まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『少女ファイト 3巻 (日本橋ヨヲコ)』

 

4063723518 少女ファイト 3 (3) (イブニングKCDX)
日本橋 ヨヲコ
講談社 2007-09-21

by G-Tools

 

過去記事はこちら → 1巻・2巻

 

 

【あらすじ】

バレーボール群像劇スタート!!待望の最新作。大石練・15歳。バレーボールの名門・白雲山学園中等部に在籍。練はずっと自分を抑え続けていた。小学校時代に全国大会で準優勝したチームのキャプテンであったほどの実力を隠しながら。集団スポーツの中で、自分を殺さなければいけない理由は――。それでもバレーを辞められない想いとは――!!

 

 

バレーボールをテーマとしたマンガ。

 

3対3で行われた新入生同士の練習試合が終わり、

今年こそ新入生の脱落者ゼロで行きたいと思っていた矢先、

新入生の一人・『ナオ』が学校にすら来なくなる。

そんな中、『ミチル』からの情報で、『ナオ』が賭けバレーに参加している事が判明。

その賭けバレーに潜り込む主人公を含む1年生メンバー達。

そこには、中学生のときに主人公にトラウマを植え付けた『南』をはじめ、

『ナオ』を助けようとする2年生メンバー達もいたが、

『練』の覚醒、『厚子』の『ナオ』に対する友情などで1年生メンバーが勝ち、

なんとかこの話もハッピーエンドと思っていたら、ついに『隆子』が登場。

その『隆子』の登場により、『隆子』と『ミチル』の問題が、『練』だけではなく『学』まで巻き込んでいく。

 

というのが3巻の主なストーリー展開。 思いっきりネタバレです。

まあ、発売から1ヶ月くらい経っているので、お許しくださいませm(_ _)m。

 

 

さて、3巻ですが、この作品の最大の難点『主人公のトラウマ問題』の描写が少なかったので、

非常に読みやすく、青春ストーリーとして面白い内容でした(^^ゞ。

今回のメインストーリーである『厚子』と『ナオ』との関係の描写も良かったですし、

最大の難物・『隆子』の登場もベストタイミングで、物語を一層盛り上げてくれそうな感じです。

まあ、『ミチル』がヘタレすぎるのが多少目に付きましたが、

『ミチル』の場合、『練』や『兄・シゲル』に対する思いも加わっているのでしょうがないところ。

その分、『ミチル』には『学』を幸せにしてもらわないと!!

でも、この2人の関係に『隆子』が色々と嫌がらせや邪魔をしてくるんだろうな~。

その嫌がらせに対し、『学』がどのように乗り越えていくのかが今後の最大の注目ですな。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

面白かったです。

登場人物が多いにもかかわらず、脇役まで丁寧に描いている作品なので、

バレーマンガ好きの方だけではなく、スポーツマンガ好きにお薦めできる作品ですな。

まあ、トラウマ描写が多いので、好き嫌いが判れるでしょうが・・・。

 

点数的には

89点

です。

 

次巻発売が、2008年春ということで、あと半年は出ないそうです。

単行本が連載に追いついているらしく、しょうがない事実らしい。

まあ、私は待つのが得意なので、もっと遅くても大丈夫ですが・・・。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

                        人気blogランキングへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。