まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『日常 3巻 (あらゐけいいち)』

 

4047150894 日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
あらゐ けいいち
角川グループパブリッシング 2008-07-26

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻

 

 

【あらすじ】

微妙にシュール。意外にベタ。ギャグマンガ2.0

妄想がふくらみがちな夢見る女子高生・ゆっこの周りにはロボやら犬やら謎なものがいっぱい。三巻に待ち受けるのはさらに微妙な日常…! 話題のポストモダンギャグ最新巻!

 

 

ゆるーく、ありえない女子高生の『日常』をシュールに描いた作品です。

 

この作品は、メインキャラクターである『ゆっこ』と『みお』の漫才が中心に描かれている作品で、

ありえないシチュエーションをシュールに描きつつ、それを笑わせるというコメディ作品です。

こういう系統の作品は、良い意味でも悪い意味でも作者のセンスが問われる作風の作品でして、

作者のセンスを気に入る事ができたなら、非常に面白く感じる作品だと思います。

 

----------

 

さて、ここからは3巻の感想。

 

1巻は、『作者のセンス』+『力技のギャグ』という感じの作風だったので、

非常に好き嫌いの分かれる内容でして、お世辞にも面白いとは言えない出来だったのですが、

2巻では、『作者のセンス』+『シチュエーションギャグ』に上手く変更がなされていて、

キャラクター設定とシチュエーションが上手く融合して、一気に面白くなりました。

 

そして、3巻ですが、『作者のセンス』+『シチュエーションギャグ』という2巻の路線に、

1巻で描かれたような『力技のギャグ』を加えた感じの作風となっております。

これは路線変更ということではなく、順当な進化であると思うのですが、

私自身、2巻のようなシチュエーションで笑わしてくれる作品が好きだっただけに、

3巻のような『力技のギャグ』を加えた展開は、肩透かしを食らった感じがしました(^^;。

 

もちろん、面白くないわけではありません。

充分、面白かったのですが、2巻に比べて笑える部分が少なくなったような気がしますし、

2巻のような魅力的な面白さを感じなかったというのが本音かな(^^;。

できることならば、2巻のようなシチュエーションで笑わすような路線に戻ってほしいところです。

(まあ、力技のギャグも嫌いではないのですが・・・)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

3巻は、特に目立った新キャラが登場したり、目立った新展開が描かれたりなどは一切無く、

良い意味でも、1巻・2巻の路線を引き継いだ作品となっているので、

1巻・2巻が楽しめた人ならば、充分、満足の出来だと思います。

 

点数的には

85点

です。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。