まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『学園創世猫天! 3巻 (岩原裕二)』

 

4253232639 学園創世猫天! 3 (3) (チャンピオンREDコミックス)
岩原 裕二
秋田書店 2007-12-20

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻

 

 

【あらすじ】

いにしえの呪いが封印された“叉美学園”に入学した優美と猫の勘助。そこで、大妖怪“火焔”と“双籠の姫”との争いに巻き込まれ、不思議な力を得ることに!! 猫がしゃべって、少女が戦うドラマチック・アクション!!

 

 

『スタンド』を活用した戦闘マンガ。

 

全寮制で『猫を一匹だけ飼っても良い』という校則がある私立叉美学園に

主人公が入学してくるところから物語が始まり、それと同時に、

この学校に存在していた『妖怪を閉じ込めていた封印』が解かれ、

何故か、主人公と主人公の猫がその妖怪を倒すことの出来る『力』を手に入れてしまい、

否応無く、その争いに巻き込まれていく・・・、というストーリーです。

 

いわゆる学園を舞台とした戦闘ファンタジーマンガでして、

封印から解かれた妖怪相手に、スタンド能力をフルに活用した戦闘を採用しております。

そのため、戦闘部分に爽快感と面白さがあり、面白い作品に仕上がっております。

 

---------

 

ここからは3巻の感想。

3巻では、特殊能力を持った味方キャラを全員登場させつつも、敵のボスが復活

このことで、一気に話が進みまして、話も一気に佳境に近づいてしまいました。

 

さすがに、この急展開には、多くの読者が驚いたのではないでしょうか?

2巻までは味方キャラ一人ひとりにスポットを当てた作りとなっていたので、

3巻も、残りの3人にスポットを当てたイベントが描かれるのだろうと思っておりましたが、

まさかの急展開で、残りの3人の能力を曖昧な形にしたまま次の舞台へ向かうようです。

まあ、多少、謎を残したままの方が、これからの戦闘が面白くなるので、

この選択肢は良かったのではないかな~、と。

 
とはいえ、個人的な希望を言うと、やはりこの3人の掘り下げイベントも見たかったかな。

多分、この味方メンバーの中でも、トップクラスの強さを持つ3人だけに、

戦闘などの駆け引きだけでも面白そうなイベントが作れそうだったし、

主人公や他のキャラクター達との絡み(人間関係など)も見てみたかったです。

まあ、それは次巻以降の展開に期待したいところ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

「もしかして長期連載されるのかな~」と思っていましたが、まさかの急展開。

この作者らしいといえば、その通りなのですが(^^;。

個人的には、もっと学園イベントが読みたかったです。

 

点数的には

85点

です。

 

次巻はこの作品にとって非常に重要なイベントが描かれそうなので、

この作品が名作になるか、駄作になるか、次巻を読めば判断できそうです。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

                        人気blogランキングへ
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。