まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『スクールランブル(School Rumble) 22巻 (小林尽)』

 

4063840352 School Rumble Vol.22 (22) (少年マガジンコミックス)
小林 尽
講談社 2008-09-17

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 11巻  12巻~16巻  17巻  21巻

 

 

【あらすじ】

烏丸の後を追ってアメリカへと旅立った天満。どうにかこうにか、烏丸との再会を果たすものの、そこで待っていたのは悲しすぎる現実‥‥。一方、ハートブレイクで荒れる播磨。喧嘩をして気を紛らわすものの、現実からは逃げられず‥‥。これがスクラン!? まさかの、どシリアス!! 元ご陽気漫画、ついに最終回!!

 

 

過去にアニメ化もされた人気学園ギャグラブコメディー作品です。

この作品の最大の魅力は、キャラクター同士が絡み合うことで生まれるストーリーでして、

恋愛というテーマを軸に、『すれ違い』と『勘違い』を繰り返す青春ストーリーです。

基本は、ギャグマンガですので、非常に敷居が低く、多くの人が楽しめる作品だと思いますし、

青春系のストーリーが好きな人ならば、読んでおきたい作品の一つだと思います。

 

----------

 

ついに、この作品も今巻で最終回を迎えました。

途中、話が脱線してしまい、作品の評価を落としてしまうほどのグダグダな展開になってしまいましたが、

21巻・22巻と、最終回に近づいていくにつれて、昔のような熱くて面白いスクランに戻っていきました。


さて、ここからは22巻の感想です。
21巻のラストで、天満が烏丸の後を追って、アメリカに渡米しました。

私の個人的な考えでは、この作品は21巻のラストで最終回を迎えたと思っていまして、

最終巻である22巻のエピソードは全て、最終回のその後を描いたエピローグのようなものだと思います。

 

そのエピローグの中でも多くの読者が気になっていたであろうエピソードは、

やはり、『播磨×沢近×八雲』が織り成していた三角関係の結末でしょうね。

結論を言えば、結局のところ、どちらともに引っ付かずに、播磨が放浪の旅に出てしまいましたが、

最終巻のエピソードを見る限りでは、『播磨×沢近』の方に軍配が上がった様に感じますね。

まあ、結局のところ、どちらとも引っ付かなかったことは、この作品らしさであったと思いますし、

今後の3人の結末を読者の方に委ねたことは、正解だったのではないでしょうか?

(個人的には、無口キャラが好きなので、『播磨×八雲』のカップリングを楽しみに読んでいましたが・・・)
 
そして、最終エピソードである烏丸と天満の結婚イベント。

本編から、数年後(何年経っているのかは不明)という設定でして、

八雲とサラが少し成長している以外は、他のメンバーの見た目・性格は一切変わっていません。

まあ、全員が学生服で登場というのはさすがに無茶苦茶な設定であるなー、と感じましたが(笑)、

高校のときのクラスメイトの結婚式のために、わざわざアメリカまでやってきてくれる、

2-Cの面々は、ノリが良いというか、ホント良いヤツラですよね~(^^ゞ。

 

素晴らしい最終回であったと思います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

最終巻です。

人気作であるがゆえに、中盤あたりから連載の引き伸ばしが顕著となり、

結局、作品としての評価を大きく落としてしまった印象の作品であります。

とはいえ、21巻・22巻の展開は、この作品らしさが前面に出た素晴らしい内容でして、

最後まで付き合ってきた読者にとって、満足のいく内容だったのではないでしょうか?

 

点数的には

95点

です。

 

なんだかんだ、連載6年間、最初から最後まで付き合ってきました。

賛否両論ある作品だと思いますが、それもこの作品らしさかなと思います。

6年間、お疲れ様でした。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。