まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『風雲児たち 幕末編 11巻 (みなもと太郎)』

 

4845831775 風雲児たち 幕末編 11 (11) (SPコミックス)
みなもと 太郎
リイド社 2007-07-30

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 8巻  9巻  10巻

 

 

【あらすじ】

安政の大地震で大きな被害を出した江戸。その江戸をあとに若き勝海舟たちは長崎海軍伝習所に向かう。ますます佳境に入る待望の歴史大河ギャグ。

 

 

幕末・・・に入る少し前の時代を描いている歴史マンガ。

この作品は、ナント1979年から連載がスタートしているらしい。

何度か不遇な扱いを受けつつも、連載誌を変えて20年以上も生き残り続けている。

そのことから、この作品は非常にマイナーな作品であるが、根強い人気を誇っているはず。

人気の秘密は、お堅いイメージのある歴史というジャンルをギャグで描いていること、

歴史に沿いながらも独自解釈を加えていること、魅力ある歴史上の人物を登場させていること。

有名無名問わず、満遍なくイベントも人物も描かれ、非常にバランス良い作品であると思う。

 

潮出版社時代には、本屋でこの作者の作品を見かけることは無かったが、

2001年にリイド社に移籍してからは、各種メディアにも取り上げられる機会も増え、

大型タイプの本屋であれば普通に見かけることが出来るようになり、

マンガコーナーだけではなく、受験コーナーにも置いてあるという快挙を達成している(笑)。

 

現在は、『幕末編』と名称を変えて連載を続けている。

坂本竜馬・勝海舟・吉田松陰・村田蔵六・桂小五郎・島津斉彬・西郷隆盛など、

幕末に影響をもたらした人物や、幕末で活躍する人物を掘り下げながら、

非常にスローペースながらも、時代を徐々に徐々に進めている。

 

ただ、間違っても、『幕末編』からこのマンガを買う行為は止めた方が良い。

オリジナルのワイド版が20冊ほど発売されているので、

そちらを読んでから『幕末編』を読まないと、面白さは半減以下であると思う。

 

----------

 

さて、今巻の目玉は、やはりアロー戦争・太平天国の乱であろう。

アロー戦争(1857年)とは、第2次アヘン戦争と呼ばれる戦争で、

清がイギリス・フランスの連合軍と戦うこととなり、結果的に中国を半植民地化した事件である。

このマンガでは、欧米列強の国々の腹黒い部分が詳しく描かれている。

正直な話、名前くらいしか聞いた事が無かった事件だけに、その真相は衝撃的だったのだが、

その情報が非常に早く日本に伝わっていたことの方が興味深い。

 

『全ての出来事が幕末に繫がっている』

 

という言葉をどこかで読んだ記憶があるのだが、

この事件もまた、すぐに人々が知ることとなり、幕末への布石の一つになることだろう。

また、こういう情報をいち早く手に入れていたはずの幕府が言った言葉は、

「清国は・・・・深刻ですなあ・・・」というダジャレというのもこのマンガらしい(笑)。

しかし、何故、幕府はこれだけの事件を真剣に考えなかったのか、不思議でならない。

まあ、こういう危機管理の無さが、幕府滅亡に繫がっていくわけだが・・・。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

何度も書くが、この作品は歴史で起こったイベントを順に書いている。

そのため、話が中途半端な形で、あっちに行ったり、こっちに行ったりしてしまい、

物語としての統一感と面白さが散漫してしまっている。

だが、今巻に関しては、一つ一つの話がちゃんと描かれているので、

幕末編に入ってから、久しぶりに面白い内容となっている。

 

点数的には

80点

です。

 

次巻は西郷隆盛や薩摩のことが詳しく書かれるようで、楽しみです。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

                        人気blogランキングへ
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。