まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

侵略!イカ娘 3巻 (安部真弘)

 

4253214037 侵略!イカ娘 3 (3) (少年チャンピオン・コミックス)
安部 真弘
秋田書店 2009-01-08

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻

 

 

【あらすじ】

イカ娘を唯一、侵略者として認識する新キャラ・渚の登場! ますます人類どもに遊ばれてゆくイカ娘!!

 

 

海を汚す人間を懲らしめるためにやってきた『イカ娘』の奮闘を描いたコメディマンガです。

 

表紙の女の子・『イカ娘』は、人類を懲らしめるために陸へ上がってきたわけですが、

最初に侵略しようとした『海の家』の住人にいきなり捕まってしまい(笑)、

強制的にバイトとして、その『海の家』で働くことになってしまうというシチュエーションコメディです。

 

----------

 

ここからは3巻の感想。

3巻では、1巻・2巻と同じようなイベントを繰り返しつつも、

タコ娘と思わしき人物(田辺梢)が登場したり、イカ娘の体重(100キログラム)が判明したり、

人間キャラでは初めてイカ娘の存在を恐れる人物(斉藤渚)が登場したりしました。

 

その中でも、一番気に入ったのが、タコ娘と思わしき人物の登場した話です。

この話は、地上侵略・人類征服の計画がなかなか上手く進まず悩んでいるイカ娘のもとに、

変な帽子を被った謎の女の子・『田辺梢』が訪ねてくるという展開から始まります。

彼女の名前(田辺梢・なべずえ)や、タコを想像させる帽子や、イカ娘に対しての接し方などから、

彼女はタコ娘であると思われまして、恐らくイカ娘よりも早く地上にやってきたと思われます。

 

そんな彼女が、悩んでいるイカ娘に対して、彼女なりの人間論を語ることがこの話のメインでして、

イカ娘が彼女の人間論を聞くことで、自分自身が地上侵略についてあまり前向きでないことに気付き、

また、彼女の「(地上に来てから)大きな成長をしている」という言葉に複雑な表情をするシーンなどは、

普段のイカ娘では描かれることの無い魅力ある姿であったと思います(^^ゞ。

 

 

で、やはり気になるのが、人外がイカ娘以外に存在したことですね。

ギャグマンガなので、イカ娘以外にも擬人化キャラが登場するであろうとは思っておりましたが、

まさか、こんな真面目な展開の話に、人外キャラが投入されるとは想像もできませんでした(笑)。

まあ、このタコ娘に関しては、一発キャラっぽいので、再登場は無いと思いますが、

再登場があるならば、何かしらの謎(どうやって人間になったのか、など)を解き明かして欲しいですね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

3巻目ですが、マンネリ感は感じない安定感のある面白い内容であったと思います。

1巻・2巻が楽しめた方ならば、大きなハズレは無いと思います。

 

点数的には

85点

です。

 

ちなみに、次巻の発売日は、5月8日だそうです。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。