まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『ラストイニング 29巻 (神尾 龍, 中原 裕)』

 

4091836984 ラストイニング 29 (ビッグコミックス)
中原 裕 神尾 龍
小学館 2011-03-30

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  7巻  8巻  9巻  10巻  11巻  12巻  13巻  14巻  15巻  16巻

               17巻  18巻  19巻  20巻  21巻  22巻  23巻  24巻  25巻  26巻

               27巻  28巻

 

 

【あらすじ】

汗と涙ぁ…そんなモンいらねぇ! かつて名門、今は弱小の私立彩珠学院高校野球部にやってきた問題児監督・鳩ヶ谷圭輔が、硬直しきった高校球界の常識を変える!!

 

 

高校野球マンガの傑作であり、監督マンガの代表格。

学校の経営方針で、もし今夏にある県大会で優勝し甲子園に出場できなければ、

私立彩珠学院高校の野球部は廃部となってしまうという状況の中、

彩学のOBであり詐欺師であった主人公・『鳩ヶ谷圭輔』が監督に就任する。

 

「今後一切、下手な奴と口をきくな!!」

「下手は伝染る!!」

 

というような過激な発言を繰り返しながらも、

 

「ひとつひとつのプレーを大切にな」

「じっくりしっかりミス無くやろう!」

「派手なことや特別なことをする必要は無ない!」

「出来ることを確実にやろう!」

 

という発言で、選手達や保護者達を自分のペースに巻き込んでいく。

 

---------------------------

 

ここからは、29巻の感想。

29巻では、前巻と同様に県大会の決勝・『彩珠学院vs聖母学苑』の攻防が描かれておりまして、
ますます目が離せない展開になっております。

 
そんな29巻のメインとなるのは、もちろん『日高』vs『豊田』ですね。
この場面は、延長10回裏の『聖母学苑』の攻撃の場面でして、『聖母学苑』はピッチャーの『日向』にも

代打を出すなどの全力攻撃をかけることとなり、2アウトながらも満塁まで進めることに成功しました。
そして、そんな場面に登場してきたのが、『聖母学苑』の1年生で4番バッターを務めている『豊田』です。
『豊田』は、この試合1ヒット3四死球という活躍をしており(出塁率100%)、『彩珠学院』としては

絶対にまわしたくないバッターでした。

 
まんが栄養素-ラストイニング 29巻

  

『10回裏』・『1点差』・『2アウト』・『満塁』という場面であるため、当然、勝負を逃げることはできず、

どのようなリードをすべきか迷う『八潮』に対して、『鳩ヶ谷監督』は“オロオロするな”と叱咤します。

その言葉を聞いた『八潮』は『日高』に駆け寄り、どのようなリードをするべきか相談に行ったところ、

『日高』を含め、チームメイト全員が自分の思うままにリードを行うように促され、『八潮』は覚悟を

決めることとなりました。
 
まんが栄養素-ラストイニング 29巻
 
そして、覚悟が決まった『八潮』は、『豊田』に対して、強気のインコース攻めを行います。

『豊田』自身も、自分に対して、ここまで強気にインコース攻めをしてくる投手は初めてのようで、

改めて高校野球の面白さを感じているようです。 とはいえ、『豊田』としては、『彩珠学院』の

バッテリーが最後までインコース攻めをしてくるのではなく、最終的にアウトコースをしてくるはずと

感じ取ったようで、あくまでアウトコース狙いに絞っていくこととなりました。
 
まんが栄養素-ラストイニング 29巻
(↑エース・『日高』は得意のストレートで勝負することを決め・・・・)

 
まんが栄養素-ラストイニング 29巻
(↑4番・『豊田』もストレートに絞って狙い撃ちしようとする)

 

そして、ついに『日高』のラスト一球が投じられることとなりまして、衝撃のクライマックスが

描かれることとなりました。 試合展開及び試合結果に関しては、まだ読んでない方への

ネタバレになってしまうので、詳しくは書きませんが、最後の最後までハラハラドキドキの

素晴らしい展開であったと思いますし、ここまで付き合う価値のある内容の作品であったと

思いました(まあ、まだまだ続くのですけどね)。

 
いや~、本当に面白かったです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

о(ж>▽<)y ☆ 最高に面白いです。

本音を言えば、今巻で終了すべきであったと思います。 とはいえ、まだまだ読んでいたい気持ちも

あったりします(笑)。 次巻以降、「止め時を間違えた」と言われないくらいの内容を期待したいですね。

次巻も楽しみです。

  

点数的には

100点

です。

 

さて、限定版には、ニッポン放送で放送されたラジオドラマCD(2枚組)が付いています。

内容は、『彩珠学院vs聖母学苑』の試合を本当の試合のように実況放送するという面白い内容

でして、漫画を読みながら聴くと、かなり面白いのです。 まあ、解説をしているアンジャッシュの

渡部建さんが、「何でそんな情報まで知っているんだ?」と思うほどに彩珠学院の情報を

知りすぎている部分が気になるところでありますけど(笑)。 でも、これだけの内容で880円は

安いですよね。 単行本を集めているファンならば、絶対に手に入れるべきだと思いますよ。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。