まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『ラストイニング 19巻 (神尾 龍, 中原 裕)』

 
ラストイニング 19巻
神尾 龍 

ラストイニング 19 (19) (ビッグコミックス)

4091821480

 

過去記事はこちら → 1巻  7巻  8巻  9巻  10巻  11巻  12巻  13巻  14巻  15巻  16巻

               17巻  18巻

 

 

【あらすじ】

汗と涙ぁ…そんなモンいらねぇ! かつて名門、今は弱小の私立彩珠学院高校野球部にやってきた問題児監督・鳩ヶ谷圭輔が、硬直しきった高校球界の常識を変える!!

 

 

高校野球マンガの傑作であり、監督マンガの代表格。

学校の経営方針で、もし今夏にある県大会で優勝し甲子園に出場できなければ、

野球部は廃部となってしまうという状況の中、

彩学のOBであり詐欺師であった主人公・鳩ヶ谷圭輔が監督に就任する。

 

「今後一切、下手な奴と口をきくな!!」

「下手は伝染る!!」

 

というような過激な発言やハッタリを繰り返しながらも、

 

「ひとつひとつのプレーを大切にな」

「じっくりしっかりミス無くやろう!」

「派手なことや特別なことをする必要は無ない!」

「出来ることを確実にやろう!」

 

という発言で、選手達や保護者達を自分のペースに巻き込んでいく。

 

---------------------------

 

ここからは19巻の感想。

今巻は、ベスト4を掛けた準々決勝の試合・『彩珠学院vs武蔵体育大学付属』の続きが描かれました。

 

この試合は、エース・日高を休ますために、左のスティーブを起用する変則采配を仕掛けた試合でして、

今までの『監督vs監督』という描写の試合ではなく、チームプレイや選手一人ひとりにスポットを

当てており、『選手vs選手』という描写が多く見られている試合になっています。

 

その試合も、終盤戦に突入しまして、ついにエース・日高が抑えとしてマウンドに立ちます。

しかし、その継投が相手チームにやる気を出させ、日高がまさかの乱調でピンチを迎えます。

相手チームからするとスティーブのような変化球投手よりも、日高のような速球派投手の方が

打ちやすいという単純な理由なのですが、一旦、守りに入ってしまった主人公チームにとって、

この相手チームの逆襲は非常に厳しい展開の連続を迎えることとなってしまいます。

 

結果を言えば、その試合には、なんとかギリギリで勝つ事ができたのですが、

彩学のバッテリーにもまだまだ未完成というか、未熟な部分が露呈してしまいました。

とはいえ、今回は、試合後に、珍しく鳩ヶ谷監督が彼に助言を加え、彼らの不安を取っ払います。

相変わらずというか、鳩ヶ谷監督の言葉は的確に彼らの弱点を指摘しておりまして、

次の試合では、このバッテリーのさらなる成長が見られそうです(^^ゞ。

 

 

そして、今巻は、彩学と同じく、ベスト4を掛けた準々決勝試合がもう一試合描かれました。

春の大会で主人公チームに勝ち、県優勝校となった優勝候補・『優明館』と、

ノーシードで勝ちあがってきた無名校・『安政高校』との試合でして、

試合前の大方の予想では、『優明館』の圧倒的な有利が伝えられてきました。

 

しかし、『安政高校』の2年生エース・『新谷』の特殊な投球に『優明館』が抑えられてしまい、

まさかまさかの大番狂わせが起こってしまい、優勝候補がベスト8で消えてしまいました。

このことで、主人公チームの次なる相手は、この『安政高校』となり、決勝を掛けて戦うことになります。

負けてしまった『優明館』の監督が、鳩ヶ谷監督に何かしらの助言をしようとすると、

 

「負けて得るものはあっても、負けた奴から得る物なんてありゃしねぇよ」

「所詮、失敗だったんだからな」

 

と、拒否したシーンは、この作品らしさであったと思います(^^ゞ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

終盤に来て、まさかまさかの大番狂わせが起こってしまいました。

まあ、特徴のない『優明館』との試合よりも、何かしら謎を持っている『安政高校』との試合の方が、

面白くなりそうなので、この展開は、大歓迎であります。

 

点数的には、

95点

です。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。