まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『センゴク天正記 3巻 (宮下英樹)』

 

4063617343 センゴク天正記 3 (3) (ヤングマガジンコミックス)
宮下 英樹
講談社 2008-11-06

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → センゴク 1巻~11巻  12巻  13巻  14巻  15巻

               センゴク外伝桶狭間戦記 1巻

               センゴク天正記 1巻  2巻

 

 

【あらすじ】

豪華絢爛 武将乱撃!!戦国最強の武将たちが長篠・設楽ヶ原に集う織田と武田が雌雄を決す“長篠の合戦”開戦!!この節 根切りは眼前に候――明智十兵衛光秀 最も信長に愛された、史上最も謎多き男。威嚇戦から殲滅戦へ――日本の合戦における戦術は大きく変革しようとしていた。急速に勢力を拡大する織田家と最強軍団を擁する武田家。両家が互いの存亡を賭した天下分け目の合戦が、運命の地・長篠で幕を開ける!!

 

 

『仙石権兵衛秀久』という実在の人物を主人公とした戦国時代マンガ。

圧倒的な画力、史実と創作の絶妙な融合、そして素晴らしい人物描写。

現在連載中の歴史マンガの中でも、最高峰と言っても間違いない作品です。

 

この作品が面白いところは、『仙石権兵衛秀久』という主人公がいるものの、

実際には、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康など時代の権力者を主役として時代を動かしている点です。

あくまで、『仙石』は、彼らの一武将に過ぎず、歴史イベントに大きく関わってくることはない。

時代の権力者たちが行った『有名な戦』・『有名なイベント』を多少脚色して描きつつ、

その時、一武将である主人公がどのような行動を取ったのかを描いた作品なのです。

戦国時代のファンならば、必見の作品だと思います!!

 

さて、この『センゴク天正記』は、前作・『センゴク』の第2部に当たります。

 

誤解が無いように最初に書きますと、仕切り直しということで、3巻表示されておりますが、

この作品は、実質的『センゴク』の18巻目に当たります。

つまり、前作・『センゴク』を読んでいないと、面白さ半減は間違いないです。

やはりまずは前作・『センゴク』を読んで戴きましてから、この作品に手にしてくださいませ。

 

---------- 

 

さて、ここからは3巻の感想を。

 

長島一向一揆が織田信長軍の勝利で終わり、大阪本願寺が築き上げてきた信長包囲網が崩壊し、

ついに、織田信長軍は10万の大軍を大阪本願寺に向けて出陣を開始し始める。

その動きを察知した武田勝頼が率いる武田軍も、突如、徳川軍に向けて出陣を開始する。

徳川軍は、織田軍に後詰めを要請し、織田軍はその要請に応える形で3万の大軍を率いて出陣。

その出陣する場所とは・・・・長篠であった。

 

というのが、3巻のあらすじでして、織田信長は火縄銃の専門家・根来衆を召還し、

遂に天下分け目の戦いとして有名な『長篠の戦い』が勃発します。

 

今巻の目玉は、もちろん『長篠の戦い』でしょう。

『長篠の戦い』とは、織田・徳川軍が3000丁の火縄銃を用意し、三段撃ちなどの新戦法駆使して、

当時最強と言われたあの武田軍に勝利した有名な戦いで、この勝利によって戦国時代の戦力図が

大きく変わっていくという、歴史的に見ても非常に重要なイベントであります。

 

その有名な『長篠の戦い』をついにこの作品でも描くときが来ました。

いつもの『だがこの定説には疑問が残る』という言葉こそ使われておりませんが、

明智光秀の動きなど、かなりこの作品らしい解釈で『長篠の戦い』が描かれようとしていまして、

織田信長と武田勝頼との心理戦から始まり、武田軍の進軍、徳川軍の酒井忠次による奇襲、

そして、その奇襲を読みきっていた武田軍による総攻撃が一気に描かれました。

 

織田信長の才覚、徳川家康の覚醒、そして武田勝頼のカリスマ性。

徳川軍が武田軍に惨敗した『三方ヶ原の戦い』から始まり、軍神・武田信玄の突然の死去、

武田家が勝頼の指揮下に置かれてからも繰り返されてきた徳川軍への進撃・・・。

入念に張られた伏線、そしてキャラクター同士の遺恨と、今までこの漫画で描かれてきたどの戦よりも

遥かに丁寧に描かれているため、勝敗の結果が判っているにもかかわらず、ワクワクしながら

最後まで一気に読んでしまいました(^^ゞ。 早く続きが読みたいです!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

о(ж>▽<)y ☆ 面白すぎ!!

この作品の盛り上げ方の上手さは素晴らしすぎます。

巻数が多いのでお薦めしにくいですが、歴史好きならばぜひともチェックしてみてください。

 

点数的には

100点

です。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。