まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『からん 5巻 (木村紺)』

 

4063107035 からん(5) (アフタヌーンKC)
木村 紺
講談社 2010-10-22

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻  3巻  4巻

 

 

【あらすじ】

国体予選京都大会が始まった! 参加階級の規定内に収めるため、ハードな減量を行った大石萌。なんとか大会当日までに間に合わせることはできたが、その前に萌をライバル視する実力者、洛彩女子高の大和美和子が立ちはだかる。体調、そして萌への対応策も万全の彼女を倒さない限り、全国へのチケットは手に入らない!

 

 

柔道をテーマとした作品です。

 

京都にある名門女子高・『望月女学院高等学校』に入学が決まった主人公・『高瀬雅』。

中学時代は、柔道一筋で、柔道44kg以下級の京都2位という実力者(初段持ち)。

その彼女がこの『望月女学院高等学校』を選んだ理由は、柔道48kg以下級の京都代表で、

攻撃的な柔道スタイルで、総体全国大会でベスト4になった『大石萌』がいるから。

破天荒な性格で周りの人々を巻き込みつつ、彼女の柔道生活は続いていく・・・・。

 

という感じで始まる作品です。

破天荒で二枚目な性格の主人公・『高瀬雅』が、お気に入りのクラスメイトを柔道に巻き込んで、

そのクラスメイトと共に、柔道生活に汗を流すというストーリーです。

 

----------

 

ここからは、5巻の感想。

5巻では、『大石萌』の減量イベントが描かれつつも、国体予選京都大会が始まりました。

また、それと同時に、『九条京』の舞妓のお見世出しも描かれることとなりました。

 

そんな5巻のメインとなるのは、もちろん国体予選京都大会ですね。

国体予選京都大会とは、その名の通り、国体の京都予選のことでして、『望月女学院高等学校』からは

キャプテンの『大石萌』のみ出場しております。 ちなみに、『大石萌』は去年のインターハイで4強入り

したため、今回の大会では優勝候補筆頭と思われているようでして、大きな注目を浴びているようです。

 

そんな国体予選京都大会が始まったのが今巻です。

この大会前に、『大石萌』による過度な減量イベントが描かれていたので、さすがの『大石萌』でも

苦戦していくイベントが描かれていくのかな~と思いきや、大会が始まってしまうといつも通りの

『大石萌』に戻っておりまして、この大会に出場している猛者達をあっさりと倒していくこととなりました。
 
まんが栄養素-からん 5巻
(↑公式戦でも、釣り手のみの袖釣りで豪快に投げきる『大石萌』)
 

とはいえ、さすがに京都は広く、あの『大石萌』と互角に戦える人物が登場してきました。

その人物とは、京都での有名な柔道エリート一家の長女・『大和美和子』という人物でして、

あの『大石萌』をあと一歩まで追い詰めるほどの実力の持ち主です。 まあ、結果的には、

『大石萌』が最後の最後で本気になったことで、『大和美和子』は投げられてしまうわけですが、
この大会では、唯一『大石萌』を追い詰めた実力者だけに、次のインターハイでの彼女のリベンジは

かなり見所になるのではないかと思われます(まあ、相当先になりそうですけど・・・)。
 
そして、次巻以降は、恐らく、インターハイに向けての練習が開始されると思われます。

インターハイ予選で、『望月女学院高等学校』が団体戦などに参加するならば、『高瀬雅』だけでなく

『九条京』らの活躍も期待できそうですね。 まあ、『九条京』らが間に合うのかどうかは判りませんが・・。

 

次巻も期待したいですね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

面白いです(^^ゞ。

今巻は、『大石萌』の豪快な柔道を描くための巻であったと思います。

そのため、テンポ良く話が進んでいきましたし、非常に面白い内容であったと思います。

次巻も楽しみです。

 

点数的には

95点

です。

 

  

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。