まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『ワンピース(ONE PIECE) 61巻 (尾田栄一郎)』

 

4088701755 ONE PIECE 61 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
集英社 2011-02-04

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら→ 40巻  41巻  42巻  43巻  44巻  45巻  46巻  47巻  48巻  49巻

              50巻  51巻  52巻  53巻  54巻  55巻  56巻  57巻  58巻  59巻

              60巻

 

 

【あらすじ】

ルフィからのメッセージを読み取り、来るべき時に備える“麦わらの一味"。それぞれの想いを胸に、再結集するルフィ達は、「新世界」へ向けて、更なる冒険へと旅立つ!! “ひとつなぎの大秘宝"を巡る海洋冒険ロマン!!

 

 

ついに『白ひげ海賊団』と『海軍(+王下七武海)』との全面戦争が終結。

『白ひげ』の死により、世界が大きく動き出す・・・・。

 

---------

 

さて、ここからは、細かな感想と妄想です(基本的にネタバレ全開なので注意)。

あと、私は単行本派なので連載を一切読んでいません。

本気の突っ込みとか勘弁してくださいm(_ _)m。

 
 

【ルフィの修行】

『レイリー』と『ルフィ』は、『女ヶ島』の北西にある『ルスカイナ』という週に一回季節が変わるという

過酷な島に移動することとなった。 その島は、現時点で、『ルフィ』よりも強い猛獣が500体以上おり、

修行の場としてはうってつけの場所であるようだ。 その場所で、『ルフィ』は『レイリー』に“覇気”という

能力の使い方を教えてもらうこととなり、さらにパワーアップをすることとなった。

 

ちなみに、この“覇気”という能力は3種類存在しているらしい。

 

一つ目は“見聞色の覇気”。 これは、相手の気配をより強く感じることができる“覇気”で、この能力を

高めていけば、相手の行動を読み取ることができるようになるようだ。 この能力は以前から登場して

おり、一番近い例では、『コビー』が『白ひげ海賊団』と『海軍』との全面戦争のラストの方で覚醒させ、

争いを一瞬だが止める役割を果たしている。 ちなみに、スカイピアで出てきた心綱(マントラ)も

この“見聞色の覇気”であるようだ。

 

二つ目は“武装色の覇気”。 これは、見えない鎧を着るイメージの能力で、この“覇気”を纏ったまま、

攻撃を加えれば、自然系の能力者にも攻撃を加えることができるようだ。 もちろん、『白ひげ』と『青雉』

との戦いからも、相手の能力が高ければ“覇気”を持ってしても攻撃を加えることができないようなので、

ここら辺の説明はいずれ描かれていくのだろう。 恐らく、これから最もメジャーな“覇気”ではないかと

思われる。

 

そして、三つ目は“覇王色の覇気”。 これは、相手を威圧する能力で、鍛えて得られる能力ではなく、

素質が無いと使えないらしい。 この能力は、コントロールはできても、鍛え上げることはできないらしく、

使用者の成長に比例して強化されていくらしい。 『ルフィ』はこの能力の素質もあるようなので、恐らく、

これからは雑魚相手に多用していくのだろう。

 
まんが栄養素-ワンピース(ONE PIECE) 61巻

 

そして、その修行を終え、2年後、シャボンディ諸島へ。

『ルフィ』は早速、偽・『麦わらの一味』や『海軍』を相手に、3種類の“覇気”を使いこなし撃退するという

活躍をみせることとなった。 とはいえ、まだまだ本気ではないので、どれくらい強くなったかは不明。
恐らく、魚人島で強敵に出会うことで、そのパワーアップの様子が描かれていくのではないかな、と。

 

 

【2年後の世界状況】

2年後では、『キッド』・『ドレーク』などの『麦わら一味』と同期組が“新世界”を掻き回しているようで、

“新世界”でも大きな世代交代が起きつつある模様)。 また、その状況から海軍も本部を“マリンフォード”

から“新世界”へ移し、“4皇”や“海賊達”に睨みをきかそうとしている(“4皇”という言葉がある所からも、

現時点でも、新世界には4つの勢力がある模様。 もしかしたら、白ひげ海賊団に代わって黒ひげ海賊団

が選ばれているのかもしれない)。 海軍が“新世界”へ行ってしまったことで、シャボンディ諸島の治安が

悪くなったようで、2年前よりも無法地帯が増えてしまったようだ。 ちなみに、『ルフィ』を含む“麦わら一味”

は2年の間、音沙汰がなかったため死亡説が流れていたようで、結果、彼らの名をかたる偽物が現れる

こととなった。もちろん、その偽物はあっさりと海軍にやられてしまい捕まってしまったわけだが、

この事件からも『ルフィ』が起こした事件の大きさと『ルフィ』の知名度の高さを感じることができる。

 

 

【麦わら一味の動向】

①“海賊狩り”のロロノア・ゾロ

『くま』により、グランドラインにある『シッケアール王国の跡地』へ飛ばされた『ゾロ』だが、

そこで王下七武海・ミホークと出会う。 『ルフィ』の「2年後に」というメッセージを受け取ったことで、

ナント『ゾロ』は『ミホーク』に弟子入りすることを志願してしまう。 『ミホーク』はさすがにその態度に

不信感を持ったようだが、『ゾロ』の覚悟を感じ取り、『ゾロ』に剣を教えることになったようだ。

2年後では、巨大ガレオン船を真っ二つにしたり、『パシフィスタ』を一瞬で切り倒したりと、

『ルフィ』と同じくかなりの成長を遂げている(恐らく覇気も取得していると思われる)。

まあ、方向音痴は相変わらずのようだけど(笑)。 ちなみに、海に入っても大丈夫だったため、

悪魔の実を食べていないと思われる。

  

