まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『とある科学の超電磁砲 1巻 (原作:鎌池和馬  作画:冬川基)』

 

4840241074 とある科学の超電磁砲 1―とある魔術の禁書目録外伝 (1) (電撃コミックス)
冬川 基
アスキー・メディアワークス 2007-11-10

by G-Tools

 

【あらすじ】

学園都市の超能力者(レベル5)、御坂美琴の物語を描く!鎌池和馬書き下ろしの原案で贈るオリジナルストーリー!

人口230万人、その約8割を学生が占める 「学園都市」。そこは他地域よりも科学技術が進み、「超能力開発」 がカリキュラムに組み込まれた特殊な地域。その学園都市の中でも7人しかいない 「超能力者(レベル5)」 の1人である御坂美琴。彼女はその能力と性格のため、学園都市で起こる数々の事件に巻き込まれていく――。電撃文庫の大人気作品スピンオフ、いよいよ第1巻が登場!

 

 
『とある魔術の禁書目録(鎌池和馬著)』というライトノベルをコミカライズした作品。

ただし、原作をそのままコミカライズした作品ではなく、

原作では脇役であるらしい『御坂美琴』というキャラクターを主役として描いているスピンオフ作品。

『ラノ漫』 というブログを運営されている方が編集者として関わった作品らしく、

この方の「自信作」という言葉につられて、買ってみました。

ちなみに、私は原作はおろかライトノベルというモノを読んだことがありません。

あくまで、マンガ読みの視点から感想を書きたいと思います。

 

 

【以下、本編感想】

超能力対決あり、コメディあり、百合展開ありな超能力ファンタジー作品。

 

現代を舞台としており、誰もが努力をすれば『超能力』を使えるという世界観。

その『超能力』にはレベルが5段階あり、最高レベルはわずかに7人しか存在しないらしい。

ちなみに、この作品の主人公・『御坂美琴』はその最高レベルの超能力者の一人で、

電気を自在に操り、『超電磁砲(レールガン)』と呼ばれている。

 

本編は、

主人公・『御坂美琴』と、主人公の後輩で学園都市の治安を守っている風紀委員・『白井黒子』が、

学園都市で起こる様々な事件に巻き込まれるというタイプの作品です。

設定的には、椎名高志先生の『絶対可憐チルドレン』に非常に酷似しているものの、

『絶対可憐チルドレン』とは違い、努力すれば誰もが超能力を使えるということで、

落ちぶれ者はいるものの、超能力者に対する偏見や差別は一切描かれていないですし、

1巻の時点では、コメディ要素満載の非常に読みやすい作品となっています(^^ゞ。

 

そして、この作品の最も素晴らしい部分は、世界観設定の説明の上手さだと思います。

ややこしい設定の作品でありながらも、これほどすんなり世界に入り込める作品は少ないと思うし、

同時発売された『原作をそのままコミカライズした作品』を読めば、

この作品がいかに読みやすいかが判ると思います。

 

スピンオフ作品ということらしいですが、原作を知らなくても充分楽しめる作品となっており、

表紙絵に惹かれたならば、買っても良い出来の作品だと思います。

 

 

 

  

↓ちなみに、原作をそのままコミカライズしている作品は、違う出版社にて同時発売されている。

 
475752157X とある魔術の禁書目録(インデックス) 1 (ガンガンコミックス)
鎌池 和馬 近木野 中哉
スクウェア・エニックス 2007-11-10

by G-Tools

 

こっちは原作をそのままコミカライズしているらしく、どちらかと言えばシリアス路線。

絵は上手いが、世界観説明があまり上手くないし、ストーリー的に面白みを感じないため、

正直、1巻の時点ではあまりお薦めできないかな(バトル漫画の要素が強すぎる)。

いずれ面白くなるのかもしれないので、今の時点ではファン以外は保留で良いと思う。

 
あっちの作品では主人公の『御坂美琴』の本来のポジションと、

その『御坂美琴』が追いかけている男の子・『上条当麻』の正体などが知りたいならば、

買ってみてもいいかも。

 

まあ、『超電磁砲』の方を気に入ってしまったら、こっち一緒に買う人が多いと思うけど(笑)。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

思っていた以上に面白かったです。

原作にとらわれず、独自路線を突っ走ってほしい作品ですな。

 

点数的には

90点

です。

 

原作を知らなくても楽しめる作品ですが、知っているとより楽しめる作品だと思います。

やはり『原作』→『超電磁砲』が正しい順番だと思います。

ちなみに原作をコミカライズしている『近木野中哉』版の点数は、75点くらいです。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

                        人気blogランキングへ
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。