まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『トリコ 10巻 (島袋光年)』

 

4088700759 トリコ 10 (ジャンプコミックス)
島袋 光年
集英社 2010-07-02

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻・2巻  3巻  4巻  5巻  6巻  7巻  8巻  9巻

 

 

【あらすじ】

トリコ等を襲う美食會現る! 滝丸は驚異の骨格を操るボギーの一撃に貫かれ、マッチは残虐非道なバリーに部下を打ちのめされる! 更にトリコは、トミーの果て無き昆虫攻撃の餌食に! 幻のスープの行方は!?

 

 

美食屋『トリコ』が活躍するアクションマンガ。

 

世はグルメ時代・・・未開の味を探求する時代。

その未開の味を求めまだ見ぬ食材を自ら探し捕食する『美食屋』が多く存在し、

その『美食屋』の中で“四天王”の一人として活躍するのが主人公・『トリコ』。

その主人公・『トリコ』と、高級ホテル『ホテルグルメ』で料理長を務める『小松』が、

新たな未開の味を求めて旅を続けていく・・・。

 

という感じのストーリー展開の作品で、人間離れした身体能力を持つ主人公・『トリコ』が、

普通の人間では捉えることのできない巨大な生物達をバッタバッタとなぎ倒し、

そしてその巨大な生物達を食するというアクションファンタジーマンガです。

 

----------

 

ここからは、10巻の感想。

10巻では、前巻から引き続き、『センチュリースープ』を求めて、極寒の大陸・『アイスヘル』へ向かう

こととなり、『アイスヘル』の自然環境に立ち向かいながら、『美食會』との戦いを繰り広げています。

 
そんな10巻のメインとなるのは、やはり『トリコvsトミーロッド』の戦いなのですが、

個人的には、リーゼントの食の再生屋・『鉄平』の登場が一番興味深かったですね。

 

『鉄平』とは、『ノッキングマスター・次郎』を若くしたような容姿のリーゼントな青年でして、

今巻のイベントにより、彼の正体が“食の再生屋(グルメリバイバー)”であることが判明しました。 
ちなみに“食の再生屋”とは、希少な食材の保護を行ったり、全滅危惧種の繁殖、枯れた土壌の回復など

世界中の食を枯渇から守る職の救急隊のようなもので、食材の捕獲を仕事ととしている“美食屋”とは

全くの正反対の仕事をしている職業だそうです(この『鉄平』はフリーの再生屋だそうです)。
 

そんな彼の目的は、“ある人”の依頼でセンチュリースープの調査に来たようでして、

他の美食屋のように100億円が目当てに来たわけではないようです。 また、彼のもう一つの

目的として、グルメショーウインドー自体の保護もあるようで、いずれ“グルメ世界遺産”に選ばれるかも

しれないグルメショーウインドーを『トミーロッド』から守ろうとするシーンも描かれております。

 
恐らく、次巻では、彼と『トミーロッド』との戦いが描かれることとなると思われます。

もちろん、ここで『トミーロッド』が負けてしまうというシナリオは無いと思われるので、何かしらの

ハプニングなりイベントなりが起きて、この2人の勝負自体が流れてしまうのだと思いますが・・・。
(もちろん、『トミーロッド』が彼に負けてしまうというシナリオも面白いのですけど・・・)
 
次巻への引きも上手かったですし、GTロボの件もあるので、次巻も見逃せませんね。
次巻も楽しみです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

面白いです(^^ゞ。

上記では取り上げませんでしたが、『トリコ』と『トミーロッド』の戦いも面白かったです。

というか、今回の戦闘で、『トリコ』の腕がぶち切れてしまいましたが、直るのでしょうか?
この世界の医療レベルが気になりますね。

 

点数的には

92点
です。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。