まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『コイネコ 4巻 (真島悦也)』

 

4091571085 コイネコ 4 (4) (サンデーGXコミックス)
真島 悦也
小学館 2007-09-19

by G-Tools

 

過去記事はこちら → 1巻   2巻   3巻

 

 

【あらすじ】

ごくごく普通の少年シンタは、クラスメイトの少女ナオに、突然告白された。それも、通学路沿いの家の屋根の上からという、何とも驚きのシチュエーション。 やたらと積極的なナオに、ややたじたじ気味のシンタ。にぎやかな家族やクラスメイト、近所のネコたちといった面々とともに、日々起きるドタバタを楽しく描いている。

 

 

表紙の女の子は猫耳のコスプレをしているわけではなく『本物の猫』でして(笑)、

その『本物の猫』が人間の女の子に変身して、主人公に猛烈なアタックをするラブコメディです。

 

そして、今巻、ナオの一途なラブラブアタック攻撃に、遂に、シンタ陥落!!

いや~、多くのマンガでキスシーンは多く見てきましたが、鳥肌が立ったのは久しぶりです(^^ゞ。

また、キスをした後のナオの反応が・・・素晴らしすぎです(^^ゞ

寸止めが続き、このまま彼等が結ばれること無く、別れが描かれるのかと思っていただけに、

この展開は、「うきー! もおおおおおおおー、最高ぉーーーー!!」って感じです(^^ゞ。

次巻以降への前フリも上手く、次巻も必読になりそうです!

 

----------

 

さて、ここからは自分のためのコイネコ設定のまとめ。

読んでいない人には、さっぱりだと思うので、スルーしてください。

 

 

【Q1:何故、猫が人間に変身出来るの?】

『人間を愛してしまったことをきっかけに変身が可能になる』という設定です。

ちなみにナオが変身できた理由は、『シンタに“好き”という気持ちを伝えたかった』とのこと

他の化け猫たちも、ほぼ同様だと思われます。

 

【Q2:化け猫が、普通の猫に戻るためには?】

『その愛してしまった人間を“忘れてしまう”こと』らしい。

つまりは、様々な事情から『別れてしまう』というのが第一条件のよう・・・だが、

一旦、化け猫になってしまった猫には、ある種の呪いが掛かるようで、

『忘れてしまう事ができなくなり一生化け猫として過ごす』こととなるようだ。

その代表例が、ミヤビであるようだ。

 

【Q3:その呪いとは?】

人間を愛してしまい化け猫になってしまった猫が、様々な事情から別れてしまった場合、

神様がその化け猫に『愛の歌』をくれるそうです。

その歌は、『その好きだった人間を一生忘れさせない』という効果を持っているようで、

その呪いのせいで、普通の猫に戻る事ができなくなるらしい。

当然、それに苦しむ化け猫もいるだろうし、ナオのように楽観的に考える化け猫もいる。

 

 

・・・というのが、4巻までの設定。

いや~、思った以上に考えられていて、ちょっとびっくり。

今回登場した『髪の短いナオ』をどのように本編に関わってくるのかはまだ判りませんが、

この作者なら、意地になって本編に登場させて来るでしょう(笑)。

 

ちなみに、今巻登場した『髪の短いバージョンのナオ』は、一巻のあとがきに登場しております。

1巻を持っている人は、ぜひとも確認してくださいませ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

相変わらずの面白さ。

ラブコメスキーの方は、ぜひともチェックを忘れずに!

 

点数的には、

92点

です。

 

この作品はラブとコメのバランスが良く、真島作品の中で一番面白いと思います。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。