まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『ブロッケンブラッド 5巻 (塩野干支郎次)』

 

478593381X ブロッケンブラッド5 (ヤングキングコミックス)
少年画報社 2010-05-12

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻  3巻  4巻

 

 

【あらすじ】

先祖の錬金術師の妄執と、従姉である四方田礼奈(よもだれな)の策略で、なんの因果か男なのに魔女っ子となり、「ブロッケンの血族」の力を悪用する輩と戦いつつ、超人気現役女子中学生アイドル「ノイシュヴァンシュタイン桜子」として活躍しているドイツ系三世の主人公・守流津健一(しゅるつけんいち)。大好評「女装」錬金バトル・シーズン5!!

 

 

何というか、一言で言えば、『素敵な、おバカ漫画』です(笑)。

 

まず、設定からおバカです。

主人公の先祖が『魔女』を創ることに成功したのですが、現代にその理論を悪用する輩が現れたため、

子孫で男子高校生・守流津健一が、女装を強要され、美少女に変身しその悪を倒すマンガです(笑)。

しかも、ひょんなことから『ノイシュヴァンシュタイン桜子(女装)』という名前でアイドルデビューしてしまい、

一躍、トップ美少女アイドルとしても大活躍してしまうという、ある意味なんでも有りな作品です。

 

『男の子なのに嫌々女装させられ、強制的にアイドルとして活躍することになってしまった』

という不幸な主人公に萌えながら楽しむ作品でして、『萌え』と『ギャグ』の融合が素晴らしく、

読んでいる間、ニヤニヤと笑いが止まらないという素晴らしい出来の作品となっております(^^ゞ。

 

---------

 

ここからは、5巻の感想。

5巻では、『ノイシュヴァンシュタイン桜子』を中心としたアイドルユニット『カッシュマッシュ』の活躍を

描きつつも、新たなる敵との戦いが描かれることとなりました。

 

そんな5巻で面白かったのが、第5話の時代劇の話ですね。

この話は、『ノイシュヴァンシュタイン桜子』が時代劇の撮影現場で起こっている怪事件を解決するために

そのドラマに出演することとなるという感じで始まった話でして、お決まりの入浴シーンはもちろんのこと、

和服姿の可愛い姿を披露しつつも、いつも通り、怪事件に巻き込まれていくことになりました。
 
まんが栄養素-ブロッケンブラッド 5巻
(↑着物姿のアイドル・『ノイシュヴァンシュタイン桜子』。※注意:男の子です
 

もちろん、この話の面白いところは、『ノイシュヴァンシュタイン桜子』の可愛い姿などではなく(笑)、
『ノイシュヴァンシュタイン桜子』が出演することとなった時代劇・『光圀公江戸日記』の路線変更ですね。

この時代劇・『光圀公江戸日記』とは、当初、水戸光圀が一切働かない時代劇・『水戸黄門』のような話の

ドラマだったのですが、視聴率低迷をきっかけに水戸光圀が戦隊モノのような格好をして敵を倒して

いくというような作品に路線変更を行ってしまった時代劇でして、主人公の「もはや時代劇じゃねぇ」と

いう言葉からも判るとおり、時代考証とか超無視の時代劇に仕上がっております(笑)。

(とはいえ、助サン格さんだけでなく、水戸光圀までも変身して戦う姿は非常に斬新でありますし、)

(超必殺技・『ファイナル副将軍アタック(ライダーキック)』の格好良さは一見の価値があると思います)

 
そんな路線変更をした『光圀公江戸日記』の撮影現場で、リストラされた俳優が暴れるという怪事件が

起こることとなります。 通常であれば、『ノイシュヴァンシュタイン桜子』が変身して怪事件を起こした

張本人と戦うこととなるのですが、今回の話は何故か、『幕末ん坊将軍』の『産婆平健(徳川家定)』が

スケットとして現れ、『水戸光圀』と共に、その怪事件をあっさりと解決してしまいます(笑)。
 
「おまえらだけで解決したら、『ノイシュヴァンシュタイン桜子』が現場に来る意味ないじゃん!」

とか思うわけですが、『水戸光圀』と『徳川家定』による『ダブル将軍アタック』は格好良かったので、

まあ、これはこれでこの作品らしい面白い展開だな~、と思いました(笑)。

 

いや~、面白かったですよ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

相変わらず、面白いです(^^ゞ。

今巻は、再登場キャラクターが多数登場して、『ノイシュヴァンシュタイン桜子』が戦うシーンが

ほとんど無かったのが印象的でしたね。 まあ、戦闘シーン自体、おまけのようなものなので、

個人的には、このままの路線のまま突っ走って欲しいところですけど(笑)。

 

点数的には

92点

です。

 

とはいえ、さすがに5巻目になると、マンネリ化してきたような気がします。

できることならば、何かしらマンネリ打破するような展開が見てみたいですね。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。