まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『侵略!イカ娘 2巻 (安部真弘)』

 
侵略!イカ娘 2巻
安部 真弘

侵略!イカ娘 2 (2) (少年チャンピオン・コミックス)

4253214029  

 

過去記事はこちら → 1巻

 

 

【あらすじ】

海を汚す人間どもを征服しようとするイカ娘の、愛と勇気の侵略の日々!! ……となるはずが、人類にもてあそばれてしまう毎日。ある日ついに触手まで動かなくなってしまい…!? 増刊号に掲載された「ひと口サイズ!イカ娘」を併録。

 

 

海を汚す人間を懲らしめるためにやってきた『イカ娘』の奮闘を描いたコメディマンガです。

 

表紙の女の子・『イカ娘』は、人類を懲らしめるために陸へ上がってきたわけですが、

最初に侵略しようとした『海の家』の住人にいきなり捕まってしまい(笑)、

強制的にバイトとして、その『海の家』で働くことになってしまうというシチュエーションコメディです。

 

さて、ここからは2巻の感想を。

イカ娘の触手が退化して使えなくなったり、秘密基地を作ったり、テレビゲームのハマッたり、

新キャラクターで地球外生物を探している『シンディー』などを登場させるなど、

1巻の路線を良い意味で引き継いだ内容で、順当な続巻だと思います。

 

2巻の注目点は、やはりイカ娘の触手が使えなくなった『第23話・危機じゃなイカ?』ですね。

この話は、イカ娘が人類を懲らしめるために陸に上がってきたことで、

天敵(シャチ・サメ)との争いが無くなり、触手が退化して使えなくなってしまったという話です。

ショートカットになった『イカ娘』が可愛かったというのもありますが(笑)、

この話で、改めて『イカ娘』は人間ではなくイカなんだな、ということを理解しました(笑)。

なんというか、触手以外、『イカ娘』と人間の違いは無いのだな、とも感じました(笑)。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

2巻は期待以上の出来でした(^^ゞ。

1巻のときは、「ネット上で過剰にプッシュを受けているな~」と思ったものですが、

2巻を読んで、その過剰なプッシュの意味がやっと理解できました。

 

点数的には、

85点

です。

 

個人的にですが、おまけとして収録されている『ひと口サイズ!イカ娘』が良いですね(^^ゞ。

本編よりも面白かったというのは秘密です(笑)。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。