②“泥棒猫”ナミ

『くま』により、小さな空島にある天候を科学する国・『ウェザリア』へ飛ばされたナミも、

『ルフィ』の「2年後に」というメッセージを受け取ったことで、2年間、『ウェザリア』で天候の勉強を

していたようだ。 2年後では、髪の毛が長く伸び、全体的に大人っぽくなった。 また、偽・麦わら

一味に対して、雷を操る攻撃をしているところからも、戦闘能力自体もかなりアップしている模様。

ちなみに、現時点で、悪魔の実を食べているような様子はない。

 

③“狙撃の王様”ウソップ

『くま』により、グランドラインにある『ボーイン列島』へ飛ばされたウソップも、『ルフィ』の「2年後に」と

いうメッセージを受け取ったことで、『ボーイン列島』の住人・『ヘラクレスン』に弟子入りをすることに・・・。

2年後では、偽・麦わら一味に対して、新必殺技・『ポップグリーン』で攻撃を仕掛けたシーンからも、

かなり度胸がついたようだ(見た目も筋肉質になりワイルドになっている)。ちなみに、『ポップグリーン』

とは、『ボーイン列島』に生息する凶暴な植物のことで、『ウソップ』はその『ポップグリーン』の種を

自在に操ることで、敵に攻撃する技を覚えたようだ。 ちなみに、現時点で、悪魔の実を食べている

ような様子はない。
 

④“黒足”のサンジ

『くま』により、グランドラインにある『カマバッカ王国』へ飛ばされたサンジも、『ルフィ』の「2年後に」と

いうメッセージを受け取ったことで『カマバッカ王国』で修行をすることとなった。 その修行の内容は、

『カマバッカ王国』に伝わっている攻めの料理・“99のバイタルレシピ”を手に入れるために、『カマバッカ

王国』の新人類拳法の師範・99人を倒すこと。 2年後では、その修行を見事にクリアしているようで、

戦闘能力も『パシフィスタ』を一瞬で蹴り倒すことができるレベルまで達している(恐らく、覇気も取得済み

だと思われる)。 しかし、2年間の『カマバッカ王国』の生活により、女性に対して決定的に弱くなっており、

『ナミ』・『ロビン』を見ただけで鼻血を出して倒れ、『ハンコック』を見ただけで石化してしまうほどに弱体化

してしまった。 この弱点をどこかで克服できるイベントが描かれる予定はあるのだろうか? ちなみに、

現時点で、悪魔の実を食べているような様子はない。

 

⑤“わたあめ大好き”チョッパー

『くま』により、南の海にある鳥が人を支配する国・『トリノ王国』へ飛ばされたチョッパーも、『ルフィ』の

「2年後に」というメッセージを受け取ったことで『トリノ王国』で医学の勉強と体力アップをすることに・・・。

2年後では、変身したときに少し成長していたり巨大な鳥と仲良くなったりと、彼なりに成長している模様。
 

⑥“悪魔の子”ニコ・ロビン

『くま』により、東の海にある橋の上の国・『テキーラウルフ』へ飛ばされたロビンも、『ルフィ』の「2年後に」

というメッセージを受け取ったことで、助けてくれた革命軍と2年間、共に行動をしていた模様。 見た目は、

髪をオールバックにして、サングラスを標準装備している感じに変わっており、大人っぽくなっている。

『フランキー』の『くま』の話を聞いている様子からも、『くま』や革命軍に関する情報を得ていると思われ、

恐らく、これからは小出しにそれらの情報が『ルフィ』に伝えられていくと思われる。
 

⑦“鉄人”フランキー

『くま』により、グランドラインにある『未来国バルジモア』へ飛ばされたフランキーも、『ルフィ』の「2年後に」

というメッセージを受け取ったことで、もう一つの『Dr.ベガパンク』の研究所で人体改造を行うこととなった。

2年後では、人体改造を行いすぎたのか、巨大化+原型をほとんど留めていないため、恐らく、この

2年間で一番外見が変わったキャラクターだろう。ちなみに、彼は他のメンバーとは違い、『Dr.ベガパンク』

の研究所と貴重な研究資料が爆発してしまう事件(バルジモアの悪夢)や、トラの敷物による事故(バルジ

モアの燃える霊獣伝説)などの事件を起こしているため、恐らく、懸賞額が跳ね上がっていると思われる。

『バルモジアの悪夢』の内容から考えて、2億~3億くらいは跳ね上がっていそうだが・・・?
 

⑧鼻唄のブルック

『くま』により、グランドラインにある貧困の国・『ハラヘッターニャ』へ飛ばされたブルックも、『ルフィ』の

「2年後に」というメッセージを受け取ったことで、なぜか、ソウルキングとして生きていくことに・・・。

2年後では、大スターになっており、かなりの有名人であるようだ。 修行自体していなさそうなので、

強さは変わらなそうだが、有名人だけに彼の知名度を利用したイベントが今後描かれていくのだろう。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

о(ж>▽<)y ☆ 面白すぎます。

新章に入ったことでますます面白くなっていますし、何よりもキャラクターがより魅力的になりましたね。

次巻以降も大いに期待していきたいですね。

  

点数的には

100点

です。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。