まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『学園創世猫天! 4巻 (岩原裕二)』

 

4253232647 学園創世猫天! 4 (4) (チャンピオンREDコミックス)
岩原 裕二
秋田書店 2008-06-20

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻  3巻

 

 

【あらすじ】

遂に叉美学園全体を巻き込み大妖怪“火焔”と優美達の戦いが始まった!! 一方、生徒会の山本海也には重大な秘密が隠されていた!!少女と猫が一緒に戦う、学園ドラマチックアクション!!

 

 

全寮制で『猫を一匹だけ飼っても良い』という校則がある私立叉美学園に

主人公が入学してくるところから物語が始まります。

主人公の入学と同時に、この学校に存在していた『妖怪を閉じ込めていた封印』が解かれてしまい、

偶然、それらの妖怪を倒すことの出来る『力』を手に入れてしまった『主人公』と『主人公の猫』が、

否応無く、その争いに巻き込まれていく・・・、というストーリーです。

 

いわゆる学園を舞台とした戦闘ファンタジーマンガでして、

封印から解かれた妖怪相手に、特殊能力をフルに活用した戦闘を採用しております。

そのため、戦闘部分に爽快感と面白さがあり、面白い作品に仕上がっております。

 

---------

 

ここからは4巻の感想。

3巻で、敵のボス・『火焔』がついに復活し、今もなお彼の力を封じ続けている、

結界の守人・『桐姫』を殺すべく(?)、双籠の地への道を開きました。

4巻では、その双籠の地へ行こうとする敵のボス・『火焔』を止めるべく、主人公達が動き出します。

明確な敵の姿が見えたことで、物語は一気に盛り上がりを見せつつも、

クライマックスに向けて突き進んでいきます。

 

もちろん、クライマックスに向けてのストーリーのみを描いているのではなく、

『蓮谷小鳥』と『山本海也』の幼馴染コンビのラブコメ話を描いたり、

生徒会長で主人公チームのリーダーである『神尾伸』の過去を描いたり、

主人公・『早川優美』と『勘助』の出会いのイベントを描いたりと、見所満載の出来です(^^ゞ。

 

とはいえ、やはり気になるのは、いわゆる『キャラクター達の強さ設定』の部分ですね。

正直、現時点で、圧倒的な敵の強さに対して、主人公達は非常に弱いです。

唯一、敵と対等に戦えるであろう『神尾伸』が双籠の地へ行かず地上に残ることとなってしまいましたし、

現在のパーティーで一番頼りになる『青木二葉』は攻撃型の能力ではありません。

当分の間、『牙』の力に頼ることになるのでしょうが、最終的には主人公達が敵に立ち向かって

いかないことには話は終わらないので、ここら辺をどのように描くのか気になりますね。

(特に、『主人公』とそのパートナーの『勘助』の弱さをどうフォローしていくのか気になります) 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

3巻より一気に話が動き始めまして、4巻ではクライマックスに向けて話が進んでいきます。

かなりテンポ良く進んでいるので、このまま最後まで突っ走って欲しいですね。

あと、2・3冊ほどで完結しそうな感じがします。

 

点数的には

87点

です。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。