まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『ももんち (冬目景)』

 

4091825508 ももんち (ビッグコミックススペシャル)
冬目 景
小学館 2009-04-30

by G-Tools

 

 

【あらすじ】

自称芸術家である父に振り回されてきた岡本家。その末っ子・ももねは、美術予備校に通う女の子。おっとりマイペースだけれども、優しい家族や友人たちに見守られながら、この春から一人暮らしを始めることに…。

 

 

美術系の予備校に通う主人公・『岡本桃寧』の予備校ライフを描く作品です。

 

主人公・『岡本桃寧』は美術大学へ入学を目指すため、美術予備校に通う女の子。

美術予備校に入学した事をきっかけに、アパートを借りて一人暮らしを始めたわけだけど、

過保護な公認会計士の兄・『太郎』や、大学生の姉・『深紅』が何かと世話をしてくれて・・・。

いったいいつになったら自立できるのだろうか・・・。

 

という感じの作品でして、美術予備校に通うのんびりした女の子・『岡本桃寧』を主人公に、

彼女の通う美術予備校での友人(由芽・夏樹)との交流や、美術予備校での授業風景を描きつつも、

現在失踪中で自称芸術家である『父親』、その父親に変わり美術教室を開き家族を支えている『母親』、

父親・母親の美術の英才教育を拒否し公認会計士となった兄・『太郎』と、大学生の姉・『深紅』という

非常に個性的な家族との交流を描いている作品です。

 

主な展開としては、主人公・『岡本桃寧』と美術予備校で出会う人々との交流を描いたり、

主人公・『岡本桃寧』が異性に惚れるイベントが描かれたり(片思いのまま終了)、

家族との絆を感じさせてくれるイベントが描かれたりと非常にほのぼのとした展開が描かれます。

主人公・『岡本桃寧』自体、のんびりとした人畜無害のような性格のキャラクターなので、

自分で物語を作っていくような主人公ではなく、周りの人々に巻き込まれていくタイプの主人公でして、

末っ子らしく、皆から愛されるというストーリー展開は非常にストレス無く読む事ができますし、

そんなのんびりとした彼女が、様々な人々と出会う事で成長していく様子は非常に面白く、

多くの人がほほえましく読む事ができる内容に仕上がっているのではないでしょうか。

 

のんびりとした作品が好きな方にお薦めしたいですね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

いつもお世話になっている『きょうのひとこと』の勇戦僧魔さんの記事 を読んで購入しました。

私は、この作品が初めての冬目景先生の作品でして、以前から友人がお薦めしてくれていたにも拘らず、

「単行本が出ない」・「最後まで書かない」という噂を聞いていたので頑なに手を出さなかったのですが、

この作品は、1巻で終了しているということで購入を決心しました。

 

点数的には

90点

です。

 

非常にゆったりとした雰囲気で描かれている作品でして、ストレス無く読めるが良いですね(^^ゞ。

また、主人公・『岡本桃寧』の一つひとつの行動は非常に可愛らしく、ほほえましいのです。

人間関係を重視したストーリー展開なので、これといって目立つイベントが描かれるわけではないですが、

『神戸在住(木村紺)』などの作品が好きな方ならば、楽しめる作品ではないでしょうか。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。