まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『とめはねっ!鈴里高校書道部 4巻 (河合克敏)』

 

4091514049 とめはねっ! 4 (ヤングサンデーコミックス)
河合 克敏
小学館 2008-11-28

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻  3巻

 

 

【あらすじ】

ひょんなことから鈴里高校書道部に入部した帰国子女のユカリと、字がヘタな望月さん。スポーツ漫画の第一人者・河合克敏があえて“書道部”を舞台に描く、文化系青春コメディー!!

 

 

書道マンガです。

帰国子女の主人公が書道部の先輩に脅されて(笑)、書道部に入部するところから始まり、

その後、ヒロインがその書道部の先輩に騙されて(笑)、書道部に入部してきます。

脅され、騙され、入部してきた主人公とヒロインなのだけど、

時間が経つにつれ、だんだんと書道の魅力にハマッていくという王道展開な作品です。

 

----------

 

ここからは4巻の感想。

4巻では、夏休みに入り、主人公・『大江縁』が蕎麦屋でアルバイトをすることとなります。

その蕎麦屋・『宮田庵』は、前巻で一緒に合宿をした鵠沼学園の『宮田麻衣』というキャラの実家で、

ほとんど面識の無かった『宮田麻衣』と主人公がアルバイトを通して仲良くなっていきます。

 

『強い女性に囲まれてオドオドする』

 

というのがこの作品の主人公でありまして、一応、ヒロイン・『望月結希』に片思いと設定ですが、

周りの人々に流されるだけの存在なので、『望月結希』から全然相手にして貰えずにいましたが、

この『宮田麻衣』が登場することにより、なんと主人公を中心に色々と色恋沙汰が起こるようになり、

いつの間にか、主人公に対して興味が無かったヒロイン・『望月結希』も参戦してきます(笑)。

 

まあ、もちろん、主人公が朴念仁なので、恋愛に発展することは無く、

むしろ、『女性達が勝手に騒いでいるだけ』という描写だったりするわけですが、

まさか、この作品で主人公がモテるという恋愛要素が描かれるとは思っていなかったので、

良い意味で、このサプライズを楽しむ事ができました。

 

次巻以降、期待できそうです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

о(ж>▽<)y ☆ 面白いです。

今巻は、書道よりも、恋愛要素を中心とした内容に仕上がっております。

けして路線変更ではなく、今までの路線の延長戦で上手く描かれております。

次巻は、2009年初夏だそうで、当分待たされるようです。

 

点数的には

96点

です。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。