まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『ラストイニング 16巻 (神尾 龍, 中原 裕)』

 

4091817084 ラストイニング 16 (16) (ビッグコミックス)
中原 裕
小学館 2008-01-30

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  7巻  8巻  9巻  10巻  11巻  12巻  13巻  14巻  15巻

  

 

【あらすじ】

汗と涙ぁ…そんなモンいらねぇ! かつて名門、今は弱小の私立彩珠学院高校野球部にやってきた問題児監督・鳩ヶ谷圭輔が、硬直しきった高校球界の常識を変える!!

 

 

高校野球マンガの傑作であり、監督マンガの代表格。

学校の経営方針で、もし今夏にある県大会で優勝し甲子園に出場できなければ、

野球部は廃部となってしまうという状況の中、

彩学のOBであり詐欺師であった主人公・鳩ヶ谷圭輔が監督に就任する。

 

「今後一切、下手な奴と口をきくな!!」

「下手は伝染る!!」

 

というような過激な発言やハッタリを繰り返しながらも、

 

「ひとつひとつのプレーを大切にな」

「じっくりしっかりミス無くやろう!」

「派手なことや特別なことをする必要は無ない!」

「出来ることを確実にやろう!」

 

という発言で、選手達や保護者達を自分のペースに巻き込んでいく。

 

---------------------------

 

ここからは16巻の感想。

主人公の高校は、春の県大会でシードを獲得しており、

夏の県大会では2回戦からスタートし、14巻で初戦を無難に突破し、

15巻では主人公と因縁がある強豪・『春日野大栄』との試合が描かれ、それも突破。

 

16巻では、『シード校食い』として有名な古豪・『瑞雲高校』との試合が描かれる。

『シード校食い』として有名だとはいえ、一般的には『彩学高校』よりも格下と見られており、

誰もが『彩学高校』の楽勝ペースと思われていたが、『瑞雲高校』の監督・大利根の作戦により、

『彩学高校』の4番・剛士が完璧に封じられ、苦戦を強いられる。

 

というストーリー展開。

『鳩ヶ谷監督』VS『大利根監督』というこの大会でも屈指の腹黒い・・・名監督同士の

戦いを描いた内容で、まさしく頭脳戦というべき戦いとなった。

瑞雲高校の大利根監督は「ゲームなんだから勝てばいい」という性格の持ち主で、

彩学高校の4番・剛士を封じることに成功させ、勝つための采配を振るってくる。

特に、大利根監督の采配のせいでスランプ状態である剛士をさらに苛立たせるような敬遠策を

実行してきたシーンは、『鳩ヶ谷監督』VS『大利根監督』の最大の見せ場であったと思う。

 

このシーンで『鳩ヶ谷監督』が下した判断は、甲子園を目指すシード校ならでは判断であり、

チームの大黒柱で4番・剛士の性格も踏まえた上での判断でもあった。

結局のところ、この判断ミスでチャンスを潰してしまい、さらなる苦戦を強いられることになったのだが、

甲子園を目指すシード校の監督ならではの悩みが描かれたのは読者として面白い展開だったと思う。

 

試合の方は、不完全な形で終了してしまったが、それも次の試合への伏線となるのだろうから、

次巻以降も、見逃せない展開であると思われる。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

甲子園予選を順調に描きつつも、彩学の経営的な問題や、

鳩ヶ谷の後輩で詐欺師の久保マサルの行動を同時進行させている面白い展開です。

久保マサルの方は正直あまり期待できないが、彩学の経営問題はかなり深刻そうです。

美里さんの腕の見せ所といった感じですが、正直、どうやって解決していくのか想像すらできません。

試合と共に、この問題も要注目といった感じですね。

 

点数的には

92点

です。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

                        人気blogランキングへ
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。