まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『ラストイニング 22巻 (神尾 龍, 中原 裕)』

 

4091825664 ラストイニング 22 (ビッグコミックス)
小学館 2009-07-30

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  7巻  8巻  9巻  10巻  11巻  12巻  13巻  14巻  15巻  16巻

               17巻  18巻  19巻  20巻  21巻

 

 

【あらすじ】

汗と涙ぁ…そんなモンいらねぇ! かつて名門、今は弱小の私立彩珠学院高校野球部にやってきた問題児監督・鳩ヶ谷圭輔が、硬直しきった高校球界の常識を変える!!

 

 

高校野球マンガの傑作であり、監督マンガの代表格。

学校の経営方針で、もし今夏にある県大会で優勝し甲子園に出場できなければ、

私立彩珠学院高校の野球部は廃部となってしまうという状況の中、

彩学のOBであり詐欺師であった主人公・鳩ヶ谷圭輔が監督に就任する。

 

「今後一切、下手な奴と口をきくな!!」

「下手は伝染る!!」

 

というような過激な発言やハッタリを繰り返しながらも、

 

「ひとつひとつのプレーを大切にな」

「じっくりしっかりミス無くやろう!」

「派手なことや特別なことをする必要は無ない!」

「出来ることを確実にやろう!」

 

という発言で、選手達や保護者達を自分のペースに巻き込んでいく。

 

---------------------------

 

ここからは22巻の感想。

22巻では、準決勝の『彩珠学院vs安政大安政』の試合の後半部分が描かれまして、

この結果により、甲子園を掛けた決勝戦のカードが決定しました。

 

今巻のメインとなるのは、もちろん『彩珠学院vs安政大安政』の試合ですね。

前巻で、『安政大安政』のエース・『新谷』のマジックのような投球の種明かしと攻略方法が描かれ、

今巻では、その攻略方法により、『新谷』のマジックのような投球を具体的に攻略することになりました。

 

その攻略法とは、『絶対安全ストライクゾーン』を完成させない事。

つまり、スロースターターの『新谷』の外に流れる球(ボールになる球)を見逃さずに振っていくことで、

アウトになったとしても、『絶対安全ストライクゾーン』というモノを完成させないという攻略方法です。

『新谷』のマジック投法は、前半での充分な種まきにより光ってくる投法なので、この方法により、

『絶対安全ストライクゾーン』を封じると共に、“相手が絶対に振ってこない”という自信も封じられ、

このことで、『新谷』は“イケメンの普通のいいピッチャー”に過ぎなくなりました。

 

その攻略を描くシーンとなったのが、代打・『上福岡』との対決シーンです。

『鳩ヶ谷監督』は、『上福岡』に“2ストライク3ボールになった場合、絶対に振るな”という指示をします。

これは、『絶対安全ストライクゾーン』が確立していないという確信と、上記の攻略方法により、

『新谷』に“相手が絶対に振ってこない”と思わせず、“振ってくるかもしれない”と思わせているからでして、

例え、最後の一球がストライクとなり三振となったとしても、『絶対安全ストライクゾーン』は完成せずに、

結果的に試合の後半を『彩珠学院』が優勢に進める事ができると確信していたからの指示です。

 

ここで重要となるのが、

“相手が絶対に振ってこない”と思わせず、“振ってくるかもしれない”と思わせた部分ですね。

“相手が絶対に振ってこない”と思って安心して投げるのと、“振ってくるかもしれない”と思い

プレッシャーを受けて投げるのとでは、雲泥の差であることは間違いなく、例え『新谷』であろうと

その状況下で冷静に投げることは難しいと思われます。

 

そういう状況が判っているからこそ、『鳩ヶ谷監督』は『上福岡』に上記のような指示をし、

実際に、『新谷』の『絶対安全ストライクゾーン』を攻略する事ができ、最終的にこの試合の

衝撃のラストシーンへ繋がっていくことになります。

 

ここら辺のやり取りがこの作品らしく、本当に面白かったですよ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

о(ж>▽<)y ☆ 面白いです。

次巻は、ついに決勝戦が始まります。 この作品もラストに近づいてきているのかな?

個人的な予想としては、25巻~26巻あたりで、終了になるのではないかなと思っています。

 

点数的には

98点

です。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。