まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『へうげもの 5巻 (山田芳裕)』

 

4063726258 へうげもの 5服 (5) (モーニングKC)
山田 芳裕
講談社 2007-08-23

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻   2巻3巻   4巻

 

 

【あらすじ】

これは「出世」と「物」、二つの【欲】の間で日々葛藤と悶絶を繰り返す、戦国武将【古田織部】の物語である。 時は1586年ついに秀吉と家康が和睦憂いが晴れた秀吉は九州出兵を敢行奇策により戦功を挙げた織部、聚楽第屋敷建築に全力投球世紀の大イベント・北野大茶湯を控え、数奇の玉座を虎視眈々と狙う。

 
 

功名よりも茶器に興味を示す人物・古田織部を主人公とした戦国時代を舞台とするマンガ。

この古田織部は実在した人物で、利休の弟子で、利休七哲のひとりである。

また、織部焼・織部流の創始者としても有名。

 

戦国時代のマンガといえば、戦争で生き残り、立身出世が主流であるが、

このマンガは『文化』・・・特に茶の湯の世界が中心に描かれている。

そのおかげで、このマンガは非常に新しい視点から戦国時代を描かれている。

茶の湯が多くの大名に流行ったことは有名であるが、

マンガで本格的に安土・桃山文化の世界を描いた作品は読んだことがない。

そういった意味で、多くの読者にとって、『新しい作品』であると思う。

 

『戦国時代のもう一つの顔』である安土・桃山文化を描いているということで、

どうしても地味な印象を受けるかもしれないが、文化的なことだけでなく、

ちゃんと戦国マンガらしい部分(独自解釈が多いけど)も描かれているので

そういった意味でも、戦国ファンが安心して買える作品だと思う。

 

----------

 

さて、本編は、織部が秀吉の妻・寧々を利用して家康との関係を築きつつ、

秀吉による九州征伐、秀吉による天下の三肩衡の収集、秀吉によるバテレン追放令、

そして、秀吉主宰による大茶湯が開催される、というところまで話が進んでいる。

 

まず、家康との関係は、後の関ヶ原・大阪の陣などで家康側に付くという伏線である。

家康と織部の趣味は真逆なもので、一体どういう経由で家康側に付くのか疑問だったが、

寧々を利用するという描き方はかなり上手い展開だったと思う。

 

九州征伐に関しては、非常にあっさりと終わってしまい、ガッカリ。

『センゴク(宮下英樹)』というマンガを読んでいる人にとっては、肩透かしを食らったかも。

まあ、仙石は文化とはかけ離れたところにいるわけですが(笑)。

 

そして、色々とイベントがありましたが、やはり注目は秀吉主宰の大茶湯大会。

織部も数奇者としての威厳が出てきて、今や千利休を超えるほどの評判の高さになっており、

まさにノリに乗っているところに、この大茶湯大会が開かれる。

織部の一世一代の見せ場だと思われ、千利休にコテンパンに負けるのか、

それとも織部が師匠を超えてしまうのか、気になるところだ。

個人的には、高く伸びきってしまった織部の鼻を、千利休にへし折ってほしいのだが(笑)。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

どこまで史実に沿って作られたモノなのか、さっぱり判りませんが、

普通にマンガとして面白い作品だと思います。

 

点数的には、

89点

です。

 

とはいえ、この作品の歴史的な部分の多くが独自解釈で作られているので、

やはり戦国時代が好きな人向けな作品であることは間違いないです。

絵も好き嫌いが判れそうな作品なので、よく調べてから買った方が良いかもです。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

                        人気blogランキングへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。