まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『SKET DANCE(スケットダンス) 4巻 (篠原健太)』

 

4088745442 SKET DANCE 4 (4) (ジャンプコミックス)
篠原 健太
集英社 2008-07-04

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻~3巻
 

 

【あらすじ】

GVBが遂に開幕! ヒメコ&振蔵の意外な一面、熱くなるスイッチ、ボッスンの集中モード本領発揮等々、見所満載のガチンコ対決。そして大事な場面であの人登場。生徒会の面々も超ヒートアップ。果たして勝負の行方は!?

 

 

藤崎佑助(通称:ボッスン)、鬼塚一愛(通称:ヒメコ)、笛吹和義(通称:スイッチ)の3人が

所属する学園生活支援部・通称『スケット団』が活躍する学園ギャグマンガです。

『スケット団』とは、学園のトラブルを何でも解決する集団・・・というコンセプトを持った、

いわゆる便利屋さんのことで、学園で起こる様々な珍事件を解決していきます。

 

 

さて、4巻ですが、3巻までの読みきりタイプの作品ではなく、

『ガチンコ・ビバゲー・バトル』という名の長編ストーリーとなっていまして、

週刊少年ジャンプらしいバトル仕様に変更されており、大きく路線変更がなされております。

賛否両論がありそうな路線変更ですが、この作品らしいギャグを織り交ぜた展開なので、

1巻~3巻まで楽しめた人ならば、多くの人が楽しめる内容だと思います。

 

で、個人的に気に入った部分としては、やはり『ヒメコ』の家庭的な一面を掘り下げた部分ですね。

一応、『ヒメコ』は、ヒロインポジションのキャラクターでありますが、いまいち目立たない存在でして、

人気ということに関しては、『早乙女浪漫』の方が上だと思われます。

そんな、『ヒメコ』ですが、以前、『ボッスン』がとある事情で子供化した際、

その容姿・性格とはかけ離れた母性本能を発揮し、女性らしさが描かれるイベントがありまして、

そして、今回のイベントで、料理が得意という家庭的な一面が描かれました。

このことにより、何となくですが、彼女のこの作品におけるポジションが確立したような気がしますね。

 

今後は、彼女の過去のイベントを含めた掘り下げに期待したいです(^^ゞ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

正直、4巻のバトル仕様なh路線変更は、賛否両論な出来ではないでしょうか?

良い意味で取れば、キャラクター達の個性を生かしたストーリー展開の作品でありましたが、

長編ストーリーとバトル仕様の導入は、この作品にとってはマイナス点の方が多いかもしれませんね。

次巻以降、読みきりタイプの作品に戻ることを期待します。

 

点数的には

85点

です。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。