まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『ブロッケンブラッド 6巻 (塩野干支郎次)』

 

4785935049 ブロッケンブラッド6 (ヤングキングコミックス)
塩野 干支郎次
少年画報社 2010-11-09

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻  3巻  4巻  5巻

 

 

【あらすじ】

先祖の錬金術師の血の迷いと、守銭奴の従姉・四方田礼奈の野望で、男なのに魔女っ子になり、〔ブロッケンの血族〕の力を悪用する輩と戦いつつ、国民的アイドルグループKGB48の中心メンバー「ノイシュヴァンシュタイン桜子」としての活動もしているドイツ系三世の主人公・守流津健一。全員女装男子で組んだ3人組ユニット・「カッシュマッシュ」もますます注目を集め……!?

 

 

何というか、一言で言えば、『素敵な、おバカ漫画』です(笑)。

 

まず、設定からおバカです。

主人公の先祖が『魔女』を創ることに成功したのですが、現代にその理論を悪用する輩が現れたため、

子孫で男子高校生・守流津健一が、女装を強要され、美少女に変身しその悪を倒すマンガです(笑)。

しかも、ひょんなことから『ノイシュヴァンシュタイン桜子(女装)』という名前でアイドルデビューしてしまい、

一躍、トップ美少女アイドルとしても大活躍してしまうという、ある意味なんでも有りな作品です。

『男の子なのに嫌々女装させられ、強制的にアイドルとして活躍することになってしまった』

という不幸な主人公に萌えながら楽しむ作品でして、『萌え』と『ギャグ』の融合が素晴らしく、

読んでいる間、ニヤニヤと笑いが止まらないという素晴らしい出来の作品となっております(^^ゞ。

 

---------

 

ここからは、6巻の感想。

6巻では、5巻までと同様に『ノイシュヴァンシュタイン桜子』を中心としたアイドルユニット・『カッシュ

マッシュ』の活躍を描きつつも、『源太郎』の母親が登場したり、『健一』の父親が登場したり、

『替え玉ちゃん』の姉が登場したりと新キャラクターが多く登場することとなりました。

 
そんな6巻の中で面白かったのは、第4話の埋蔵金事件ですね。

このイベントは、コピーライター・『重井紗緒里』という人物が“とある海岸付近”に浦島太郎の埋蔵金が

眠っているという主張していたところ、そのことが『テレビ局』とKGB48のプロデューサー・『兼野成樹』の

耳に入ることから始まったイベントでして、KGB48のプロデューサー・『兼野成樹』が埋蔵金発掘と

KGB48のライブイベントを連動させる大イベントを演出することとなりました。

 
この話の面白いところは、KGB48のプロデューサー・『兼野成樹(かねのなるき)』ですね。

彼のモデルとなっているのは、AKB48のプロデューサー・『秋元康』でして、この作品では拝金主義的な

部分が強調されて登場しています。 このKGB48のプロデューサー・『兼野成樹』ですが、現実の

AKB48と同じようにかなりあくどい商売・・・・いや人の欲を上手く利用した商売をしているようでして、
今回の埋蔵金発掘でもその才能がいかんなく発揮されているようです(笑)。
 
まんが栄養素-ブロッケンブラッド 6巻
(↑KGB48のプロデューサー・『兼野成樹』による搾取方法が説明されるシーン)
 
で、

今回の『兼野成樹』のファンの搾取方法としては、わざわざKGB48内に『埋蔵金見つけ隊』という

新ユニットを作り、そのユニットによるCDについている応募券を送ってきたファンを埋蔵金発掘の

スタッフとしてタダ働きさせるということでして(一応、ミニコンサートあり)、CDの売り上げがある上に

埋蔵金発掘のための人件費はゼロという一石二鳥な方法であります(笑)。 ちなみに、この方法は

過去のイベントでも使われていたそうで、『カッシュマッシュ』のCDを購入し応募券を送ってきたファンに

ファンサービスという名で『ノイシュヴァンシュタイン桜子』が出演する映画にエキストラとして出演して

貰っていたようです(当然、タダ働き)。

 

まあ、ファンとしては例えタダ働きと判っていても、他のファンとは違う限定的な体験が出来ていたり、

映画のエキストラとして『ノイシュヴァンシュタイン桜子』と同じ現場にいれたりしているようなので、

喜んで受け入れるでしょうね。 上手い商売を考えるものですね。 恐らく現実の世界でもこのような

やり方でファンを誘導すれば絶対に成功しそうな感じがしますし・・・。

 
もし、次巻があるならば、ぜひとも『兼野成樹』に再登場してもらい、新たなる商売を描いていって

欲しいですね。 もちろん、そのためには、もっとAKB48が活躍しないといけないのでしょうけどね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

面白いです(^^ゞ。

前巻を読んだときはマンネリ感を感じていたのですが、今巻はマンネリ感を一切感じず最後まで

楽しく読むことが出来ました。 上記の感想では取り上げませんでしたが、第5話の『替え玉ちゃん』の

関連イベントもお気に入りでして、ぜひとも『替え玉ちゃん』のお姉さんの再登場を期待したいですね。

次巻も楽しみです。

 

点数的には

94点

です。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。