まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『GIANT KILLING ジャイアントキリング 20巻 (綱本将也、ツジトモ)』

 

4063870235 GIANT KILLING(20) (モーニングKC)
ツジトモ 綱本 将也
講談社 2011-07-22

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻  3巻  4巻  5巻  6巻  7巻  8巻  9巻  10巻  11巻  12巻

               13巻  14巻  15巻  16巻  17巻  18巻  19巻

 

 

【あらすじ】

ETUの猛攻に耐え続けるモンテビア山形。その間、山形の監督・佐倉も考え続けていた……新たなシステムの起用。そのシステムは、達海も事前に気づき恐れていた、山形進化への可能性だった!!

 

 

サッカーの監督を主人公としたマンガです。

タイトルの『GIANT KILLING』とは、弱い奴らが強い奴らをやっつけるという意味。

その言葉は、選手時代から多くの番狂わせを演出してきた主人公・『達海猛』の口癖で、

彼が過去に在籍していた『ETU』というチームから監督のオファーを受けるところから始まります。

 

一癖も二癖もある主人公が、常識では考えられない練習方法を提案したり、

とんでもない言動で選手達を混乱させつつ、自分のペースに巻き込んでいき、

反論する選手や、やる気の無い選手達を意のままに操っていく、

というようなストーリー展開の作品です。

 

----------

 

ここからは、20巻の感想。

20巻では、19巻から始まった『vsモンテビア山形』の試合の続きが描かれまして、

ますます盛り上がっております。
 

そんな20巻のメインとなるのは、もちろん『vsモンテビア山形』の試合ですね。

試合展開としては、『ETU』が攻め、『モンテビア山形』が守るという展開が続いていきつつも、

たまに『モンテビア山形』がカウンターで攻めるという感じで進んでいきます。 このような展開に

なった理由として、『モンテビア山形』に在籍していた『ヴィクトリーノ』という絶対的エースがこの夏に
移籍してしまったからでして、彼の移籍のせいで『モンテビア山形』は攻撃力が激減してしまい、
ただでさえ守備的なチームが、より守備的なチームになってしまったからのようです。
 
まんが栄養素-GIANT KILLING ジャイアントキリング 20巻

 
まんが栄養素-GIANT KILLING ジャイアントキリング 20巻
 

そんな『モンテビア山形』の選手たちですが、『ETU』に攻められても集中力を切らさず、『ETU』の

様々な形の攻撃を跳ね返していくこととなります。 とはいえ、『ETU』もただ止められているばかり

ではなく、攻撃をしながらも、『モンテビア山形』の隙を見つけることに成功し、見事に先制点を

決めることとなりました。
 
まんが栄養素-GIANT KILLING ジャイアントキリング 20巻
 

1点リードされたまま前半が終わってしまった『モンテビア山形』は、逆転を目指すこととなります。

とはいえ、攻撃力が弱いことで有名な『モンテビア山形』なので、今のままの布陣ではどうする

こともできず、『佐倉監督』は悩みに悩むこととなります。 一応、『佐倉監督』にも一度やってみたい

布陣があるのですが、そのキーマンとなる『小森』に問題があり、決断することができずにいました。

しかし、そうとも言っていられないほど劣勢でありますし、何よりもこの『vsETU戦』に負けてしまうと

後半戦でいきなり躓くこととなってしまうため、ついに『小森』に試合を任せる決断をします。

 
まんが栄養素-GIANT KILLING ジャイアントキリング 20巻

 

しかし、『ETU』の『達海猛監督』は、様々な研究から『小森』が『モンテビア山形』のキーマンに

なることを読んでいたようで、『小森』に対してETUキャプテンである『村越』をマークに当てさせ、

『佐倉監督』が期待していた展開をあっさりと壊してしまうこととなってしました。
 
とはいえ、様々な伏線を張ってきた上で始まった試合であるので、このまま『ETU』有利のまま

試合が進んでいくわけでは無いようで、次巻以降は、『モンテビア山形』の反撃が始まっていくようです。
『モンテビア山形』の反撃に対して、『ETU』がどのように守りつつも攻撃していくのかが次巻のメインと

なりそうです。 次巻も楽しみです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

о(ж>▽<)y ☆ 面白いです。

今巻は、『佐倉監督』の過去イベントも描かれまして、試合もますます盛り上がってきました。

次巻予告を見る限り、『モンテビア山形』の反撃が『ETU』を苦しめるようです。 そんな『ETU』が

どのように攻めつつも守っていくのかが気になりますね。 次巻も楽しみです。

  

点数的には

100点

です。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。