まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『木曜日のフルット 1巻 (石黒正数)』

 

4253216102 木曜日のフルット 1 (少年チャンピオン・コミックス)
石黒 正数
秋田書店 2010-10-08

by G-Tools

 

 

【あらすじ】

半ノラ猫のフルットとダメ飼い主の鯨井先輩のスローライフな日々…。ゆるゆる猫コメディー登場!!

 

 

『それでも町は廻っている』の石黒正数先生の最新作です。

 

『鯨井早菜』は定職につかないフリーターの女の子で、パチンコやマージャンなどのギャンブルを

愛するキャラクター(でも極端に弱い)。 そんな彼女と、その彼女に飼われている猫・『フルット』の

スローライフな日々を描くコメディー漫画。

 

という感じの作品でして、主人公・『鯨井早菜』と飼い猫・『フルット』の日常をゆるーく描いている

1話2ページのコメディー漫画です。

 
まんが栄養素-木曜日のフルット 1巻

(↑ギャンブルが弱い主人公・『鯨井早菜』と、そのせいでいつも餌を減らされる『フルット』)
 

内容的には、ギャンブル好きな主人公・『鯨井早菜』の日常と、飼い猫・『フルット』の日常を

1話2ページで描かれているという感じでして、『鯨井早菜』パートでは後輩の『頼子』との会話や

漫画家・『白川先生』のアシスタント話などが描かれてまして、『フルット』パートでは近所の

野良猫達との会話や『鯨井早菜』を観察する話などが描かれております。
 
1話2ページということで、基本的にはストーリー進行がほぼゼロのコメディーマンガなのですが、

たまに主人公・『鯨井早菜』と飼い猫・『フルット』の出会いなどが描かれる過去イベントなどや

主人公・『鯨井早菜』の意外な能力(編集能力や負けず嫌いとか)が描かれる話などが収録されて

いたりするので、意外と飽きずに最後まで一気に読むことが出来ました。

 

まあ、ただ、内容的に単行本などに収録されているおまけ漫画程度のクオリティーな作品なので、

正直、作者のファン以外の方が楽しめるかどうかは判りませんけどね・・・。 とりあえず、

1巻に関しては、ファン以外の方ははスルーでいいのではないかな、と思いますよ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

『それでも町は廻っている』の石黒正数先生の最新作です。

『それでも町は廻っている』とは違い、1話2ページのゆるーい日常漫画でして、

全てのキャラクターが3頭身で描かれているのが特徴的ですね。 内容的には単行本などの

おまけ漫画のような感じの作品でして、正直、面白いかどうかは人それぞれといった感じかな、と。

まあ、作者らしい作品なので、ファンならば楽しめると思いますよ。

 

点数的には

75点

です。

 

ちなみに、時々、『それでも町は廻っている』のキャラクターが若返って出演してきているので、

時系列的には、『それでも町は廻っている』よりもかなり前の時代のようですね。

まあ、世界が繋がっているのかどうかは不明ですけど・・・。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。