まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『メガネのカゴ 1巻 (松本ミトヒ。)』

 

4832277189 メガミのカゴ (1) (まんがタイムKRコミックス) (まんがタイムKRコミックス)
松本 ミトヒ。
芳文社 2008-07-28

by G-Tools

 

 

【あらすじ】

女子校に通う宮本明美は容姿端麗・成績優秀。性格よくてスポーツ万能なメガネっ娘!委員長という言葉は彼女のためにある!え?なりたくない?ならば「委員長になってもらっちゃおう!」委員長大好きなアナタに贈るドキドキコメディー!!

 

 

女子校を舞台とした学園コメディー。

 

<容姿端麗・成績優秀・性格よくてスポーツ万能なメガネっ娘> 

という委員長属性を持っている『宮本明美』と、オタク属性持っている『麻倉南』が、

『乙女の鏡(メガミ)委員会』という名の何でも屋を作って、学園内で起こる様々な問題・依頼を

解決していくというコメディー漫画でして、いわゆる読み切りタイプの作品です。

 

基本路線は、スポーツの助っ人や、演劇部の助っ人などの依頼を受けて、

オタク属性持っている『麻倉南』が物語をかき回し、そのとばっちりを主人公・『宮本明美』が

受けてしまうという感じでして、毎回毎回、個性的な新キャラクターを登場させて、

仲間内だけの話を、徐々に学園全体に話を広げて行っているという感じです。

 

さて、この作品を読んだ第一印象を書くならば、『昔ながらな作品』かな。

確かに、『萌え』とか『百合』とかなどの最近の流行を押さえているものの、

この作品のような学生からの依頼を解決に導くというのは、よくあるストーリー展開ですし、

その解決方法を含めて、良くも悪くも『昔ながらの安定したコメディー』という感じです。

 

登場キャラクターは非常に個性的で判りやすいので、読みやすさはあるものの、

何というか、『青臭い』というか『読んでいて恥ずかしいストーリー展開』も多いので、

こういう青春系の話が苦手な人はあまり手を出さない方が良いかもしれませんね(^^;。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

『依頼を解決する何でも屋』という作品です。

表紙から受ける印象と、中身の内容にはかなりギャップがある作品であると思います。

表紙買いすると、肩透かしを受けてしまう作品の一つかもしれませんね(^^;。

 

点数的には、

75点

です。

 

まあ、面白くないわけではありませんが、なんというか好みの問題でしょうか。

個人的にですが、こういう依頼系の話ではなく、委員長属性を持っている『宮本明美』と、

オタク属性持っている『麻倉南』による内輪話の学園ギャグコメディーにするとか、

4コマにするとかした方が面白くなったかもしれませんね。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。