まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『ダイヤのA 10巻 (寺嶋裕二)』

 

4063639738 ダイヤのA 10 (10) (少年マガジンコミックス)
寺嶋 裕二
講談社 2008-04-17

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻  3巻  4巻  5巻  6巻  7巻  8巻  9巻

  

 

【あらすじ】

ヤンキース・松井秀喜選手 大絶賛!!
「『ダイヤのA』には野球少年の夢がいっぱい詰まってます。」

地方予選4回戦。冷静に青道を攻略する明川学園・楊!青道は痛恨の先取点を許し、明川学園必勝パターンに引きずり込まれる。同時に夏の日差しが、先発・降谷の体力を限界に追い込み……。「最後まで投げぬきたい!」――仲間の声援に応えようと執念を燃やすもピッチャー交代の声が……!降谷の悔しさを引き継ぎ沢村がいよいよ、登板!!この継投が、流れを変えることができるか――。

 

 

野球名門校を舞台とした高校野球マンガ。

 

このマンガの特徴は、『野球名門校が舞台』であることです。

名門校だけが持つレギュラー争いの緊張感と、選手たちの野球に向き合う真摯な姿勢は必見。

他のマンガでは絶対に見れないであろうシビアな状況が素晴らしく読み応えがあります。

そして、そんな緊張感とは似つかわしいくらいの『熱血バカ』な主人公も素晴らしく、

彼の存在のおかげで、緊張感で張り詰め暗くなりそうな展開でも、コメディとして楽しめます。

もちろん、彼だけではなく、彼を囲む選手達や監督も全員魅力的ですので、

面白い野球マンガを探しておられる方は、ぜひともチェックしてみてください(^^ゞ。

 

----------

 

さて、10巻では、明川学園との試合が中心に描かれております。

この試合の注目点は、『降谷の弱点であるスタミナ面』・『明川学園とエース・楊舜臣』、

そして『読者もビックリな主人公・沢村の好リリーフ』の3つ。

 

『降谷のスタミナ不足』に関しては、連載当初から色々なところで描かれていたので、

驚くべきことではありませんが、この試合でその弱点が他の学校にもバレてしまったことが、

今後の試合に大きく影響してくる部分であると思います。

まあ、『スタミナ』や『経験』を無視できるほどの『才能』を持ったキャラクターなので、

新たなる覚醒が描かれるかもしれませんが、やはりエースの丹波の復活が待ち遠しいですね。

 

次に、明川学園について。

この明川学園は、主人公が所属する青道高校とは違い、本来、弱小もしくは中堅レベルのようで、

所々に明川学園と青道高校との野球レベルの差を示すような描写が描かれております。

そんな弱小もしくは中堅レベルの明川学園を引っ張るのが、台湾から日本に留学してきた留学生で、

精密機械と呼ばれるほどのコントロールを持つピッチャー・楊舜臣です。

彼の活躍で、5回までですが甲子園レベルの青道打線をわずか2点で抑え、互角に戦っております。

この明川学園は、いわゆる彼のワンマンチームなのですが、様々な理由が絡んで、

チームとして一つに纏まっておりまして、敵ながら応援したくなるチームなのです(^^ゞ。

次巻予告では、次巻に両チームの地力の差が描かれることになるようで、

どこまで主人公チームに食らいついていけるかが見所になりそうです。

 

最後に、沢村の活躍。

これは、太田部長や青道高校のスタンドだけではなく、読者もビックリしたのではないでしょうか(笑)。

まあ、今回のは降谷の意思から受け継いだからこその活躍かもしれませんが、

この沢村の活躍・成長は、今後の展開に大きな影響を与えるでしょうし、

影の薄かった沢村が、やっと主人公らしい活躍をしてくれたという点でも、

高校野球漫画としてさらに面白くなってきましたね(^^ゞ。

次巻の活躍も期待したいところです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

о(ж>▽<)y ☆ 相変わらず、面白い!!

楊舜臣という才能と、青道高校の最強打線の対決は手に汗握る展開です。

次巻、どのような結末を迎えるのか・・・・。 早く、次巻が読みたいです!!

 

点数的には

100点

です。

 
 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。