まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『清々と 1巻 (谷川史子)』

 

4785932899 清々と 1巻 (ヤングキングコミックス)
少年画報社 2009-12-28

by G-Tools

 

 

【あらすじ】

田中清(さや)は名門女子校・鈴蘭女学院の新入生。憧れだった制服に身を包み、期待に胸を膨らませて入学した清ですが、周りの友達は本物のお嬢様だらけで、ちょっと気後れ気味……果たして清は淑女になれるのでしょうか? ひとつの女子校の中で繰り広げられる、生徒の、そして教師の、ほんのり泣けるあったかい物語が詰まった、ココロ洗われる今どき珍しい本当の乙女の物語―――。

 

 

名門女子高校に通う人々を描くオムニバス作品です。

 

「ごきげんよう」の挨拶で始まる名門女子高校・『鈴蘭女学院』。

石畳の坂の上の古い石造りの校舎で生まれる生徒と教師の物語。


という感じの作品でして、『鈴蘭女学院』に憧れて入学してきた新入生・『田中清』が

特殊な環境に戸惑いながらも自分がこの学校でしたいことを見つけていく話や、

『鈴蘭女学院』出身の英語教師(24歳)が生徒とのコミュニケーションに悩む日々を描く話、

誰からも愛されている校長先生の若い頃を描く話の4編が収録されています。

 

個人的なお気に入りは、やはり表紙の女の子・『田中清』の話ですね。

この『田中清』は、名門女子高校・『鈴蘭女学院』に入るために一生懸命勉強してきた女の子で、

なんとか無事合格して、この4月よりこの『鈴蘭女学院』の生徒として入学してきました。
 

この話は、そんな彼女の名門女子高校・『鈴蘭女学院』での日常を描きつつも、

部活動に入部するという話をきっかけに将来のことを考える話や、入部することとなった園芸部の

顧問の先生に憧れつつも一番最初に友人となった女の子とのやり取りを描く話が描かれています。

この2つの話に共通する部分は、『おっちょこちょい』なのだけど『一生懸命』な主人公の姿でして、

周りの人々に比べて自分には夢(将来)を持っていないことに焦りつつも悩んでしまったり、

自分のクラスの副担任であり園芸部の顧問でもある『本八幡先生(男性)』に惚れてしまったりと、

思春期の女の子らしいイベントが描かれつつも、それらをなんとか解決しようと一生懸命努力する姿は

非常に魅力的で共感を持って読むことができました(^^ゞ。

 
いや~、面白かったですよ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

面白いですね(^^ゞ。

名門女子高校を舞台としたオムニバスストーリーという作品なのに、

単行本の半分は、教師の話を描いているというのも面白いですね。

まあ、個人的には、オムニバスではなく、『田中清』の話で統一してほしかったですけど・・・。

 

点数的には

90点

です。 
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。