まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『おおきく振りかぶって 12巻 (ひぐちアサ)』

 

4063145700 おおきく振りかぶって Vol.12 (アフタヌーンKC)
ひぐち アサ
講談社 2009-06-23

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 6巻  7巻  8巻  9巻  10巻  11巻

 

 

【あらすじ】

無名の公立高校が埼玉大会で5回戦進出! その5回戦の対戦相手の美丞大狭山高校 は、強豪の桐青に勝った西浦を徹底的に研究していた。三橋の特長、阿部のリードを はじめ、試合で結果を残している選手全員の個性まで把握、まさに西浦対策は万全。 丸裸にされた西浦は序盤、いいように翻弄されるが、ついに反撃の糸口をつかむ か!? 試練に次ぐ試練、ハラハラドキドキの埼玉大会5回戦!

 

 

1年生だけの弱小チームが強豪チームを倒していくというサクセスストーリー。

 

無名の公立高校・『西浦高校』の5回戦の相手は、名門・『美丞大狭山高校』。

この『美丞大狭山高校』は、今までの『西浦高校』と試合をしてきたチームとは違い、

『西浦高校』の過去の試合を細かく分析・研究しており、序盤から攻勢を掛けてくる。

その『美丞』にバッテリーの癖を見抜かれ、いきなり4点のビハインドを追ってしまった西浦高校だが・・

 

という感じで描かれたのが12巻でして、『西浦高校』を細かく分析してきた『美丞大狭山高校』に対して、

『西浦高校』がどのように対応していくのかが、今巻のメインとなっております。

 

個人的に注目したい部分は、『美丞大狭山高校』が『三橋廉』+『阿部隆也』のバッテリーだけでなく、

『西浦高校』の打撃陣までも細かく研究し、バッターに応じてシフトを変えていた部分ですね。

野球漫画において、バッテリー対策というのはよく描かれる展開であると思いますが、

バッター・・・しかも打撃陣全員を研究し、バッターに応じてシフトを変えていくという展開は、

正直、他の野球漫画では見た事が無かったので、とても新鮮に感じましたし、

研究の成果で、『西浦高校』を圧倒していく様子は、名門らしい強さを見せてくれました。

(特に、キャプテン・『花井梓』へのシフト守備は、『美丞大狭山高校』の研究の成果であり、)

(この『西浦高校』vs『美丞大狭山高校』を象徴する場面であったように感じます。)

 

しかし、データに頼りすぎたために、下位打順で非力選手と判断していた『水谷文貴』の急成長を

偶然としか判断できず、2打席連続ヒット(しかも2打席目はタイムリーヒット)を許してしまったり、

『三橋廉』+『阿部隆也』のバッテリーが配球を変えるといきなり打てなくなってしまったりと、

『美丞大狭山高校』の弱点らしき部分が描かれているので、“強すぎて勝てそうにない”というほどの

絶望感を感じる事はありませんでした(むしろ、弱点だらけ)。

 

今後は、この弱点を『西浦高校』がどのように攻略していくかがメインとなりつつも、

『三橋廉』+『阿部隆也』のバッテリーの新たなる成長を描いていく事になるのだと思います。

次巻も楽しみです(^^ゞ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

面白かったです(^^ゞ。

予告を見る限りでは、この試合はあと2巻分は描かれそうですね。

できることならば、もっと発売間隔を短くしてもらいたいところですが・・・。

 

点数的には

95点

です。

 
 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。