まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『ラストイニング 21巻 (神尾 龍, 中原 裕)』

 
まんが栄養素-ラストイニング 21巻

ラストイニング 21 (ビッグコミックス)
中原 裕
4091824072

 

過去記事はこちら → 1巻  7巻  8巻  9巻  10巻  11巻  12巻  13巻  14巻  15巻  16巻

               17巻  18巻  19巻  20巻

 

 

【あらすじ】

汗と涙ぁ…そんなモンいらねぇ! かつて名門、今は弱小の私立彩珠学院高校野球部にやってきた問題児監督・鳩ヶ谷圭輔が、硬直しきった高校球界の常識を変える!!

 

 

高校野球マンガの傑作であり、監督マンガの代表格。

学校の経営方針で、もし今夏にある県大会で優勝し甲子園に出場できなければ、

私立彩珠学院高校の野球部は廃部となってしまうという状況の中、

彩学のOBであり詐欺師であった主人公・鳩ヶ谷圭輔が監督に就任する。

 

「今後一切、下手な奴と口をきくな!!」

「下手は伝染る!!」

 

というような過激な発言やハッタリを繰り返しながらも、

 

「ひとつひとつのプレーを大切にな」

「じっくりしっかりミス無くやろう!」

「派手なことや特別なことをする必要は無ない!」

「出来ることを確実にやろう!」

 

という発言で、選手達や保護者達を自分のペースに巻き込んでいく。

 

---------------------------

 

ここからは21巻の感想。

21巻では、遂にベスト4の4チームが勢揃いし、『聖母学苑vs浦和第一』の試合と、

『彩珠学院vs安政大安政』の試合が描かれました。

 

まず、『聖母学苑vs浦和第一』について。

この作品のラスボスが『聖母学苑』なので、『聖母学苑』が負けるという選択肢は最初からありません。

そんな状況の中、『聖母学苑』は、準決勝にも拘らず、エースを使わず、1年生投手を起用します。

これは、多少点を取られても、すぐに取り返せるという計算の元、1年生に多くの経験を積ませようという、

『聖母学苑』の『桐生監督』の嫌味な作戦でして、その作戦のおかげで(?)、『聖母学苑』の一方的な

試合にはならず、試合終盤までかなりの縺れる接戦となりました。

 

結果に関しては、順当に『聖母学苑』が勝利し、明日の決勝の先発は『明石』に決定しました。

今大会の中でもずば抜けた実力の選手が多い『聖母学苑』の付け入る隙でも描かれるのかと

思っていましたが、そんなことは一切無く、むしろ『聖母学苑』の強さを際立てるような結果となりました。

まあ、強い相手であればあるのほど、漫画として盛り上がるので大歓迎な展開ですけどね。

 

 

そして、次に描かれたのが、『彩珠学院vs安政大安政』の試合です。

『安政大安政』は、優勝候補・『優明館』を破って、ベスト4まで勝ち上がってきたチームです。

このチームの注目選手は、投手で二枚目で無口でハンサムな『新谷』という選手でして、

『聖母学苑』の『明石』と同じ“チームを勝たせるピッチャー”らしいです。

 

彼の投球の特徴としては立ち上がりがあまり良くなく、後半になればなるほど安定してくるというタイプの

投手でして、その弱点と美点を最大限に利用し、審判までも自分の思い通りに操るという独自の

投球スタイルを確立している厄介な投手であります。

 

具体的には彼の投球は立ち上がりにコーナーを狙うとコースを外れてボールになることが多いのですが、

後半になればなるほど、狙ったコースに投球することができるようになります。

その特徴を逆手にとって試合の前半のうちに外に流れる球をフォアボールでしっかりとボールと認識させ、

調子が良くなった後半に、流れない球を投げることにより、打者は外に流れると思って手を出すことは無く、

逆に、実際には球が外に流れないので、審判はストライクを取るというマジックのような投球なのです。

ただ、この投球をしようと思うと、前半の充分な種まきが必要でして、この種まきが失敗してしまうと、

この作戦が使用できず、自らのピッチングで戦わないといけない状況になってしまいます。

 

これまでの試合では、このマジックが上手く成功してきたのですが、

今回の主人公チーム・『彩球学院』の『鳩ヶ谷監督』は、試合開始前に彼のピッチングの謎を解いており、

物語は、謎が解けているピッチングをどうやって攻略していくのかを描いております。

非常に面白い展開で、次巻へ続いていったので、次巻の発売が待ち遠しいですね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

やはり、この作品は試合が面白いですね。

次巻も楽しみです。

 

点数的には

95点

です。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。