まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『がんばれ!消えるな!色素薄子さん 1巻 (水月とーこ)』

 

4758061564 がんばれ!消えるな!!色素薄子さん 1 (IDコミックス REXコミックス)
水月 とーこ
一迅社 2009-07-09

by G-Tools

 

 

【あらすじ】

色素薄子さんは大学に入学したばかりの女の子。他人よりもなんだかいろいろ薄いけど、友人の画子や雲子と何気ない日常を楽しく幸せに過ごす毎日を送っていた。そんな薄子さんの平凡な日常を描いた新感覚ハートフルコメディ、いよいよ単行本で登場!!

 

 

存在感の薄い女の子が主人公のハートフルコメディ作品です。

 

大学受験に無事合格し、今日から大学生となった『色素薄子』。

名前の通り、存在感の薄い女の子で、自分で主張しないと他人に気付いてもらえないほど・・・。

そんな『色素薄子』も、大学生となり様々な友達と出会っていく・・・。

 

という感じの作品でして、存在感の薄い女の子・『色素薄子』が大学生となり、

様々な人々に出会い、楽しい日々を過ごしていくハートフルコメディーです。

 

この作品の注目点は、やはり『色素薄子』ですね。

彼女は、この物語の主人公でして、非常に大人しく存在感の薄い女の子です。

どれくらい存在感が薄いのかといえば、『そこにいるのに気付かれない』というレベルの薄さでして、

通常の場合、自分で自己主張しない限り、他人に自分がいることに気づいてもらえません。

そのため、バス停にいるのにバスが止まってくれないなどという話はほぼ日常の出来事でして、

修学旅行などの集団での旅行で点呼されず置いていかれるという経験もしているようです。

 

そんな『色素薄子』ですが大学生となってからは、幼馴染の『絵尾画子』という友達以外にも、

偶然、入学式に隣の席に座っていた『小泉雲子』という活発な女の子と仲良くなりまして、

アルバイトを始めたり(『小泉雲子』の紹介)、京都への研修旅行に一緒に行ったりと、

様々な経験をすることとなり、彼女なりに大学生活を楽しんでいるようです。

(また、話が進むごとに、『色素薄子』の“存在感の薄い”という話が少なくなり、)

(『色素薄子』の笑顔の描写が増えていくのが良いですね)

 

とりあえず、ほのぼの話だけではなく、片思いを“される”という話もあったりするので、

結構、メリハリもあり、なかなか面白い内容の作品であると思います。

ほのぼの系の作品が好きな方に、お薦めしたいですね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

ほのぼの系したハートフルストーリーな作品です。

派手さは無いですが堅実な作りの作品で、癒し系作品が好きならば大きなハズレは無いと思います。

 

点数的には

80点

です。

 

残念ポイントをあげるならば、キャラクターの書き分けが出来ていない部分ですね。

特に、『絵尾画子』と『小泉雲子』は顔・髪型・性格がほとんど同じなので本当に区別が付きにくいです。

もう少し、髪型を変えるなどの配慮があればもっと楽しめたのにな~、と思いました。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。