 
まんが栄養素-砂の栄冠 5巻
 

さすがに、その状況を良くないと感じたのか、主人公・『七嶋裕之』はキャッチャーの『ゴン』に

“サインが見破られていること”と“これからは小細工なしに『ゴン』のサイン通りに投げていく”という

ことを伝えます。 弱気な『ゴン』だけに最初こそ戸惑うわけですが、あの主人公・『七嶋裕之』が

自分を頼ってくれているということと、その期待に応えたいという気持ちが前面に現れるようになり、

ついに、あの『ゴン』も覚醒するという熱い展開が描かれることとなりました(^^ゞ。

 

これ以降の展開についてはネタバレとなってしまうので詳しくは書きませんが、主人公以外の

チームメイトが活躍することにより試合も盛り上がってきましたし、何よりも、あの『ガーソ監督』の

暴走が描かれたのが面白かったですね(笑)。 非常に気になる感じで終わったので、次巻の

発売日が楽しみでしょうがないですね。 次巻も大いに期待したいです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

о(ж>▽<)y ☆ 面白いです。

野球描写が非常に熱くて素晴らしいのです。 また、『ガーソ監督』の役立たずっぷりが何とも

素晴らしいのです(笑)。 『ガーソ監督』にはこのまま面白い感じで暴走していってほしいですね。

次巻も楽しみです。

 

点数的には

96点

です。 
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。