まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『放課後ウインド・オーケストラ 3巻 (宇佐悠一郎)』

 
まんが栄養素-放課後ウインド・オーケストラ 3巻

放課後ウインド・オーケストラ 3 (3) (ジャンプコミックス)
宇佐 悠一郎
4088746848

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻

 

 

【あらすじ】

夏休みを迎え、待望の夏合宿を開始した千代谷高校吹奏楽部。ところが、同じ合宿所には超名門の賢洋高校が。その徹底した実力主義の姿勢を目の当たりにした平音は、自分たちとの大きな落差に激しく落ち込むが…!?

 

 

私立千代谷高校の吹奏楽部を舞台とした学園マンガです。

 

趣味は特に無く、中学時代は帰宅部だったという主人公・『平音佳敏』。

高校生活も中学同様平凡に生きようとしていたが、潰れてしまった吹奏楽部に入部希望の

『藤本鈴菜』と出会い、ひょんなことから彼女と共に吹奏楽部を復活させるために行動を始めてしまう。

 

という感じで始まるストーリーでして、吹奏楽初心者の主人公が何故か廃部している吹奏楽部を

復活させようとするいう何とも奇妙なストーリーが展開されます(しかも主人公が部長)。

そんな主人公達の行動に、徐々に入部希望者が集まり始め、吹奏楽部としての活動が始まり、

主人公もまた、吹奏楽に段々と興味を持つようになっていくという王道展開の話です。

 

----------

 

ここからは3巻の感想。

3巻では、夏合宿が描かれ、超名門高校・『賢洋高校』との出会いが描かれました。

 
今巻のメインの話は、『月川海澄』が吹奏楽部に入るまでの伏線が描かれているところですね。

『月川海澄』は、トランペットの実力者(全国一位)で、現在のところ、吹奏楽部には所属せずに、

千代谷高校・吹奏楽部のサポートを強制され続けている(笑)キャラクターでして、

迷惑そうな顔をしつつも、教えを請う主人公達に対して見下すようなことはせずに教え続けています。

 

そんな無所属である『月川海澄』が、高校野球の吹奏楽部としての応援に強制参加させられたり、

夏合宿に強制参加させられたりしていくことで、徐々に『部活動』に対しての考えが変わっていき、

一人で練習し続けることよりも、多くの仲間と時間を共有して表現していくことの素晴らしさを

実感していくという様子が、今巻を通して描かれていきます。


月川 「俺たちがこの先、一つのイメージを共有して表現したいと思ったとき」

    「同じものを見て同じものを食ってってのは、そんなに悪いことじゃないと思う」

 

と、あのクールな『月川海澄』が、『部活動』や『合宿』について語ってしまうほどに、
千代谷高校・吹奏楽部のチームワークの良さが光った内容であったと思います(^^ゞ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

相変わらず、安定していて面白いです。

ライバル校というか雲の上のレベルの高校が登場したことで、

次巻以降、千代谷高校・吹奏楽部に所属する1年生達の意識が変わっていくのだと思います。

1巻・2巻が面白いと感じた方ならば、大きなハズレの無い内容であったと思います。

(まあ、ライバル校の人々の性格の悪さは、好き嫌いが分かれそうですが・・・)

 

点数的には

88点

です。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。