まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『ふたつのスピカ 16巻 (柳沼行)』

 

4840129231 ふたつのスピカ16 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
メディアファクトリー 2009-10-23

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻~14巻  15巻

 

 

【あらすじ】

宇宙学校の4年生にただひとり進級したアスミ。特別訓練のあと、有人ロケットに乗り込むことになったアスミは、府中野、ケイ、マリカ、そして日本中の人たちが見守る中、ついに宇宙へ――。

 

 

宇宙飛行士を目指す女の子を描くSFファンタジー。


日本発の有人宇宙調査ロケット『獅子号』の墜落事故で母親を失った主人公・『鴨川アスミ』。

その主人公・『鴨川アスミ』は、その『獅子号』のパイロットであった幽霊・『ライオンさん』と出会い、

宇宙飛行士になるために、宇宙学校の入学試験を受ける・・・。

 

という感じのストーリー展開の作品でして、西暦2024年という少し未来を舞台として、

主人公・『鴨川アスミ』が様々な障害を乗り越えて宇宙飛行士を目指す作品です。

 

-----------

 

ここからは、16巻の感想。

16巻では、宇宙飛行士になる資格を持った『鴨川アスミ』が多くの人の想いと共に、

日本が開発した有人ロケット『獅子号』に乗り、宇宙に旅立つ様子が描かれることとなりました。

 

そんな16巻の注目点は、もちろん全てです(^^ゞ。

『鴨川アスミ』が宇宙飛行士に選ばれ宇宙へ旅立つまでの間に描かれる周りの人々の心境から、

『鴨川アスミ』が宇宙へ旅立ち、その宇宙での船外活動(太陽発電衛星を取り付ける)を行う姿、

その『鴨川アスミ』が宇宙から唯ヶ浜に帰ってきてから描かれた『ライオンさん』との再会と別れ、

そして、その宇宙飛行から1年後の世界を描くエピローグまで多くの話が描かれました。

 

その16巻で個人的に一番気に入ったシーンは、『宇喜多万里香』と『近江圭』との関連シーンですね。

15巻で描かれた『国立東京宇宙学校』の卒業イベント後、『宇喜多万里香』は『国立東京宇宙学校』の

『医学コース』に編入しましたが、『近江圭』は『国立東京宇宙学校』を卒業し写真学科のある大学へ

進学したため、この2人は別れ別れになってしまいました。 しかし、事あるごとに『近江圭』の方が、

『宇喜多万里香』のところを訪れているようでして、友達関係はずっと続いているようです。

 

(レンタカーで唯ヶ浜へ向かう途中、車のバッテリーがあがってしまい立ち往生の場面で)

    「こんな状況でよくのん気に本なんて読んでいられるわね、マリカ!」

万里香 「じたばたしたってしょうがないでしょ、車が動いてくれない限りは」

    「こういう時はじたばたに参加することも大事なの!」

      「そんでああだこうだしているうちに思い出話が始まったりするもんなの!」

万里香 「わかったわよ、もう」

      「どんな思い出話が聞きたいわけ?」

    「決まっているでしょ」

      「宇宙学校かの入学試験から今までのこと、全部」

 

上記は一見、友人同士の何気ない会話ですが、この2人が出会った頃のことを考えると(1巻)、

「万里香はこんなにも圭に心を開いたんだな~」と感慨深く感じてしまいました(^^ゞ。
特に、『万里香』の「どんな思い出話が聞きたいわけ?」と嫌な顔を一切せずに問い掛けるシーンは、

個人的に「おお!!」と思ったシーンでして、現在のこの2人の関係を非常に上手く描いているシーンだと

感じました(『鴨川アスミ』が宇宙へ旅立つ前日のこの2人のイベントも良かったです)。
 
また、

この2人の関係以外にも、『府中野新之介』と『鴨川アスミ』との幼馴染な関係が描かれたり、

『鴨川アスミ』と『ライオンさん』との別れが描かれたり、新たに『ウサギさん(鈴木秋?)』が登場したりと、

この作品の最終巻・・・・集大成として相応しい話が多く描かれたのも非常に印象に残りました。 

 

今巻を買ってきてからは、最初から何度も読み返しています。

『良作』という評価ではなく、素直に『傑作』と言える素晴らしい作品だと思います(^^ゞ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

最終巻です。

今巻を読んで、この作品が私にとって一生手放したくない作品になりました(^^ゞ。

もし、この作品を読んだ事が無いならば、ぜひとも一度読んで戴きたいですね。

私の中で、今年発売された作品の中で一番面白い作品でした。 絶対にお薦めです。

 

点数的には

100点

です。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。